Private Studio
PSM-02




 今から7年前。音楽を生活の中心に置いていた二人の若者が同じ大学を卒業しました。彼らはとてもよく似ていました。二人とも遅くまで音楽漬けの毎日を過ごしていた割に平均的な学生より成績もよく、将来に向け明確な目標やビジョンを持っていました。

最近この二人は同窓会代わりのセッションで再会します。

彼らは相変わらずとてもよく似ていました。互いに幸せな結婚をしていること。今でも当時手に入れたfender bassをかわらず愛用していること、そして互いに音楽関係の仕事をしていること。

しかし違いもありました。
一人は演奏家の道は諦めメーカーに就職、休日に楽器を弾き続けていました。
もう一人は音楽クリエイターとして、各方面から引っ張りだこ。第一線で充実した活動を続けていました。



何が違いを生じさせたのでしょうか?


 あなたは人生で何がこのような違いを起こさせるのかを考えた事がありますか?その違いは、生まれ持った才能の違いでも、運の違いでもありません。一方がチャンスに恵まれて、一方が恵まれなかったからでもありません。片方が成功を望まなかったわけでもありません。

その違いとはなんでしょうか。


 私はVintage Faceを立ち上げるにあたり、人の心を動かすことができ世の中から必要とされる素晴らしいミュージシャンと、成功する起業家、は同じようなものだと気がつきました。


20年間以上スモールビジネスの経営改善を支援してきた専門家マイケル・E・ガーバーによると、起業家には3つの人格…「起業家の人格…変化を好む理想主義者」「マネージャーの人格…管理が得意な現実主義者」「職人の人格…手に職を持った個人主義者」があると言います。

そのどの人格も主役になりたくてうずうずしており、一人の人間の内側で主導権争いをしてしまい、バランスがとれないでいること。そして多くの起業家は70パーセントが職人の人格が占めていることにより最悪な結果を招き、そして成功する起業家は三つの人格のバランスがとれている、と話します。


(Why Most Small Businesses Dont Work and What to Do About Itより引用)






この例をミュージシャンに当てはめると、

プロアマ問わず人気のミュージシャンが持つ高い「人間力」の正体が紐解かれ、
そして演奏は上手いが注目されていないミュージシャンはゴロゴロと存在するのに、成功するミュージシャンは少ない理由を垣間見ることができます。

またシンプルな演奏にも関わらず聴衆を動かす説得力の高さは、演奏技術だけが作っているのではないと気がつくことができます。





では私達はこれらの情報をどう活用するべきでしょうか。




ただでさえ限られた時間を有効に使い、これまでと異なり、「職人の人格」以外の二つの人格にも光を当てることを始めなければいけません。


また、そうするとプレイヤーにとって必要不可欠な「職人の人格」に当てるべき時間はこれまでよりも減ってしまうため、その大切な時間をこれまで以上にライバル達より濃密で、情報量が多く、収穫の得られる確かな領域に引き上げていく必要がありますよね。


つまり二人の男の違いとは、
大切なことに向き合い、そこから自分に対してどのような環境を作り上げ、その環境をいかに活用してきたかが、僅かで大きな違いを作っているのだと私は考えています。


 ところで、なぜあなたに対してこの話をしたのでしょうか、そしてPrivate Studio PSM-02についてお話しているのでしょうか。なぜなら、このPSM-02はオーナーの環境を、それも自宅という最も長い時間練習や創作活動に使う演奏環境・録音環境の質をガラッと変えてしまうためのものだからです。





ライン上にあなたの「モノサシ」を創る




 ご存知の通り、Vintage Faceは音響ブランドながら「機材に頼らない音作り」「音のモノサシを持つこと」「音作りの代わりに違いの出せる環境作りを」といった、完全にプレイヤー目線のコンセプトを持ちます。
時代が変わっても色褪せない本質的なことに重きをおくこと、一般的にいうハイエンドカテゴリーとは距離を置き必要以上の拘りを分離して考えられるようになること、クリエイターのための高い品質においての「過不足なく、ハイファイオーディオ沼でもなく、能力を発揮するために最高に丁度良い」をカタチにしていくことで、世界の上達志向のベーシスト達から熱く支持されています。

これまではアンプからのサウンドを改革してきましたが、PSM-02においてもアンプではないだけで着手することは同じ。

ヘッドホン・ライン上の「あなたのモノサシを創る」ことが目的です。たった一つだけ違うのは、これまでのアンプでいう「DI・プリアンプ・パワーアンプ・スピーカー」といった別々に用意しないといけなかったものが、ひとつの「PSM-02」で提供できるということです!




ほかとは違う
プラクティス・レコーディングシステム



まず、ベースからPSM-02へ直結します。
次にお持ちのオーディオインターフェースのラインアウトからPSM-02に接続します。
また、PSM-02のDIアウトからオーディオインターフェースに接続します。
最後に付属のPHONONのヘッドホンをPSM-02に繋げ、電源を入れます。
これを常にデスク周りに結線済みでセットアップしておくだけです。

これであなたの弾くベース音は、商業用レコーディングスタジオに比べてもリアルタイムの演奏におけるベースのヘッドホンモニターということに関してはむしろPSM-02の方が仕組みの違いと最適設計のコンビネーションにより条件が良く優れており、そんなシステムを誰にも邪魔されず、時間の許す限り好きなだけベースの練習や制作に向き合うことができます。それはまるでプライベートスタジオのように。。

PSM-02は単に優秀なヘッドホンアンプではないため、内臓されたオールディスクリートDIにより、素晴らしい音質でラインアウトすることが可能です。

録音されるデータそのものの音質はDIだけでなく、インターフェースの質やADコンバーターの質も当然関係してきますが、
そういった機器にもある程度のクオリティ確保を許すのであれば自宅でのトラックメーカーの仕事用の最高の環境構築にPSM-02はベストパフォーマンスをするでしょう。




優れた環境を持つということ



あなたは「職人の人格」にあたるプレーヤーとしての貴重な時間を、これまでよりも短時間で効率良く活用することが必要不可欠です。そこでPSM-02が最高にあなたをアシストします。


PSM-02を導入することでまずは聞こえてくる音楽が変わります。
今までと違う側面や細かいところに耳がいくようになり、知っていたはずの楽曲への認識が改まります。そして次に、ヘッドホンで聴くあなたの弾くベースの音に衝撃を覚えるでしょう。
「思ってたより自分のピッキングが荒い…」「右手と左手のコンビネーションが甘い」「ベースのセッティングが認識と違うかもしれない…」など。
Vintage Faceの機材を利用したアンプからのサウンドよりさらに細かい部分までシビアに再現されることになるからです。

このように、聴く音や感じる音が一瞬一瞬でこれまでと全く異なる濃密なものになります。それはライバル達が同じ時間同じように練習に打ち込んでいたとしても、聞こえてくる情報の多さから気づきの量は増え細分化され、演奏に対しての細かな部分への配慮の習慣の積み重ねは結果に大きな差を作り出す可能性を秘めています。



PSM-02詳細


<完成イメージ>


psm02-01.jpg



<パッケージ内容>

・PSM-02 本体
(オールディスクリート設計・フルハンドメイド製法による、DI・ヘッドホンアンプ・ラインアンプ・ミキサーの一体機)

・PHONON SMB-02
(マスタリングエンジニアの経験を凝縮させたスタジオリファレンスヘッドホン)

・専用ACアダプター
・マニュアル


smb-02.jpg

<仕様> new!! 3/29更新

フロントパネル


psm02-01.jpg
・ベース用インプット
アンバランスフォン端子。パッシブ・アクティブ両対応高解像アンプ


・スルーアウトプット
アンバランスフォン端子。バッファー通過後出力。内臓DI以外のDIを使用してレコーディングするための端子で、据え置き機器のPSM-02の場合、フロントパネルにこの端子を用意することで別のDIへもパッチケーブルなどの最短配線が可能で便利。


・ボリューム(ベース)
ヘッドホンで聴くベースのボリュームを調整するツマミ。



・ボリューム(ステレオライン)
ライン入力した音源のボリュームを調整するツマミ。


・ヘッドホンアウト
アンバランス仕様のヘッドホンに対応。
基本は付属のPHONON SMB-02を接続する。

同じヘッドホンであれば二個まで同時に接続することも可能。


・パワーSW
電源のオンオフは手前で行えるため、
狭いデスクのラックに設置した場合でも不便しない。





リアパネル


psm-02-02.jpg


・DI アウトプット
XLRバランス端子。
専用のディスクリートDIからの出力を扱う。
主にレコーディング機器(オーディオインターフェースのラインイン)に接続する。
2番ホット。


・グランドリフト
DIアウトのグランドを切り離すためのSW。
同じひとつのインターフェースで信号のやりとりを行う配線をするため、
機器によってはグランドループが起こる可能性があるため、
グランドリフトSWによりグランドを切り離す機能があると便利。



・DI PAD
DIのGAINをラインレベルから必要に応じて落とすことができる。

接続するオーディオインターフェースのXLRインプットがラインレベルを扱えず歪んでしまう場合に、XLRケーブルをTRSフォンプラグに変換することでTRSフォン端子の方へライン入力し、ゲインの切り替えの必要性は不要になることが多い。




・ステレオラインインプット
TRSバランスフォン端子。
オーディオインターフェースのラインアウトから接続するのに使用。


・MONITOR OUTPUT(LINE INのPARALLELOUT )
LINE INに入力する音源ソースをそのままスルーアウトする。
ここからパワードスピーカーへ接続すれば、録音後の音を確認する際にPSM-02からのヘッドホンとパワードモニターの両方同時に音楽を再生することができる。
TRSバランスフォン端子。


・AC IN
付属のACアダプターを接続するためのインプット。
専用品以外は絶対に使用しないこと。


・サイズ
W330 D230 H70+足

PMS-02結線.png


PSM-02で出来ること


1、最上質なヘッドホンアンプとして活用する



PCの電源を入れず、オーディオインターフェースの電源も入れず、
PSM-02とPHONONのヘッドホンのみでベースを入力し、
スタジオの個人練習の代わりにラインくささのないライン環境でしっかり個人練習をすることができます。
ベース単独でなく、何かしらのプレーヤーからライン入力することで、音源に合わせて練習することも可能です。
同じヘッドホンを二つ持っている場合は、自宅でバンドメンバーの一人に思いついた楽曲アイディアに繋がるフレーズを、近所迷惑の心配なくヘッドホンをして良い音のままライン音を共有するような、ちょっとしたこともできます。


・また、ベースを使用せず、何かしらのプレーヤーからライン入力することで上質なヘッドホンアンプとして音楽を楽しむことができます。





2、質の高いトレーニングから最大の成果を出すための、
練習用レコーディングシステムとして使用する



・PCの電源を入れ、オーディオインターフェースのラインアウトからPSM-02のラインインへ結線。PSM-02のDIアウトからオーディオインターフェースのラインインへ結線。
DAWでは録音トラックはミュートし、PSM-02のボリュームを上げ演奏をモニターします。そして録音しながら、その日のメニューを始めます。。。



すると

オーディオインターフェースのダイレクトモニタリング機能に頼ったモニタリング方法では実現できなかった素晴らしく自然で鮮度の高いサウンドで、あなたのベース演奏を繊細に正確にモニタリングすることが可能です。
違いがはっきりでます。


この状態のまま、DI経路でトレーニング内容をレコーディングしておくことのメリットとはなんでしょうか?



あなたは練習しながら、練習内容を弾きながら考えたり分析してはいけません。
弾きながら音を聴くことや感じることはとても大切ですが、
マルチタスクのように弾きながら自分の音やプレーのことを分析してはいけないのです。
なぜなら、考えだした瞬間グルーブが無くなるからです。

分析は必ず後にとっておきましょう。
あなたはレコーディング後の音を聴くときに気持ちを切り替え、全力で分析し、良いところと直すべきところを見つけ客観的に評価をします。
このようにしっかりとした境界線を引くことで、これまでよりも効率的に練習を行うことができるのです。

もし今のあなたはついつい音を考えながら弾く癖があるのであれば、レコーディングしない状態で練習することはしばらく避けるのも良い方法となるでしょう。


また、PSM-02のPARALLEL MONITOR OUTPUTからパワードスピーカーへ接続することができるので、
録音後の音源はヘッドホンだけでなく従来通りのモニタースピーカーからも流すことが可能です。




3、自宅での音楽制作のクオリティを底上げする、レコーディングシステムの根幹として。




あなたが自宅でトラック制作の仕事をしている場合、納品するために日頃どんなことに気を使っているでしょうか?

答えは簡単ですよね。
プレーのフィールが良く自信をもって提供できる状態であること。
要望・期待にきちんと応えている中身になっていること。
基本的な録音品質が高いこと。
これらを約束の納期以内に達成すること。


このような仕事をする環境を整えようとする時に、「プレーヤーのフィール」に起因する部分を楽器を変えること・シールドを変えること・DIを変えること以外では整えることがなかなかできないでいることが想定されます。
なぜでしょうか。それは既存の音響機器は基本的に録音する音を拘る視点と、録音後の試聴時の音質を拘る視点ばかりが重視されており、録音時のプレイヤーのフィールはもっとも大切な要素であるのにも関わらず、仕組みとして軽視されてきたからです。

ヘッドホンで聴くことができるライン音とは一般的に
録り音と、モニター音という2種類に考えられがちですが
実は3種類あります。

1、録音する音(トラックにこれから記録する音)
2、録音された後の音(記録された音)
3、録音時に(リアルタイムで)プレイヤーが聴く音

です。


1、録音する音

一般的に楽器・ケーブル・DI・マイクケーブル・インターフェースのラインアンプ・ADコンバーターが音質に拘ると考えられています。


2、録音された後の音

録音された後の音はDAコンバーター・ミキサー・ラインアンプ・ケーブル・ヘッドホンアンプ・ヘッドホンが音質に拘ると考えられています。


3、録音時にリアルタイムでプレイヤーが聴く音

一般的に楽器・ケーブル・DI・マイクケーブル・インターフェースのラインアンプ
までは録音する音と共通ですが、
その後ADを通過していない音をミキサーへ流し音源とミックスし、その音はヘッドホンアンプを通り演奏用のモニターとしてヘッドホンで聴くことができます。レイテンシーを回避するためにDAW上の録音トラックはミュートしてあります。



一般的にはヘッドホンで聴くことができるライン音とは
録り音とモニター音の二種類として捉えていることが圧倒的のため、
録音時にプレイヤーが聴く音と録音された後の音を聴くことが混同して考えられ、
聴く音全般の改善として捉え、単体ヘッドホンアンプの追加導入やADDAの品質アップ、高級オーディオインターフェースの追加導入、ヘッドホンを変えることがその改良方法とされていました。
しかし、その方法では残念ながらプレーヤーのフィールに影響する領域をはっきりと改善することはできません。


真実は以下の通りです。


1、真 録音する音

「演奏者のタッチ」・楽器・ケーブル・DI・マイクケーブル・インターフェースのラインアンプ・ADコンバーターが音質に関わり、

プレーヤーの演奏フィールに関わるのは「 プレイヤーの演奏時のモニターの品質」です。
つまりラインアンプ・ヘッドホンアンプ・ヘッドホンも関節的に録音する中身(プレイのノリなど音質以上に大切なところ)に影響を与えます。

そしてモニターのリアル度により、本来演奏者のタッチは「自分が自分に対してインタープレーするように」互いに影響しあい変化していくものですから、
聴くことと弾くことは本来分離して考えてはいけないのです。



3、真 録音時のモニター音

プレイヤーのモニター音に関わるのは、
これまでは1の「録音する音」の経路のADの手前まで共通で、そこからミキサーやヘッドホンアンプ・ヘッドホンと、ようやくプレイヤーの耳に届きます。
この流れは自宅であれ商業スタジオであれ、この経路の長さ自体は変わりません。
つまり、何千万の費用を費やした商業スタジオですら、ひとつひとつの機材は高級機材であっても、録音時のモニター音に配慮した経路の実現のための方法がとられておりません。



しかし、演奏時のモニター音の鮮度を録音する音質と同じように大切なものだと考えるのであれば、ひとつひとつの機材の品質は勿論のこと、その長い経路自体を最適化していくことが必要不可欠です。



これらを実現するためには、
ベースを直接入力でき、モニター経路と録音経路をどちらも大切に扱うことができる、高解像の複合機を作る必要がありました。
それがPSM-02です。

PSM-02では録音される音に影響を与えない状態で、
録音時のモニターする音を業界的にもっとも最短配線で通る全ての回路の品質を高めてあげることに注力しています。

また、演奏時のプレイヤーが聴くベース音がある意味録り音よりもピュアな理想的な状態を実現することができるため、自ずとプレーヤーの演奏フィールの向上に繋がるのです。

それは高い品質でのレコーディングと同時に実現できるため、
自宅でプロレベルの制作をこなしている場合には物凄くプラスの、今後何年もの間システムの根幹として使い続けることになるシステムになるでしょう。



4、イヤモニやヘッドホンを使用する現場での自分用モニターシステムとして

PSM-02の性質上、キューボックスのように各パートの好みのバランスを決めてモニターすることは単体ではできませんが、
2Mixにまとめたライン音であれば、ベースの鮮度を犠牲にすることないモニターシステムとして機能させることができます。

キューボックスのラインアウトからPSM-02のラインインに接続、キューボックスでの自分のベース音はゼロにし、自分のベース音は直接PSM-02に入力されている音とキューボックス経由のミックス音を好みのバランスでモニターします。







PSM-02プロトタイプを体験した
Groove Owl 森さんとの対談










PSM-02の仕組みや他との違いがわかる
ストーリー仕立ての解説動画













Q&A


Q、PSM-02を導入するのと、高級のヘッドホンアンプを導入する違いは何ですか?

A、あなたが弾くベースのライン音には3種類があります。
録音する音・録音後の再生音・録音時にプレーヤーが聞く自分の音(音源の音も含む)。この3種類です。
その内「録音時にプレーヤーが聞く音」をとてもピュアな状態にできるのがPSM-02の一つ目の特別なところです。
高級なヘッドホンアンプを単に導入するだけでは、確かに聞くことに関わる全ての音質そのものはPSM-02と同じく向上させることはできても、経路は従来通りであり、PSM-02ほどあなたが弾くベース音をリアルタイムでピュアな状態でモニターすることを実現することはほとんどの場合で不可能です。

録音後の音に関しては、PSM-02も一種の高級なヘッドホンアンプとして考えることができます。その作りも職人がICを使用せずディスクリート設計をハンドメイドで一台一台組み上げていきますので、スペシャルな音質を実現できます。

また、二つ目の特別なところは、その目的から、単体ヘッドホンアンプにないミキサー回路やDIを備えていることで、つまりはモニター音だけを向上させるのではなく、録音時の音質も向上させるための仕組みを持っていることがその特別なところです。



Q、ヘッドホンアンプ部は付属するPHONON SMB-02専用でしょうか?

A、いいえ、アンバランスタイプのヘッドホンであればSMB-02以外でも使用することができます。
また、SMB-02に対して専用にチューニングを施しているわけでもありません。
ではなぜSMB-02をセットにしたのでしょうか。それはライン環境のものさしを作り上げる上で、マスタリングエンジニアの経験が凝縮されたSMB-02はリファレンスヘッドホンとして最高に丁度いいヘッドホンだからです。その他にも素晴らしいヘッドホンは存在しますが、「究極のハイエンドの組み合わせ」探しは後から各自の好みも合わせていくらでも追求することができるでしょう。しかし目的はあなたが機材や環境を疑わず、本当に音楽や制作に集中できる非常に高いベーシックを作り上げてしまい、操縦してもらうことにあります。無闇なハイエンド推しはその趣旨を脱線しますので注意しましょう。



Q、ベース以外の楽器でも使用することはできますか?


A、可能です。後ほどインプレッションを掲載していますが、実際にスタッフがFender Rhodesを直結して活用しています。またマイクプリアンプは別途用意する必要がありますが、ラインアウトを2系等用意できればボーカルでも使用可能です。そしてその効果はベースでの使用と同様、素晴らしい結果を出しています。




体験したGroove Owl森さんから
あなたへのメッセージ



あなたは自宅の練習捗ってますか?自宅でアンプを鳴らせない方は沢山いらっしゃると思います。練習するには夜しか時間がないという方もいらっしゃるでしょう。
そうなるとヘッドフォンアンプやオーディオインターフェースを使って練習するのが通常ですよね。薄々こんなこと感じてませんか?

・どうせ実際のアンプとは違うんだよな…
・アンプだったらもっと楽しいのに…
・音の確認には使えるんだけど…

そんなネガティブなイメージがPSM-02を使ってみると

・アンプに近いフィーリングが感じられる
・素直であるがベースらしい音で、耳が疲れにくくいつまでも弾いていたい
・音程だけでなくニュアンスの確認にも使える

このような感覚になることでしょう。

PSM-02に感じることはアナログ特有のダイレクト感です。弾いた分だけ耳に音が返ってくる。変化と変化の間を感じられるようなフィーリングと言いましょうか、連続する変化を楽しむことが出来ます。
一方それは腕前が直接反映されて、厳しい先生のように感じられる時もあるでしょう。
イマイチな音はイマイチに、ビシっとハマった音はビシっと良い感じに。

練習を充実させて成長を続けるためにはイエスマンの先生では難しいものです(笑)
PSM-02は厳しい先生にもなりますが、あなたの努力をしっかり音に結びつけてくれる、そんな頼もしい先生であることは間違いありません。
練習の密度を上げたい、練習する時間が限られているけれど、その中で全力で成長したい、そんな方にPSM-02をおすすめします!

DSC_0028.jpg









Vintage Faceエンジニア
遠藤からのメッセージ



これまでの楽器用ヘッドホンアンプは如何に音の形が崩れ、倍音が荒れていたか。
例えばバスドラの音、ほとんどの楽器用ヘッドホンアンプでは全く立ち上がってきません。
レンジは狭まり低域は立ち上がる前に潰れ、中域から高域は倍音が乱れるように感じます。
いままでは聞こえなかったレンジ、倍音、立ち上がりがしっかりと聞こえて来ると思います。
また音楽で使う音は特別で特殊な音だと思っていませんか?
普段周りに溢れている音を基準に今まで使っていた楽器用ヘッドホンアンプとpsm-02+フォノンで是非比べてみてください。
違いにきっと驚かれるでしょう。





シンガー Hiromiの
インプレッション



Vintage Faceのデザイナーです。
音楽活動ではボーカルを、そしてFender Rhodesを愛用しています。

さっそくPSM-02のプロトをボーカルとFender Rhodesで使用してみました。

特にボーカルについて。
今まではオーディオインターフェースで録音するとムダな力が入り、喉にくる歌い方、歌いにくい状態になりました。
ペタッとした声がヘッドホンから聴こえ、普段の歌い方とは違う歌声に自然と変わってしまう事があります。
側から聞いている人達に「いつもと違って、変だよ」とつっこまれる事もあります。

でも、マイクやマイクプリはそのまま、
PSM-02を追加すると
声の奥行きを感じ、室内で自然と歌っているいつもの歌声のような無駄な力みもなく、『録音している』のを忘れる事ができるほど。
周りの反応は…
全くツッコミは入って来ませんでした!

練習や録音に無駄な時間を費やす必要がないので、まともに音楽に集中でき、練習のクオリティを上げることも出来ました。

ボーカルといえば、マイク、マイクプリを変える事に注目する事が多いと思いますが、正直いって『モニター環境を変える』という事に着目した方ストレスが減る速度は手っ取り早いと思いました。これはFender Rhodesでも全く同じ印象を覚えたので、ベーシストであるあなたも、きっと同じ気持ちになるのではないでしょうか。


IMG_4882.jpg
Hriomiさん愛用のSENNHEISER e945




特別なプレオーダーのお知らせ


psm02-01.jpg

psm-02-02.jpg

あなたの自宅環境にライン上のモノサシを創る。
Private Studio PSM-02
今春正式にリリースの予定です。



しかしこのタイミングから真剣に導入を考えてくださっているあなたのために、
特別なご提案がございます。

私たちはこのPSM-02を広げていきたいと考えています。
そのためには、導入してくださるあなたのインプレッションの助けが
必要です。

そこで、

1、現状でオーダー決めて頂き、
2、完成後に簡単なWEB掲載用インプレッションにご協力しても良いですよ

この条件を飲んでくれるあなたには

本来¥360,000+税(¥388,800-)での販売のPSM-02を、

特別に¥30,0000+税(¥324,000-)という

最高の条件でPSM-02をご提供します。


プレオーダーの締め切りは4/21(金)まで



オーダーご希望の方は以下のQ&Aをご確認頂いた後、
カートからお申し込みください








オーダーに関するQ&A


Q、支払い方法はどのような方法に対応していますか?

A、銀行振込、Paypal払い(クレジットカード可能)の二種類に対応しています。

※Paypalでのクレジットカード払いはシステム上一括払いのみ対応していますが、お持ちのクレジットカード会社様のサービスが対応している場合、Paypalで一括払いのお手続き後に、後から任意の回数の分割払いに変更することも可能です。対応状況はそれぞれのクレジットカードをご確認ください。


Q、購入から受け取りまでの流れを教えてください。

A、まず以下のカートからオーダー頂き、二種類のどちらかの方法でお支払い頂きます。その後、一月以内を目安に一足先にPHONONのヘッドホンをお送りしますので、PSM-02完成時までのしばらくの間はPHONONを現状の環境に導入しお楽しみください。
PSM-02は現体制においてハンドメイドの限界に近い制作になるため、納期はオーダー確定後3ヶ月前後頂きます。完成後、ご連絡からお届けになります。

また、関東にてデモ機が完成した場合にイベントを開催することがあり得ます。イベント参加料は無料でご招待致しますので、日程や距離等にご無理がない場合は是非一足早くその実力を味わいにお越しください。