vftop01.png

TOP > SUN pickup

photo0000-3649.jpg





コントラバスからのアンプサウンドに新しい可能性を燦燦と照らすもの。
日本発祥の新しいコントラバス用ピックアップ 


SUN” 

~ All Handmade Contact Pickup for Double Bass ~


DSC_2491.jpg




まるでマイクで拾うような胴鳴りを伴うリアルな演奏感を
マイクなしで手にしよう。






















あなたはコントラバスのピックアップでこんな不満を抱えていませんでしたか?



・サスティンが長すぎてエレキベースのようなソリッドな感じがする

・音質がエレキっぽい

・生っぽいと言われるピックアップは、レンジが狭いし、音が遠い気がする

・マイクなしで胴鳴りを伴う音が得られない

・ボディにつけるピックアップの”音は、イメージする胴鳴りと違うし、そもそもハウリングしやすくて使える場所が限られる

・ピックアップからの音は弦の音でも胴の音でもないような、半端な音が多かった気がする
・自分の楽器の音が反映されない




当てはまるものはありましたか?

ところで、これらはピックアップ側の問題です。
あなたの扱い方のせいではありません。


これらの原因は…




にありました。



私達がイメージする胴鳴りとは、胴に耳をつけて聞くような音ではなく、
弦鳴りを響かせた音ですよね。

DSC_2486.jpg


また、今までの駒につける主流のピックアップは
音に安定感がある代わりに奏者の印象としては



「綺麗な弦の鳴りでもなく、豊かな胴鳴りでもなく、半端な音」 



といった印象のものが多かったと思います。


でもそれらの音は実際、とても使えます。


ハウリングに強かったり、
生音のコンディションが悪くてもエレクトリック上では
コンディンションに関係なく安定した音を作り出せるからです。




しかし一方で

音質や音の形が私達のイメージするコントラバスの音とは
大きくギャップがありますよね。。


そこで
新しいピックアップ SUN では

”弦鳴り" をいかに自然に鳴らせるか に着目。



弦鳴りといっても、マグネットピックアップのように弦の動きだけを捉えていては
アコースティックの楽器の音にはなりませんから、


弦鳴りが自然に聞こえる=発音するときに自然な胴鳴りが伴う音




となるように仕組みと構造を考えました。



DSC_2482.jpg

そうした結果、


従来の駒につけるピックアップと違い


・適切に取り付けできれば、

EQしないでも音質に癖が出にくい



・音の形が自然




という扱いやすさを実現。



また、

ボディに直接取り付けるピックアップと違い


・不自然なリバーブ感がない

・他の楽器の要因を除き、

スピーカーとの距離感や角度を工夫しても

ボリュームをあげるだけで簡単にハウリングしてしまうようなことがない


・不自然にレンジが狭くならない




というように
ありがちな問題を回避することができます。



そして当然エアマイクと違い、
楽器に直接取り付けるコンタクトピックアップなので

・ハウリング怖くてボリュームが上げられない

・他の楽器の被りにシビアすぎる


ということがない、

ありそうでなかった、
とても使いやすいピックアップが完成したのです!






どんな音?


そこで
簡単にオーディオインターフェースにプリアンプから直接
ライン録音してみました。
サウンドは未処理で、録音時もEQやエフェクトを一切かけていません。

まずは聞いてみてください。

楽器は通常サイズのコントラバスにスピロコアを張っています。










この音源は
YOU TUBEでよく見られるレコーダーを利用したピックアップのサンプル動画と異なり、
プリアンプからの”ライン録音”です。
つまりピックアップ音に対して”その楽器の生音の被り”が一切含まれません

生音の被りが少しでも一緒に入ると、
ピックアップの音に加えて、生の楽器の胴鳴りや弦の響きがミックスされて録音されてしまうことになります。

そうすると、
胴鳴りの再生が苦手なピックアップ、レンジの狭いピックアップまで
豊かな音に勘違いしがち
です。

もしライブハウスのような客席までに距離があり、
DIを介してPAを使用するようなシチュエーションでライブされる場合、
生音の被りが含まれない純粋なピックアップからの音だけを客席に届けることになりますから、

生音の被りがないピックアップの本来の音のクオリティを
高めていかないといけないのです。

このようなライン録音では
ピエゾやマグネットといったピックアップ特有の癖を強く感じたり、
レンジ感に特徴があったり、胴鳴りが聞こえなかったり、
サウンドサンプルとしてはごまかしがきかず、
「いい感じに聞こえにくい」方法です。



いかがだったでしょうか?

アコースティック楽器である以上ハウリングを完全に排除することはできませんが、
エアマイクやマイクタイプのピックアップではありませんので、
音量をしっかり稼ぎやすいタイプのピックアップです。

PAを使わないような小さなバーのようなところで演奏される場合でも、
このような自然な音がアンプから大きな音量で安心して出せることで
あなたや周りのメンバーも今までよりも違和感なく演奏を楽しむことができるでしょう。







SUNの全体像です

DSC_2491.jpg

二つのセンサーを用いてバランスの良いサウンドを集音します。

DSC_2505.jpg

リピートできるロック帯がついています。
テールピースの弦を通す穴を利用し固定します。

DSC_2508.jpg

このように駒の裏側に両面テープを用いて貼り付けします。
楽器本体には無加工で取り付け・取り外しが可能です。
取り付け位置でガラッと音が変わります。

IMG_4255 (1).jpg


自然な音を得るためには駒上で少しシビアな取り付け位置決めに
試行錯誤する必要があります。

IMG_4164 (1).jpg



でも、今までピックアップにがっかりすることも多かったと思います。

正直なところ、
キャッチコピーほど良い音がしないピックアップの方が、
多いからです。

そこで SUNのメリットだけでなく、
デメリットも隠さずあげておこうと思います。

SUN 安心のメリット



1、安価なピックアップにありがちな
「改造しないとハムノイズが…」
という問題がありません



安価なピエゾピックアップには音量を大きくするとハムノイズが盛大に乗っかるものがあります。量産する上で少しチープなジャックが付いている、センサーなどのシールドが甘く弦アースが必要、など。

SUNはもともとプロユースのピックアップシステム 
THE CORE のために開発されたため、
最初から「普通」のレベルを高めています。

2、マイクタイプやボディに貼り付けるピックアップと違い胴鳴り感などニュアンスを出しやすいのに音量を出しやすい


アンサンブルの影響は一旦置いておき、
楽器単体で音質・音量チェックをした場合に
比較的良い音を得られやすいピックアップは大概がまぁまぁな音質のピックアップより”音量を出せないままハウリングしそうな状態になる”ことが普通でしたよね。

SUNは開発時に奏者のすぐ後ろによくあるアコースティック用の小型コンボアンプなどではなく、大口径の15インチウーハーの積んだフルレンジのスピーカーキャビネットから爆音を出した状態で
「どこまでハウリングしないで使えるか」しつこくチェックしながら開発してきました。

当然SUNもハウリングのリスクはありますが、今までのまぁまぁな音質のピックアップと同じくらいか場合によってはそれ以上に、
音量を上げることが可能です。

つまり音質が良いのに神経質にならず普通に使える範囲、ということです。これは画期的なことでしょう。

※他の楽器が爆音のバンド内での使用でハウリング耐性を保証するものではありません。

3、自分の楽器の特徴を反映しやすい


マウント位置やピックアップの構造から、
どんな弦を張っているかは特にわかりやすく音に現れます。
楽器の鳴りが良いと、それは素直に音に反映されます。

また、センサーを貼り付るタイプのピックアップなので、
位置を変えれば集音される音も変わります。

あなたのコントラバスの音をアンプから再現する上で、
より納得のいくバランス感を貼り付ける位置で調整することができます。

4、コントラバスのタッチで弾くことができる


ピックアップによっては
生音を大きく鳴らすようなタッチで演奏すると音が荒くなってしまい、
ピックアップに合わせたライトタッチが必要とするものも中にはあります。
ちょっとソリッドな音が出せるピックアップがそれで、
振幅の小さい優しいタッチで弾いても
粒が揃った音を出せるのがそういうピックアップの特徴です。

一方SUNは、振動を拾うコンタクトピックアップのため、
楽器があまり鳴らないタッチで弾いた場合は音になりきりません(粒が揃わない)

しっかり鳴らせるタッチで弾いた場合とで、音が異なるのです。

つまり言い換えるのであれば、
普通にコントラバスを鳴らす感覚で演奏することができると言えます。

SUN 考えられるデメリット


1、取り付け位置を決めるのに試行錯誤が必要なこと



両面テープで簡単に取り付け可能ですが、
良い音がスピーディーに得られるわけではありません。

あなたの楽器ならではの良い音・良いバランスで拾うためには
必ず取り付け位置の試行錯誤が必要です。
録音しながら何度も貼り付け位置を変えたりする、試行錯誤する根気が必要です。

パッと取り付けて必ず良い音が得られるわけではありません。
取り付けた位置によってはキンキンした音を感じることがあるでしょうし、
ボヤボヤの音になってしまうこともあります。
テープの貼り方が悪ければハウリングしやすいピックアップに化けることも。

駒に取り付ける以上、弦に触れるタッチノイズがたくさん入るポイントもあるでしょう。
2つのセンサーが互いに干渉し合うため、
そのクセを見極めるのに少し時間がかかるかもしれません。

2、1台で音量増幅がしっかりできる
プリアンプが必ず必要なこと



コントラバス用のピックアップはベースアンプに直接入力ができるような製品も比較的簡単に見つかります。

しかしSUNはこれとは正反対。
音量をしっかり稼ぐことができるプリアンプが不可欠です。
プリアンプ、と言っても、ほとんどが音作りのためのEQという製品も多く存在します。
SUNはEQよりもしっかり音量を稼ぐ機能が必要です。

※Vintage FaceのMONOSASHIなどでも増幅率が足りません。


SN比(信号レベルに対して後ろにいるノイズの割合)を良く使用するためには、
複数の機材(DIとマイクプリで・あるいは二つのプリアンプを直列に使用して)で
必要な音量レベルに上げるのではなく、
「一台のプリアンプで」必要な音量まで持ち上げる必要があります。
そのためにはアコースティックギター用なども含め、
微小信号のパッシブピックアップの音量増幅をしっかりとできるプリアンプを
常に合わせて使用して頂く必要があります。

もちろんプリアンプの性能でも音質は変わります。

音質面でのオススメは

・SUN専用ペダルプリアンプ MILESTONE を合わせてご使用頂くこと。
・THECOREのシステムと一緒にご使用頂くこと。

です!

3、楽器の状態を反映しやすく、
特有の振動対策が必要なこと




これはこのピックアップが自然な証拠であり、
メリットでもありますが背中合わせのデメリットでもあります。

アコースティック楽器なので鳴りの悪い日もあるでしょう。
このピックアップは鳴りが悪い日はそれにも素直です。
箱が鳴りにくい楽器では、
その他よりも箱鳴りが乏しい音がでてもおかしくありません。

また弦に異常が生じたときや楽器に異常が生じた時、
生音で少し不自然な音が鳴ることがありますよね。
そういった音もしっかり反映し音に出てしまいます。
これが今までより生っぽい質感を出せることの最大のデメリットと言えます。


またコンタクトピックアップはセンサー部だけでなく、センサーからジャックまで伸びるケーブル部、
ジャックが触れたテールピースからの振動、
ジャックに繋いだケーブルの振動…
と、大きく増幅することで経路全体の振動が音に影響することになります。

そのため、特有の振動対策が必須です。
その方法や振動対策アイテムが標準で付属します。
予め理解しておいてください。



SUN

~ All Handmade Contact Pickup for Double Bass ~

DSC_2491.jpg

受注生産品
¥29,800- (税込¥32,184-)

<納期>
受注時期のオーダー状況により変動。
2週間~





Q&A

Q、他社製のピックアップとどれくらい音の感じが違うのでしょうか??

A、他社製のピックアップといっても色々な種類があり、それぞれが個性的ですのでひとまとめにはできないのですが、その中でも質の高いと好評のピエゾピックアップを同様の方法(未処理/NO EQ NO EffectのLINE録音)で録音した音源を聞けるようにしました。また、同じようにマグネットピックアップも録音致しました。どれも通常サイズのコントラバスにスピロコアを張っています。それぞれの持ち味を確認してみてください。


<ピエゾピックアップ>



<マグネットピックアップ>



<Vintage Face SUN>



Q、SUNと合わせて使えるプリアンプはどんなものが良いでしょうか?


A、
前提に、コントラバス用のピックアップにはパッシブ状態でも楽器レベルの出力を持ち、専用プリアンプで増幅せずにベースアンプに入力して使うことができる出力レベルのピックアップも比較的多く見つけることができます。

が、同じようなパッシブピックアップでも、専用のプリアンプで楽器レベルまで持ち上げてあげないとそのままでは音量が小さくて使用できないピックアップも存在します。アコースティックギター用や多用途のコンタクトピックアップなどがそういう傾向が強く、SUNも微小信号を大きくしてあげるプリアンプが必要なタイプになります。

そういった状態で複数の機器でブーストして大きくしていくと、結果的に信号レベルは足りてもSN比(信号レベルに対してのノイズのレベルの比)が悪くなってしまいます。

そうならないためには、ピックアップの次に入る一台のプリアンプで必要な音量までブーストさせてあげる必要があります。

LR Baggs社やFishman社などといった、ピックアップメーカーがだしているアコースティック専用のプリアンプであれば、微小信号の増幅ができる仕様のものを見つけることができます。こういったプリアンプをすでにお持ちであれば新たにSUNを導入しても、問題なくご使用頂くことができます。


ただ、仕様を満たすかどうかだけでなく、
そこでかなり大きくレベルを稼いでいるために
当然プリアンプでも音質に影響があります。


そこで音質面でのオススメは

・SUN専用ペダルプリアンプ MILESTONE を一緒にご使用頂くこと
・THECOREシステムでご使用頂くこと

です。

特にMILESTONEはコスト面からも導入しやすくオススメです。
MILESTONEの詳細を見る



レビュー

松下 一弘 様
KazMatsushita_0327_b.jpg

福岡で音楽活動をしているベーシスト松下一弘です。

ウッドベースのサウンドについては、
多くのプレイヤーが悩み続けている分野かと思います。

私自身も、ウッドベースの持つアコースティック感を再生できないかと、
様々なピックアップとマイク、機材やブレンドを試してきました。

(2014年3月にブログ記事を書いていました。参考までに。)
http://www.geocities.jp/lovebass_kaz/diary2014.html#d20140307

この度VintageFace(以下VF)からTHE COREが発表され、
プロト機をお借りして早速サウンドチェックをさせて頂きました。
以下SUNピックアップについての印象です。


取付けに関しては両面テーブを正しく使い、
駒にSUNをしっかりと圧着させる必要があります。

THE COREへ入力し、山彦(ダブルセンサー仕様)とのサウンドの差や、ブレンド具合。様々なことをテストしました。

驚いたのがSUNで集音できるサウンド。
これまでのピエゾピックアップでは採れないアコースティック感を多く含んでいることでした。弦を弾く音、弦を叩きパーカッシブな音などです。
(言葉では言い表しにくい部分で失礼します。)

これまで楽器の胴鳴りを拾いたくて胴に近いピエゾピックアップやマイクをブレンドしていましたが、駒の辺りでこのサウンドが採れるのにも驚きでした。

取付位置を微妙に変えるだけでも集音できるサウンドが変わってくるので、
ユーザーの環境に合わせて好みの音を探せるのも素敵です。

また、かなり音量を上げてスピーカーに近い位置で弾いてみました。
集音位置が駒であり、胴から離れているせいか、
ハウリングにめっぽう強いのにも驚きました。
全く起きないわけではありませんが、通常使用以上にボリュームを稼いでもハウリングしにくいものでした。

SUNをメインに使っていくことも十分可能ですし、すでにお持ちのピエゾピックアップとのブレンドもSUNの取付位置の工夫でサウンドは追い込めます。

前述しましたが、ここ最近は山彦PUひとつでやってきていましたが、
SUNで集音できるサウンドクオリティが高く、ハウリングにも強いことから、ウッドベースをスピーカー再生させる世界に新たな光が見えてきたように思います。


川崎 哲平 様

DSC_2170.jpg


SUNは今までの貼りマイクと比べても音量も稼げ、
しっかりと芯のある音が得られました。
このピックアップは自分の満足出来る貼り付け位置を探すところまで
時間を要するかも知れませんが、
セッティングさえ決まれば後は強い味方になってくれるピックアップです。

IMG_4259.jpg
現在華原朋美さんのツアーでSUNを含むTHE CORE・M-DIでシステムを組み、
ご使用されています!








THE COREがなくても、もっと気軽に高音質でSUNを使えるように。
そこでSUN専用のシンプルで高音質なペダルプリアンプ MILESTONEを発表!


DSC_2785.jpg



電池で動作させることができ、小型のケース、ゲイン機能、ハイカット機能、フット型のミュートスイッチといったシンプルで効果的な仕様。

もし現時点でお持ちのプリアンプをSUNに合わせてもう少し良いものにしたいなぁ。
そんな風にお考えでしたら、このプリアンプがオススメです。


MILESTONE詳細を確認する



ご注文はこちらから↓