Private Studio PSMシリーズの
フラグシップモデルPSM-02が
mk2へリニューアル決定!

Private Studio PSM
フラグシップモデルPSM-02が
mk2へ!

PSM-02 mk2とは

PSM-02 mk2とは、
上質なレコーディング・マスタリングスタジオでのみ味わうことができる高いレベルでの音源の正確な再生環境をあなたの自宅に構築し、さらにその高いレベルのモニター環境に対して PSMならではの仕組み「ベース直結・ヘッドホン用のモニターミックスが可能な仕組み」を築くことで、レコーディング時にアンプがなくともプレイヤーのピッキングコントロールを「見える化」し、正確で立体的に鳴らせるサウンド・トーンを感じながら、良いフィールをしっかりレコーディングできる環境を提供するのが目的の、PSMフラグシップモデルです。

PSM-02本体

これがアンプ本体です

ベースアンプで例えるならば、
「ベースアンプヘッド」になります。


 
今までは「オーディオインターフェース」という複雑な機能を担うひとつの機材に全てを依存してしまっていました。
内蔵している沢山ある機能のうちのひとつのなかに、アンプヘッドとしての役割を任せていた、ということです。

そこで、ベースを直結することができ、楽器の情報を逃さず正確に受け取ってくれること。
そしてそのあとにきちんとスピーカーを駆動することができること。

このように、徹底してベーシストが演奏する際に関わる品質をDIとは別に、重点的に意識して作られたとイメージしてみてください。

そこにヘッドホンアンプならでの、音楽とミックスさせたりすることができるミキサー機能などの独自性が備わっているイメージですね。

これらを全て、オーディオインターフェース外でできるため、

なんだかよくわからない「ブラックボックス」的な存在であったオーディオインターフェースの性能に依存せずに解放することができるのです。

今お持ちのオーディオインターフェースに繋げて使用することもできますし、単体で使用することもできます。
 
これがDIをこだわるだけでは得られない、演奏時のフィールまで良くする方法です。

 

付属するヘッドホン

 PHONON SMB-02 です

ベースアンプで例えるならば、
ヘッドホンは「スピーカーキャビネット」になります。


 

ベースアンプで全て経験していることと、同じことが言えるんです。
ヘッドアンプだけをスタジオに持ち込んで、スピーカーキャビネットはスタジオ常設のものを使うシーンを思い浮かべてみてください。

確かにヘッドアンプを変えれば音は変わってくれます。
EQも慣れた使い勝手の良いものに変わってくれます。
しかし、音はスピーカーキャビネットにも大きく依存しており、
一定以上は変わってくれませんよね。
そう、アンプの力だけでなくスピーカーキャビネットも出音にはとても重要なんです。

ヘッドホンとヘッドホンアンプの関係も一緒です。

そこでPSM-02ではヘッドホン選びに迷わないで済むように、
上から下まで癖なくきちんと再生することができる優秀なヘッドホンである PHONONのSMB-02というヘッドホンをセットにしています。
良いヘッドホンだけ持っていても、スピーカーの魅力を引き出しきれない。
良いアンプだけ持っていても、スピーカーが追いつかない。

そんなことに悩まされないで済むように、全てパッケージにすることにこだわりました。

 

作りの解説

正確な音の再生のために細部まで情熱をかけ、
必要最低限のコントロールしか備えないのがPSM-02の基本です

 
据え置きを想定し、DI差し替えのしやすさからスルーアウトは前側に用意

 

 
 
※こちらはPSM-02(mk1)のデザインのため、製品版は一部デザインに変更点があります。 mk2ではモニターアウト用のミュートスイッチが背面に追加になるからです。
 
DI用の出力端子とLINE入出力がまとまっています。
お使いのインターフェースやモニターコントローラーの出力を(TRSバランス)LINE INPUTへ入力します。MONITOR OUTPUTはLINE INPUTのパラレルアウトになっているので、そのままパワードモニターなどへ出力可能になっています。
 

 
 
 


PSM-02で実現できること

これがあることで、
自宅でいつでも何時でも(たとえ早朝・深夜でも)
誰にも音や音量について文句を言われる心配なく、
ベースの練習、音楽鑑賞、音楽研究、レコーディング、
を簡単に実現できる。
そんな方法を手にいれることができるということなんです…!

 
朝の15分や30分。
寝る前の30分。
特にライブ前は仕事帰りの日課になる個人練習。


こういったちょっとした時間の確保や集中が、
自宅の一室で高い次元で簡単に実現するように変わるのです。

まるでプライベートスタジオのように。。

優れた環境を持つということ

あなたは演奏すること以外にも多くのことに時間を割く必要がありますよね。
仕事だって大事です。家族と過ごす時間もかけがえのないものです。
音楽なら演奏以外に地道な練習が重要です。
作曲されるならば、
やはり自らいつもと違う世界を見に行く時間を作り、
新鮮なインスピレーションが湧くような工夫もいるでしょう。




こうしてあなたの限られた貴重な時間を、
効果的に音楽練習に割くためには。


同じ時間をこれまでより濃密かつ効果的に活用することが、
今後必要不可欠になるでしょう。

そこでPSM-02が最高にあなたをアシストします。




PSM-02を導入することで、どんなことが実現するでしょうか。
 


 
1、まずは聞こえてくる音楽が変わります。

今までと違う側面や細かいところに耳がいくようになり、
知っていたはずの楽曲への認識が改まります。
ベースの音について、「レスポンスが早い!」という言葉を感覚的に使うわりに、
ベースやベース以外の楽器の音がきちんと立ち上がっている様を
日頃からきちんと体感できる環境を
私たちはなかなか持つことができないでいることが多いんです。

※高級なオーディオインターフェース内蔵のヘッドホンアンプ機能であっても、眠たい音を音作りによって聞かせているような響きのモデルが多いため


だからこそ。
ベースで良い音の鳴らし方を技術的に出せるようになる前に、
きちんと音が立ち上がってくる環境で音楽自体を聞いてみる必要があるんです。
それがどういうことなのか、
各楽器が立ち上がりきらないままの環境で聞く音楽と、
どれほど印象が変わるのか、感じてみてください。

この「本当は普通、でも聞けていなかったまともな音のイメージ」こそが、
次にベースを弾く時の良いイメージ構築に自然と生きてきます。




例えば、太さについて。
音がきちんと立ち上がると、繊細さや力強さを伴ったまま、
前に出てくるのですが、

これを一言「太い」という印象で捉えることがよくあるんですね。

この太さを、
エフェクティブに体現しようとしてしまうことで、
何かおかしなことになっていってしまうことはよくある話です。

本当の太さとは色付けとは関係ないところに
すでに存在しているんです。
当然楽器を鳴らせる技術が必要ですが…




そして次に、
2、ヘッドホンで聴くあなたの弾くベースの音に衝撃を覚えるでしょう。


自分の楽器は思っていたよりもずっとレンジが広かった・狭かったとか、
弾き方についても。
人によっては
「タッチコントロールという言葉を知っていれ意識していたのに、
思ってたより自分のピッキングが荒い…」
「右手と左手のコンビネーションが甘い」
「ベースのセッティングが認識と違うかもしれない…」
などなど、

色々な発見があるかもしれません。


このように、
聴く音や感じる音が一瞬一瞬でこれまでと全く異なる濃密なものになります。
それはライバル達が同じ時間同じように練習に打ち込んでいたとしても、
聞こえてくる情報の多さから気づきの量はまるで異なります。
習慣的な積み重ねは結果に大きな差を作り出す可能性を秘めています。


 
 

PSM-02 mk2

 
mk1からmk2への変更点
 
 
Point 1、
音質はそのまま据え置きで、要望のあったモニターアウトのミュート機能を追加できるように改良し、使い勝手を向上させました。
 
Point 2、
DIの搭載有無をオーダー時に選択できるようになりました。
 
Point 3、
カラーがシルバーとブラックの二色から選べるようになりました。
 
 
 
ブラックの参考イメージ画像



 

<セット内容>
 
PSM-02 mk2本体 ×1
専用ACアダプター ×1
マニュアル  ×1
PHONON SMB-02ヘッドホン ×1
 
 
・DIなし 基本モデル
¥320,000- +税
 
・オプション DI
M-DI es "PSM-02 edition" 追加搭載
 
オーダー時   ¥+40,000- 
完成後追加搭載 ¥50,000-(内部変更等のモディファイ費用込み)
 

 
 
〜PSM-02 mk2 発表記念〜
プレオーダー受付開始のお知らせ

 
 
PSM-02 mk2
発表記念
プレオーダー
受付開始のお知らせ

 

あなたも既にVintage FaceのMONOSASHIやWABI-SABI、M-DIを通して、プレイヤーの思いを音に変換するためには プレイヤーの瞬間的なピッキングの選択・そのアタックの形を正確にとらえ音にできること =レスポンスが早いこと  がいかに音楽をする上で表現する上で大切かを直感的に把握されているかと思います。
 
あるいはPSM-03を通して、普段からヘッドホン・ライン環境でラインくささがなく、上質なアンプで音を出している時と同じように、豊かなベースサウンドを扱える感動を知って頂いた方もいらっしゃるでしょう。
 
この度、そんなPSMシリーズのフラグシップモデル PSM-02がリニューアルすることになりました。
 
背景として、まだPSMを開発する前の時に、クリエイター御用達のハイエンドオーディオインターフェースと上質なDIを組み合わせても、あなたも理解している「プレイヤーの思いを音に変換するために必要な条件」が満たされていない、というケースが多いことがわかり愕然としていました。こんなに良い機材を組み合わせているのに、スピーカーから音を鳴らす時と違って、ヘッドホンからだと全然ダメだなぁと。特に、録音時にプレイヤーが聞くことになるモニターの音が全くもって「ダメ」なんですね。まずタッチで音が変わりにくいし、立体感もない。モニターしている音質が悪いだけなら我慢できるかもしれませんが、音の表情がつかないのであれば、自分のプレーの出来上がりに悪影響を及ぼすことになるわけです。ということは音質だけの問題ではなくなってきますよね。
 
様々な実験を通してわかったことは、オーディオインターフェースというものが持つ仕組み上の問題がハイエンドモデルになったところでは解決されておらず、当然DIだけをこだわっても問題となっている部分が異なり解決されることはないという基本的なこと。そして録音時のモニター音質をまともにする、という難しさです。開発している人たちは多くはプレイヤーでない人たちになるため、演奏時に表情がつくということ、その影響力の大きさをよくわかっていない、ということでしょうか。
 
そこでなるべくコストパフォーマンスよく、その仕組み上の問題解決を優先させた後発モデルがPSM-03です。こちらはプロアマ問わず、現在も多くのベーシストへご提案させて頂いており、自宅で日常的に素直かつ豊かなサウンドを味わえる環境は多くのプレイヤーのストレスを解消させることに繋がっています。
 
一方で、当然コストパフォーマンスを良くするために犠牲になっている部分というのもあり、それはプロ現場で必要とされる よりシビアな正確さであったり、アンプを上質にすることでしか提供できない細かな音のダンピングの向上などがもたらす全楽器の音のよりリアルな鳴り方です。これらを妥協せず、徹底的に作りこんだスペシャルな一台が PSM-02、一生モノとしてふさわしい一台と言えるでしょう。
 
まだPSMを持っていない方で初めての一台としても、既にPSM-03を味わっている方がグレードアップ目的で導入する場合であっても、PSM-02 mk2は格別な一台になることは間違いありません。
 
 
そんなPSM-02 mk2をお得なプレオーダーという形で日頃の感謝の気持ちを少し多めに還元できるよう致しました。
 
 

詳細

 
Vintage Faceのプレオーダーとは
まだ製品の完成形が完全にできていない段階で、お写真等も不完全な状態でのご案内ベースに関わらずオーダー頂く代わりに、製品完成後の通常時にオーダー頂くよりもお得な価格でオーダー頂ける仕組みです。
(今回の場合はPSM-02のマイナーチェンジ要素が強いため、デザイン上の変化も小さく、サウンドは据え置きのため実績もそのままであるため、オーダーする側としては安心要素の方が強い、よりお得な提案になるでしょう)
 
 
 
 

オファー


 
 

カラー

受注後に、 シルバー・ブラックの二色からお選び頂きます。
 
 

・価格 

PSM-02 mk2(DIなし基本モデル)
税別通常価格 ¥320,000- 
プレオーダー特別価格 ¥290,000-(税込313,200-)
 
PAYPALにてクレジットカードで一括決済後、
後からカード会社様のサービスを活用し分割払いに変更した場合のお支払い例
13,050円×24回払い 、8,700円×36回払い など
 
※カード会社の金利・手数料は別途発生します
※決済後に分割払いに変更可能かどうかはお持ちのクレジットカードにより異なりますので、先に必ずご確認ください
 
 
 
PSM-02 mk2(M-DI es PSM02 edition搭載モデル)
税別通常価格 ¥360,000- 
プレオーダー特別価格 ¥330,000-(税込356,400-)
 
 
PAYPALにてクレジットカードで一括決済後、
後からカード会社様のサービスを活用し分割払いに変更した場合のお支払い例
14,850円×24回払い 、おおよそ9,900円×36回払い など
 
※カード会社の金利・手数料は別途発生します
※決済後に分割払いに変更可能かどうかはお持ちのクレジットカードにより異なりますので、先に必ずご確認ください
 
 
 

・予定納期

制作期間は3ヶ月弱のため、現在の目安のお届け時期は
来年1月下旬頃を予定しています。

 
 

PSM-02インプレッション

PHONON代表 熊野様へのインタビュー
 
・付属のヘッドホン PHONON SMB-02について
・PSM-02について

 
 
 
プロベーシスト 松下一弘さんによるインプレッション





 
 
GROOVE OWL 森さんによるPSM-02のお話

 
 
 
 

 
 
 
もし今後もPSMがなかったら?

 

もし今後もPSMを使ったシステムのように正確なサウンドを味わえる環境を自宅に持たなかったら、、
 
ということを想像してみてください。
 
 
・ヘッドホン・ライン環境だとこれまで通り、弾いていてもついつい盛り上がってしまうような演奏時の高揚感・楽しみもなく、退屈だったり耳が疲れ易かったり。。
 
 
・広いダイナミクスを活用するような練習や、ピッキングのニュアンスをつける練習が自宅のライン環境だと不得意だとわかってしまったので、わざわざスタジオに出向いてアンプからのサウンドで練習する必要を感じるかもしれません。。
 
 
 
・正確な音場を把握できないままトラックを作ることで、モニター環境の空間が狭い感じなどをリバーブなどプロセッサーで解決しようとしていたり、ベースの迫力がないように感じてしまうことからついついイコライジングしすぎたり、ボリュームバランスが不自然になってしまうかもしれません。。
 
 
 
・尊敬しているアーティストの音楽にまだ聞いたことがない一面があるまま、いつかは聞きたいなぁと思いながら、そのまま聞くことなく過ごしているかもしれません。。
 
 
 
などなど、
考えられるデメリットは思いの外多くありますよね。
 
 
もしあなたが大好きな音楽を聴くのが日々の大きな癒しであったり、
真剣に音楽活動に打ち込んでいるのであれば、、、
 
PSMを導入しない理由はないかもしれません。
今からオーダーすれば通常よりお得に、そして来年にはPSMを中心とした環境を手に入れることができるので、 是非これまでとは一味もふた味も違う、新しい一歩を踏み出してください。
 
 
お申し込みは17日が締め切りでしたが
頂いているお問い合わせに返信が間に合っていない状況のため、
合わせましてギリギリまで受付期間も延長させて頂くことになりました。

プレオーダー
最終お申し込みは10/23(火)までの受付です!
 

 
 
 
もし今後もPSMがなかったら?

 

もし今後もPSMを使ったシステムのように正確なサウンドを味わえる環境を自宅に持たなかったら、、
 
ということを想像してみてください。
 
 
・ヘッドホン・ライン環境だとこれまで通り、弾いていてもついつい盛り上がってしまうような演奏時の高揚感・楽しみもなく、退屈だったり耳が疲れ易かったり。。
 
・広いダイナミクスを活用するような練習や、ピッキングのニュアンスをつける練習が自宅のライン環境だと不得意だとわかってしまったので、わざわざスタジオに出向いてアンプからのサウンドで練習する必要を感じるかもしれません。。
 
 
 
・正確な音場を把握できないままトラックを作ることで、モニター環境の空間が狭い感じなどをリバーブなどプロセッサーで解決しようとしていたり、ベースの迫力がないように感じてしまうことからついついイコライジングしすぎたり、ボリュームバランスが不自然になってしまうかもしれません。。
 
 
 
・尊敬しているアーティストの音楽にまだ聞いたことがない一面があるまま、いつかは聞きたいなぁと思いながら、そのまま聞くことなく過ごしているかもしれません。。
 
 
 
などなど、
考えられるデメリットは思いの外多くありますよね。
 
 
もしあなたが大好きな音楽を聴くのが日々の大きな癒しであったり、
真剣に音楽活動に打ち込んでいるのであれば、、、
 
PSMを導入しない理由はないかもしれません。
今からオーダーし、来年にはPSMを中心とした環境を手に入れ、
是非これまでとは一味もふた味も違う、新しい一歩を踏み出してください。
 
 
お申し込みは17日が締め切りでしたが
頂いているお問い合わせに返信が間に合っていない状況のため、
合わせましてギリギリまで受付期間も延長させて頂くことになりました。

プレオーダー 
最終お申し込みは10/23(火)までの受付です!
 

Q&A 決済方法や納期について
 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
PSM-02は銀行振込、Paypal決済(クレジットカード可)の2種類に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 


 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
PSM-02に関しては平均3ヶ月程度の納期を頂くハンドメイドの大作ですので、少々受け取りまではお時間を要しますが、完成時にご連絡から配送となります。
 


DIなしのPSM-02 mk2 お申し込みはこちらから

M-DI es PSM02edition搭載仕様のPSM-02 mk2お申し込みはこちらから