vftop01.png

TOP > What is REBUILD810

DSC_2038.jpg

What is REBUILD 810 !?

サウンドには拘りたい。でも移動手段も限られているし、現実的にはアンプ全体に拘ることはできそうもない。。


ベースアンプって、ヘッドアンプとスピーカーキャビネットのどちらも大事ですよね。
まだベースアンプを持っていないとしても、理想の組み合わせを想像したり、実際に弾いてみたりして、いずれお気に入りのマイアンプを手にしようと思っている方も多いのではないでしょうか?
でも現実は車をいつも使えるわけではないので、やっぱり電車移動できる範囲で荷物を考える必要があったり。。

(やっぱり軽量のヘッドアンプかな…?)


ちょっと待ってください。
あなたのその悩み、ヘッドアンプの持ち込みでは解決しないかもしれません。

アンプを持ち込まない時、私達はリハスタやライブハウスにあるアンプを使用します。
多くのリハスタでは各社の大出力ヘッドアンプ+10インチスピーカーが8発入った大型のキャビネット といった組み合わせのベースアンプが一般的です。関東では独自調査によると実に7割以上のリハスタがそのような組み合わせの部屋でした。

各社がだしている軽量パワーアンプ内蔵のヘッドアンプ、多くが基本的には自社のキャビネットに合わせて開発されています。また色々なキャビネットで幅広い用途に対応できるよう、ヘッドアンプはEQ含めできるだけオールマイティに対応できるように設計されていますよね?〜専用ヘッドアンプ、のような特殊なものは売っていません。

もしあなたの悩みの種がリハーサルスタジオなどのアンプ部分だけでなく、スピーカーキャビネットの個性にも深く関係がしていた場合、果たしてオールマイティな軽量のヘッドアンプを持ち込んで、あなたのイメージ通りの目的のサウンドメイクはうまくいくでしょうか…?

スピーカーの悩みをスピーカーで解決できないのが現実の問題でした。

あなたはここまでを読んでこのように思われているかもしれません。
「持ち込めるのがヘッドアンプだけだからヘッドアンプを持ち込んでいるわけで、スピーカーキャビネットも持ち込めるのであればそうするって。」
確かにその通りです。
私達作り手としても、本質的な、根本的な、高品位な、ということを無意識に意識しているため自然の原理に逆らうようなことは普通考えようとしません。もともとない音は出すことができない、そういう感じです。だからこそMONOSASHIシリーズでは入って来る情報をできる限り捉え、そのまま表現できることに拘っていますし、MONOSASHIシリーズから最大限の力を発揮するには周辺機器の紹介もしていました。

一方で私達はこうも考えました。
最高品質のアンプを作り出すことができる職人が最大限の遊び心とこれまでの経験を超真剣にクロスさせて、自然の原理に逆らってみたらどうなるのか。

そこでこう考えました。
「MONOSASHIシリーズの品質で越えた耳のプレイヤーですら思わず唸ってしまうような、まるで違和感なく使えるレベルの、定番アンプ・スピーカーの悩みをスピーカーで解決しないで済むようなモノ、作れないかな。。。」


REBUILD810シリーズ。それは、定番の「10インチ8発の大型キャビネットを持つベースアンプ専用」にデザインしたことで、今までの方法論「持ち込みヘッドアンプ」や「EQ」だけでは実現できなかったトータル的なサウンドをクリエイトする、伝統的なベースアンプと最高に相性の良いHA。クラシックなアンプでクラシックではない音を欲することが多いあなたへ。もっと定番アンプと上手に付き合うことができる!


あなたがもし、以下のようなサウンドメイクの悩みを持っていた場合、
このHAはあなたにピッタリの方法論になるでしょう。

・定番アンプでもスラップをもっとワイドレンジに、綺麗なカーブで表現したい

・入力に対して素直な特性のアンプの方が相性良いし、出口ももっと素直に出て欲しい

・バンドで出音が聞き取りずらい。気が付いたら大音量になっていて、メンバーに下げろと言われてしまう。でもイコライジングってイマイチうまくいってるのかわからない。自分の好きな感じにすると聞こえないらしいし、嫌いな感じにするとメンバーから評価されたり・・・_?

・自分の家に持っているベースアンプや練習時のラインのサウンドとあまりにも違うサウンドで違和感がある

・エフェクターの効果をPAからオーディエンスが聞いているような形でアンプからも聞きたい

・MONOSASHIだけをスタジオに持ち込んだ効果を聞いて、もっとスタジオのアンプでも家用のアンプ・キャビで出した時のような音が出せたらなぁと思っている方。



REBUILD810シリーズの使い方


気になる使い方や効果は?



パネルを見てください。ツマミは左から順に、ボリューム、BOTTOM、BODY、TOPの4種類がありますね。

でもこのアンプは後付けのイコライザーを持ったアンプ、というものではありません。

このシリーズのアンプは
「810のアンプのツマミの位置を指定する初期位置に(ほとんどすべてのつまみをセンターへ)した状態で、ベースアンプのパワーアンプ部分に接続されるよう(エフェクトループのリターン端子へ)配線するだけで、難しい操作はいりません。それだけで10インチ8発の大型キャビネットを持つベースアンプから出音が、音楽的なフラットカーブに早変わりします。
DSC_2033.jpg
とはいえスタジオごとにメーカーが異なるかもしれませんよね。

部屋鳴りで響きに差があるかもしれません。
ある部屋ではツイーターが増設されていたり、ある部屋ではウーハーが飛んで交換されて違う音になっているかもしれません。そんな時のために、後付けのEQではなく、アンプ自体のカーブをあなたが必要に応じて手動で調整することができるように、ツマミを外に出しているのです。

BOTTOMは低域側を、BODYは中域あたりを、TOPは高域側、とそれぞれ直感的に操作できるようになっています。

ではそのほかのトグルはなんでしょうか?

左からミュートスイッチ、BOTTOMの周波数AB切り替え、TOPの周波数AB切り替え、そしてTOPのオンオフです。ちなみに、BODYには周波数切り替えの代わりに二連ツマミで連続可変できるようになっています。

810.jpg
これらから想像できるように、専用HAとはいえ、その中でも対応幅は広くもちます。

また勘の鋭いあなたは、ここでこんな疑問があるかもしれません。

「大型キャビネットはツイーターを持たないものが多いから、高域側は改善を望めないのでは?」

確かに基本的にはその通りです。
しかし私たちは今回のコンセプト通り、可能な限りスピーカーの問題を改善できるように試みています。

TOPだけオン・オフできるようになっている秘密はここにあります。
オフでも、大型キャビ特有のカーブを綺麗にするのですが、ツイーターを持たないキャビの場合はここでオンにしてください。

まるで擬似的なツイーターのように、できる限りの綺麗な高域のブースト機能となっています。
もしツイーターを増設したり、併用したり、あるいは元々備わっているキャビの場合はオフにすることや、最小設定でオンにしてブレンドするなど、それは必要性を見極めて柔軟にコントロールしていただくことが可能です。


その効果、いかほど。。




REBUILDシリーズ詳細






810x-11.jpg

R-810X
全てのベーシストに感動のリビルド810体験を。
シリーズ最軽量・最小サイズ・最新設計



・Q&A(頂いた質問を公開しています)
Q&Aへ

・レビュー(頂いたレビューを掲載しました!)
レビューページへ


サウンドサンプルを公開しました!
Jazz BassでのR-810サウンドテスト new!!
Precision BassでのR-810サウンドテストnew!!
歪みエフェクトでのR-810サウンドテスト