Switch of VINTAGE FACE

SWITCH n top.jpg

SWITCH n4.jpg




Switchとは

お持ちの楽器のまだ見たことのない側面を引き出し、Switchの有り無しで一本の楽器の全く違う魅力を使い分けられるようになってしまう。そんなコンセプトで作られた超小型アンプ。




SWITCH n3.jpg



Switchの特徴 3つの「なし」

1、電池なし
 超小型アンプには電池駆動が定番。SwitchはマイクケーブルでMONOSASHIなどのSwitch対応化したヘッドアンプに接続することで動作する仕組み。そのため本体には電池がいりません。
電池切れの心配なく、常にさしっぱなしでも問題ないのです。


2、劣化なし
「MONOSASHIへ楽器からパッチケーブルで接続したらどうなるか」という半ば冗談半分の構想からスタートしたSwitch。ダイレクトに楽器のジャックにプラグインする構造のため、最短距離でアンプに接続され劣化リスクが最小になります。

3、制限ほぼなし
電池を使用せず、言うなればプロ用ラック機材向けの良質な電源により動作しているため、極めてヘッドルームが高くリミットがほぼ感じられません。これは電池の電圧を底上げした状態とは異なります。
これによりコントラバスのピエゾピックアップやベースの信号等、よりピュアな変換が可能となります。




ネーミングの由来

例えばこの手の機材として電池駆動のバッファーアンプボックスは有名ですが、やはり通すことでより信号が強化されるイメージ=常に通した方が良いというイメージがあるかと思います。
もちろんバッファーアンプの性質や役割を考えれば必要な状況化で通すことにより、よりサウンドが安定し劣化を防ぐ役割があり、音も元気良くなる傾向があるためその意味で正しい全うな意見とも言えます。

しかし人間の聴覚というものは面白いもので、いくら電気的に理想な状態になっていても、時に人は電気的に不安定な状態の音の「何か」を好むこともあるのです。例えば楽器に小型のバッファーアンプが内蔵している時、それだけで内蔵していないパッシブ楽器より「ナチュラルな歪み感」が減り上品さがでているように感じるでしょう。それは優秀な回路により今まで聞こえなかった音が出てきてバランスが変わって聞こえるのはもちろん、最短距離で変換されていることにより、次に接続されるヘッドまでの些細な影響による耳馴染みのある「パッシブ」らしさに繋がる劣化の一種の要因を排除していることにあります。
レスポンスが向上したり、レンジが拡大したり、その恩恵もたくさんあります。

そこでこれらの現象にひとつ条件を加えます。
もしも接続先が優秀なヘッドであるMONOSASHIの場合、です。
MONOSASHIで受けることでパッシブ楽器でもアクティブ楽器でも、その楽器の個性や鳴りをよく表現することが可能となりました。

その状況化でおいてならば、楽器の最短距離で接続するSwitchの有無での効果の違いを…言うなれば、Switch有りに対して、無しのある意味不安定な状況を安心してサウンドの選択肢として「アリ」と言えるようになるのではないでしょうか。

 接続先を優秀なアンプに固定することで有無による違いをバリエーションとして捉え、一本の楽器のサウンドをスイッチする。

それがSwichの由来です。



奥が深いインピーダンスの考え方
ハイインピーダンス、ローインピーダンスと分別することは一般的ですが、実際のところそれらにも色々な事情があります。
その意味でSwitchはサウンドの好みは別としてアクティブ楽器でも効果を感じることができます。是非Switchを利用して、一本の楽器から出せるサウンドのバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか。




対応機種

・M-EQ(新旧)
・M-EQ Rack
・BASHO
・WABI-SABI
・WABI-SABI Limited Edition
・R-810CTM

・その他オーダー時のオプションによるMONOSASHI、MONOSASHI Doppioにも対応


M-EQ n3.jpg

SWITCH n5.jpg

SWITCH n1.jpg


Switch

Switch
"1ch micro amplifier"

お持ちの楽器のまだ見たことのない側面を引き出し、Switchの有り無しで一本の楽器の全く違う魅力を使い分けられるようになってしまう。そんなコンセプトで作られた超小型アンプ。

※単体では動作しません。親機としてSwitch駆動対応のVintage Face機材が必要です。
※マイクケーブルは付属しません。
商品番号:006

商品名:Switch

通常価格:32,400円 (税込)

購入数量