伝統を受け継ぐ。
アンバランスアウト仕様の進化版

 

 
 
 
 
 

  
 
 
 

 


 
 
 

・パワーアンプに接続させる専用HAとして

 

既存のベースアンプでは物足りなかった、
演奏表現に追随するアンプシステムを形にするために。
 
 
身近なアンプヘッドのパワーアンプセクションを利用して、
よりナチュラルに演奏者の表現に追随するアンプヘッドへ
再構築する新しい方法。
 
それを追求したのが パワーアンプレスのベースアンプ
MONOSASHIです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

伝統を受け継ぐ。
アンバランスアウト仕様の進化版

 

 
 
 
 
 

  
 
 
 

 


 
 
 

・パワーアンプに接続させる専用HAとして

 

既存のベースアンプでは物足りなかった、
演奏表現に追随するアンプシステムを形にするために。
 
 
身近なアンプヘッドのパワーアンプセクションを利用して、 よりナチュラルに演奏者の表現に追随するアンプヘッドへ 再構築する、
新しい方法。
 
それを追求したのが
パワーアンプレスのベースアンプ
MONOSASHIです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
<通常価格>
 
¥115,000-(税別) 
 
 
 
 
 
<後からアップグレード可能>
 
バランス仕様のMONOSASHI higher
にアンバランスのMONOSASHI回路を搭載した
ハイブリッドタイプへ
アップグレードさせるサービスを実施予定です。
 
税別価格 ¥82,000-
(回路追加・内部変更・パネル作り直し)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
<通常価格>
 
¥115,000-(税別) 
 
 
 
 
 
<後からアップグレード可能>
 
バランス仕様のMONOSASHI higher
アンバランスのMONOSASHI回路を搭載した ハイブリッドタイプへ
アップグレードさせるサービスを実施予定です。
 
税別価格 ¥82,000-
(回路追加・内部変更・パネル作り直し)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
<使い方>

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
ライブやレコーディングでは
二本の異なる特徴を持ったベースを使い分けすることが多いですよね。
 
新しいMONOSASHIは常に二本の楽器を接続できます。
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、パワーアンプへ接続

 
 

 
リアパネルのTo Power amp端子から
PA用パワーアンプや
ベースアンプのパワーアンプセクションと接続します。
 
 
 
 
 
 
 
 

3、チューナーやDIへ接続

 
 

 
同時にDIやチューナーへ
背面のTo DI 端子やTHRU OUT端子から接続します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の異なる特徴を持ったベースは音質だけでなく、
音量が大きく異なることもあります。
 
インプットセレクトスイッチの横のボリュームで
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、必要に応じて
LOW CUTセクションをONにして調整する

 
 

 
 
どんなにアンプ側でピュアな増幅ができても、
シュミレート上の理想とは異なり 現実はスピーカーを鳴らす部屋の作りなど
理想的な鳴りになってくれないことがありますよね。
 
 
そんな時、楽器の音作りのためではなく、
部屋なりの悪影響を狙って抑えるためのLOW CUT機能が役にたちます。
 
MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、
部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に
カットしていくことができます。
 
 
 
 

6、アンプのマスターボリュームを調整します 

 
 

 
 
パワーアンプへ送り出すボリュームを調整します。
  隣のミュートスイッチでは
楽器の抜き差しや休憩時に出力をミュート可能です。
 
 
 
 

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
ライブやレコーディングでは
二本の異なる特徴を持ったベースを使い分けすることが多いですよね。
 
新しいMONOSASHIは
常に二本の楽器を接続できます。
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、パワーアンプへ接続

 
 

 
リアパネルのTo Power amp端子から
PA用パワーアンプや
ベースアンプのパワーアンプセクションと
接続します。
 
 
 
 
 
 
 
 

3、チューナーやDIへ接続

 
 

 
同時にDIやチューナーへ
背面のTo DI 端子やTHRU OUT端子から
接続します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の異なる特徴を持ったベースは音質だけでなく、 音量が大きく異なることもあります。 インプットセレクトスイッチの横のボリュームで 二本の楽器の音量を揃えます。 コツは小さい出力の楽器に合わせて、 大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、必要に応じて
LOW CUTセクションをONにして調整する

 
 

 
 
どんなにアンプ側でピュアな増幅ができても、 シュミレート上の理想とは異なり 現実はスピーカーを鳴らす部屋の作りなど 理想的な鳴りになってくれないことがありますよね。
 
 
そんな時、楽器の音作りのためではなく、
部屋なりの悪影響を狙って抑えるための
LOW CUT機能が役にたちます。
 
MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、 部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に カットしていくことができます。
 
 
 
 

6、アンプのマスターボリュームを調整します 

 
 

 
 
パワーアンプへ送り出すボリュームを調整します。  隣のミュートスイッチでは
楽器の抜き差しや休憩時に出力をミュート可能です。
 
 
 
 

Q&A

Q1、リアパネルにあるEX inputとは??
 
A、別売予定のLoop Systemに対応するための
専用インプットジャックです!

 

 Loop Systemは 足元に配置するバッファーアンプ内蔵の
エフェクトループ機能付きのA/B ボックスです。
 
MONOSASHIのアンプの性能の一部を
足元まで拡張できる魅力があります。
 
 
 

Q2、EX inputにVintage Faceの
プラグ型アンプ”SWITCH”は接続できますか??
 
A、仕様が異なるため直結はできません。
ただし別売予定のLoop Systemの方でSWITCHにも対応します。

 
 
 
 

Q3、サウンドの違い
 
新しいMONOSASHI と 以前のMONOSASHIでは
音やポテンシャルはどれくらい違うのでしょうか?
 
 
A、今回のフラグシップシリーズの進化更新は
新回路の設計のみならず、電源回路や基本機能の見直しなど
全てが大幅に変更されています。
 
MONOSASHIのコンセプトや目的である、
「演奏表現に追随する」
「あなたの演奏表現のモノサシとなる環境を作る手助けをする」
といった目的によりフィットするようになり、
従来のMONOSASHIよりも
さらに自然で弾いたままのサウンドを形にするというものになっています。

 
 


 

 

 

Q4、機能が増えた意味

 

 

 

新しいMONOSASHI はなぜこれまでのMONOSASHIよりも
基本機能を増やしたのでしょうか?
コンセプト的には余分な機能は少ない方が良いのでは??

 

 
 
A、これにはちょっとしたストーリーを振り返る必要があります。

 

Vintage Faceのスタートと同時に世に出たのがMONOSASHIで、
その当時は演奏表現に追随するアンプ自体に選択肢がなく、
 
楽器アンプ以外の機材を含め試行錯誤を続けているベーシスト達は
その選択肢の探求とトライアンドエラーに困り続けていました。
 

 

「余分な機能を一切つけなくても良いので、
ただアンプという基本性能を極限まで高めた一台を作れないか」

 

と。。
 

 

それを遂に形にしたのが
これまでのMONOSASHIです。
 
 
 
それから4年間、
世界の名だたるベーシストの元へ広がっていったMONOSASHIは
各国のプロ現場でのフィードバックを頂き続け、
またそれぞれのニーズに合うカスタムオーダー等の相談も
受けてきました。
 

 

それらからよくわかったことは、
理想的なアンプシステムさえ毎回持ち運べば
いつもの同じサウンドが鳴ってくれるわけではなく、
会場特性の響きの影響を受け、
そして必要に応じて組み合わせる足元の機材の特性にも
想像以上に影響を受けてるということです。

 

 
現実には音作りとしてのEQが必要なくとも
必要最低限の勘所の響きの調整は必要だということ。

 

そして多くのプロ現場では
二本の楽器の持ち替えやボリューム合わせが当たり前になっていて、
当初のようにアンプの本質的な部分だけに絞れば絞るほど、
かえって便利のために追加したくなるペダル等の
メーカー独自の色づけに
困ってしまった相談が多かった、というわけです。
 
 
そこで、こういった不満に応えるために、
理想と現実をきちんと把握した基本形を
MONOSASHIにこそ反映させようと決まったのが、
ここに至った理由です。

 
 


 
Q5、大きさについて
 
MONOSASHI はどれくらいの大きさでしょうか?
今のMONOSASHIとどれくらい違いますか?
  
A、現行に近いサイズ感に留めいています。
 
W200 H80+足  D140+つまみ 
 
また、重さは未定ですが、
現行とさほど変わらないでしょう。 

 
 

MONOSASHI higerと新MONOSASHIのケースは
パネルや機能以外は同一のものです。
 


 

Q6、付属品など
 
MONOSASHI の付属品などは?
  
A、専用ACアダプター・
マニュアル・保証書が付属します。
 
 


 
Q7、アップグレードやプリアンプの仕様について
 
MONOSASHI higherに追加できるプリアンプというのは、
このMONOSASHIとは違うものでしょうか?
  

 

A、同じものです。

 

MONOSASHI higherと電源回路や筐体構造を共通のデザインにし、
アンバランスの回路を共通にしておくことで、
 
MONOSASHIを後々
「MONOSASHI higherのアンバランスMONOSASHI追加搭載モデル」へ
有償アップグレードさせることができるように予め想定し、設計致しました。
 
これにより、現在のニーズに合わせて導入後、
後から買い換えせずに拡張させることができるようになります。
 

Q1、リアパネルにあるEX inputとは??
 
A、別売予定のLoop Systemに対応するための専用インプットジャックです!

 

 Loop Systemは足元に配置するバッファーアンプ内蔵の エフェクトループ機能付きの
A/B ボックスです。
 
MONOSASHIのアンプの性能の一部を
足元まで拡張できる魅力があります。
 
 
 

Q2、EX inputに
Vintage Faceのプラグ型アンプ
”SWITCH”は接続できますか??
 
A、仕様が異なるため直結はできません。ただし別売予定のLoop Systemの方でSWITCHにも対応します。

 
 
 
 

Q3、サウンドの違い
 
新しいMONOSASHI と 以前のMONOSASHIでは
音やポテンシャルはどれくらい違うのでしょうか?
 
 
A、今回のフラグシップシリーズの進化更新は新回路の設計のみならず、電源回路や基本機能の見直しなど全てが大幅に変更されています。
 
MONOSASHIのコンセプトや目的である、
「演奏表現に追随する」
「あなたの演奏表現のモノサシとなる環境を作る手助けをする」
といった目的に
よりフィットするようになり、
従来のMONOSASHIよりも
さらに自然で弾いたままのサウンドを形にするというものになっています。

 
 


 

 

 

Q4、機能が増えた意味

 

 
新しいMONOSASHI はなぜこれまでのMONOSASHIよりも基本機能を増やしたのでしょうか?
コンセプト的には余分な機能は少ない方が良いのでは??

 

 
 
A、これにはちょっとしたストーリーを振り返る必要があります。

 

Vintage Faceのスタートと同時に世に出たのがMONOSASHIで、
その当時は演奏表現に追随するアンプ自体に選択肢がなく、
 
楽器アンプ以外の機材を含め試行錯誤を続けているベーシスト達は
その選択肢の探求とトライアンドエラーに困り続けていました。
 

 

「余分な機能を一切つけなくても良いので、ただアンプという基本性能を極限まで高めた一台を作れないか」

 

と。。
 

 

それを遂に形にしたのが
これまでのMONOSASHIです。
 
 
 
それから4年間、
世界の名だたるベーシストの元へ広がっていったMONOSASHIは
各国のプロ現場でのフィードバックを頂き続け、またそれぞれのニーズに合うカスタムオーダー等の相談も受けてきました。
 

 

それらからよくわかったことは
理想的なアンプシステムさえ毎回持ち運べばいつもの同じサウンドが鳴ってくれるわけではなく、会場特性の響きの影響を受け、そして必要に応じて組み合わせる足元の機材の特性にも想像以上に影響を受けてるということです。

 

 
現実には音作りとしてのEQが必要なくとも必要最低限の勘所の響きの調整は必要だということ。

 

そして多くのプロ現場では
二本の楽器の持ち替えやボリューム合わせが当たり前になっていて、
アンプの本質的な部分だけに頑なに絞れば絞るほど、かえって便利のために追加したくなるペダル等で荷物が増えてしまったり、それによる機材のメーカー独自の色づけに困ってしまった例が出てきたり、悩みもでてきてしまうというわけです。
 
 
そこで
こういった不満に応えるために、
理想と現実をきちんと把握した基本形をMONOSASHIにこそ反映させようと決まったのが、
ここに至った理由です。

 
 


 
Q5、大きさについて
 
MONOSASHI はどれくらいの大きさでしょうか?今のMONOSASHIとどれくらい違いますか?
  
A、現行に
近いサイズ感に留めいています。
 
W200 H80+足  D140+つまみ 
 
また、重さは未定ですが、
現行とさほど変わらないでしょう。 

 
 

MONOSASHI higerと新MONOSASHIのケースは
パネルや機能以外は同一のものです。
 


 

Q6、付属品など
 
MONOSASHI の付属品などは?
  
A、専用ACアダプター・
マニュアル・保証書が付属します。
 
 


 
Q7、アップグレードやプリアンプの仕様について
 
MONOSASHI higherに追加できるプリアンプというのは、
このMONOSASHIとは違うものでしょうか?
  

 

A、同じものです。

 

MONOSASHI higherと電源回路や筐体構造を共通のデザインにし、
アンバランスの回路を共通にしておくことで、
 
MONOSASHIを後々
「MONOSASHI higherのアンバランスMONOSASHI追加搭載モデル」へ
有償アップグレードさせることができるように予め想定し、設計致しました。
 
これにより、現在のニーズに合わせて導入後、
後から買い換えせずに拡張させることができるようになります。
 

 
ご覧頂きありがとうございます!
1-2月に予定しております正式発売を楽しみにお待ちください!