M-EQ Rack of VINTAGE FACE

M-EQ RACK top.jpg


M-EQ Rack top02.jpg





M-EQ Rack

MONOSASHI Rack・MONOSASHI Doppio専用の
オールディスクリートデザインのEQ
「M-EQ Rack」
が完成しました。


M-EQ Rack 04.jpg








MONOSASHIにはなぜイコライザーがないのか

 優れた応答性と十分な情報量の出音を可能とするシステムを見つけることができた時、私達は基本的にはイコライザーは必須ではなく、不要な場合が多いと考えています。

それは世間一般的に普及したシステムを利用した「EQつまみフラット・ノーエフェクト・アンプ直の状態」とはまるで異なります。

スポイルせず響くその楽器特有の豊かな鳴りと選択した弦らしい響き、露になる弦の状態や楽器の状態、意図したコントロール通りに反応してくれる音。。それらが揃うことで、出音そのものが己のクリエィティブ精神を刺激しに体へとフィードバックし、今まさにここでどんな音楽を生み出そうか。。そういった心境へ自然とベクトルを向けさせてくれる「音を足したり引いたり…しているどころではない状態」(と言っても間違いではないでしょう。)にいるからです。






あえてVintage Faceのイコライザーを選ぶ理由

 開発期間中にユーザー様からいくつかメッセージを頂きました。

「MONOSASHI直の状態が好きだけれど、位置的な問題で膨らむ音を削る調整のために他の機材を繋いでおり、そこで不満は解消されるけれど、なんだか出音の元気がなくなってしまう別の不満が出てきてしまい、そこはもう諦めているんです」


そこでVintage Faceのイコライザーで実現すべきことが決まりました。


これをもったあなたは

・大前提に通過させても「持っている楽器の鳴り」を引き出すヘッドアンプとしての優秀さを損なわずに、自由にEQしながらMONOSASHIを使うことが可能になります。

・あなたがピッキングコントロールや音のニュアンス・ダイナミクスをコントロールすることにシビアである場合、EQ自体があなたの邪魔をしないためにストレスなく演奏することに集中することが可能です。

・プラグ型アンプ「Switch」を使用可能になるため、パッシブ楽器の新たな側面や可能性を感じることができるでしょう。





m-eq rack05.jpg

機能紹介

1、イコライザー
 Bass・Trebleのブースト型イコライザー。
古くから用いられているEQ回路を基本にMONOSASHIの増幅法を用いて改良し、音の立ち上がりが良くパッシブ楽器に相性ぴったりの効果を発揮する。

2、Palette
 Vintage Faceオリジナルトーン回路。
操作性がパラメトリックイコライザーに似ているがレスポンスを失わないことやその効果等色々な面で異なる。ある音域とある音域が滲むように自然に混じりあいながら有機的なカーブを見せることから、複数の絵の具を混ぜて微妙な色合いを作りだすことを連想しパレットと名がついた。主にミドル域を中心に幅広い効果を発揮するが、次に接続するアンプとのセッティングの組み合わせでまるでアンプ自体のカラーが変わるような役割も果たす。

3、LOW END CONTROL
 低音の量感を調整することができるトーン回路。現場にある大型のキャビネット等で音が回ると感じる時などに有効である。

4、Switch連動機能
 持っている楽器のまだ見ぬ側面を引き出す超小型アンプ「Switch」を、動作させるための回路を搭載。通常のインプットと切り替えて使用することが可能。「Switch」を経由してM-EQを使用すると、さきほどまで操作していたイコライジングが不要になったり、効果がより如実になったりと、状況が変わってくる。









製品の特徴

1、MONOSASHI Doppioより電源を供給して動作します

2、電源回路を持っていないため、基本的には単体使用はできません。

3、IC/オペアンプを使用しないフルディスクリート設計

4、全ての機能はトグルによりオフにすることが可能です。

5、ベース・トレブルはパッシブ楽器に特に最適なブースト型EQ

6、一般的なフルパラメトリックEQでは使えるポイントが少なく操作が難しいミドルも、独自のPALETTE回路により滑らかでベースに最適なサウンドメイクが可能

7、ベース感を活かしたまま不要な低域を処理するために最適な低域カット専用ローエンドコントロール機能

8、2.5chインプット仕様(BASHO同様のフォン2ch+片ch Vintage Face Switch専用インプット。)

9、MONOSASHI Doppioとの最短結線を想定したレイアウト。WABI-SABI LimitedやStanderdで好評の配線方法を実現するため、二種類の結線方法を用意しました。

a…フロントパネルのアウトプットよりパッチケーブルでDoppioのインプットへ最短配線。ローエンドコントロールの効果はDIにも反映。

b…リアパネルのXLRアウトからDoppioリアパネルヘ増設するXLRインプットへマイクケーブルで結線、DIに対してローエンドコントロールは無効の配線に。これによりモニターするアンプシステムのみローカット機能が有効になり、PAへの出口には影響しない仕様になります。

MONOSASHI Doppio × M-EQ Rack
Front
M-EQ-Doppio.jpg

Back
M-EQ Rack 03.jpg

詳細

製品名… M-EQ Rack
価格 … ¥98,000-+税(税込み¥105,840-)

M-EQ RACK


商品番号:026

商品名:M-EQ RACK

通常価格:105,840円 (税込)

購入数量