M-EQ of VINTAGE FACE

M-EQ-n1.jpg


2016.5
M-EQが新しくなりました!

<仕様変更点>
・Gainセクションを無くしました。Gainセクションは後段のプリアンプについていれば十分と判断しました。これにより音質もよりダイレクトになっています。

・DC端子が専用端子になりました。

・DCケーブルの専用品を付属することになりました。電源ケーブルでも音色に影響が出ていたため、付属品を利用することにより意図しない音質変化リスクを減らせるようにしました。

・MONOSASHIとよりマッチできるよう内部を若干調整し、これまでよりも一体型のWABI-SABIにより近い使用感になるようにしました。

・電源が供給されていることを確認しやすいよう、LEDが追加になりました。




M-EQ n2.jpg

MONOSASHIにはなぜイコライザーがないのか

 優れた応答性と十分な情報量の出音を可能とするシステムを見つけることができた時、私達は基本的にはイコライザーは必須のものではなくなる、と考えています。

そのシステムを使う時、一般的な「EQつまみフラット・ノーエフェクト・アンプ直の状態」と比較すると、体感できる楽器音も演奏感覚も、まるで異なる状態にあるからです。

スポイルせず響くその楽器特有の豊かな鳴り。
選択した弦らしい響き。
露になる弦の状態や楽器の状態。
手元のコントロール通りに反応してくれる音。。

それらが揃うことで、
出音そのものが己のクリエィティブ精神を刺激しに体へとフィードバックし、より音楽に入り込む状態を容易にします。

meq6.jpg


あえてVintage Faceのイコライザーを選ぶ理由

 開発期間中にユーザー様からいくつかメッセージを頂きました。

「MONOSASHI直の状態が好きだけれど、位置的な問題で膨らむ音を削る調整のために他の機材を繋いでおり、そこで不満は解消されるけれど、なんだか出音の元気がなくなってしまう別の不満が出てきてしまい、そこはもう諦めているんです」

そこでVintage Faceでイコライザーを実現すべきことが決まりました。


・大前提に通過させても「持っている楽器の鳴り」を引き出すヘッドアンプとしての優秀さを損なわないこと。

機材を通して無造作に音が変わる、変わらないの視点ではなく「弾き方で音を変える」際の「可変幅」をなるべく縮めないを実現したイコライザーであること。

・「必要のない際はオフにする存在」を超えて、せっかく繋ぐのであればMONOSASHIを補完する役割も担い、さらに弾き手や楽器の面白みを引き出すこと。

試行錯誤した結果、M-EQが誕生しました!




M-EQとは

M-EQ top.jpg

1、EQ

 Bass・Trebleのブースト型イコライザー。スタック仕様。
古くから用いられているEQ回路を基本にMONOSASHIの増幅法を用いて改良し、音の立ち上がりが良くパッシブ楽器に相性ぴったりの効果を発揮する。


もしあなたが高解像度の上質なEQを他に持っていたとしても、そのEQの効き方は「優秀な動き」を実現するために、あなたがイメージする暖かさまでも犠牲にしているかもしれません。このEQは古き良き部分と、新しい部分が共存しているため、心地よいトーンを演奏性を削ぐことなく演出します。


2、Palette

 Vintage Faceオリジナルトーン回路。スタック仕様。
主にミドル域を中心に幅広い効果を発揮するため、2つの使い方ができる。
1つ目の使い方はミドルのパラメトリックイコライザーとして使用すること。
2つ目の使い方は次に接続するアンプのボリュームを連動して動かすようにすること。Paletteは効き方がとても滑らかで広帯域にわたり変化を感じるため、その性質を活かし、カットした分ボリュームを上げる、ブーストとした分ボリュームを下げる使い方をすると新しいトーンを得ることができる。


ある音域とある音域が滲むように自然に混じりあいながら有機的なカーブを見せることから、複数の絵の具を混ぜて微妙な色合いを作りだすことを連想しパレットと名がついた。



3、LOW END CONTROL

 低音の量感を調整することができるトーン回路。現場にある大型のキャビネット等で音が回ると感じる時などに有効である。



4、Switch連動機能

 持っている楽器のまだ見ぬ側面を引き出す超小型アンプ「Switch」を動作させるための回路を搭載しており、通常のインプットと切り替えて使用することが可能。「Switch」を経由してM-EQを使用すると、さきほどまで操作していたイコライジングが不要になったり、効果がより如実になったりと、状況が変わってくる。





M-EQ n3.jpg

5、電源供給専用の仕様
MONOSASHIやR-810といったVintage Faceプリアンプと接続し、接続した「親機」から電源供給して動作する仕組み。ディスクリート回路での複雑化した構成により単体プリアンプよりも高級モデルになるところを電源供給仕様に専念することでコストダウンとコンパクト化に成功、また専用アダプターを必要としないためトータルでの荷物軽量にも貢献する。
(※ACアダプター等を使用しての単体動作はしません)



M-EQ n2.jpg


M-EQ n4.jpg


M-EQ n6.jpg




M-EQ top.jpg

M-EQ
"1ch discrete Equalizer for MONOSASHI"

Vintage Faceプリアンプと組み合わせて動作するフルディスクリートイコライザー。
ピッキングコントロールに対する反応・変化の幅をできるだけ失わずに音色調整をしたいプレイヤーへ。

あなたのMONOSASHIに組合わせることでWABI-SABI化しよう。
またm、R-810に組合わせて使用するのもオススメです!

※単体では動作しません。

¥88,000-(税込み95,040-)

M-EQ

M-EQ
"1ch discrete Equalizer for MONOSASHI"

Vintage Faceプリアンプと組み合わせて動作するフルディスクリートイコライザー。
ピッキングコントロールに対する反応・変化の幅をできるだけ失わずに音色調整をしたいプレイヤーへ。

※単体では動作しません。親機としてVintage Faceプリアンプが必要です。
商品番号:005

商品名:M-EQ

通常価格:95,040円 (税込)

購入数量