無理にライン音を
プリアンプやシュミレーターなどでいじらなくとも
たった一つのDIだけで
自然で豊かに、立体的に、PAさんにも喜ばれる…
そんな音を出したい人は他にいませんか?

無理にライン音をプリアンプやシュミレーターなどでいじらなくとも
たった一つのDIだけで自然で豊かに、立体的に、PAさんにも喜ばれる…そんな音を出したい人は他にいませんか?

いままでのDIは、こだわってみて「まあ、許容範囲レベル」、借り物でいいかぁと妥協してみると「あ〜、やっぱり失敗した〜レベル」でしたよね。

 

ライブで、せっかく自分がわざわざ持っていっても、ライブハウスの用意されたものでも、期待しているほどどれも大きな違いがなく、アンプのように心地良い響きは得られず、、

 


そこでDIにアンプのような歪み感を追加するのには⚪︎⚪︎を使って、空間を感じさせる為には⚪︎⚪︎を使って、、と音をいじってからでないとペタッと張り付いたような不自然な音で、使い物にならない。

 

結果。流石に口に出しては言わないけれど、内心、DIなんてどうでもよくなってきてしまいます。でも、せっかく買ったのだからと使ってはいるものの、本当に最高と思えるものには出会えていない。

 

「DIはベースサウンドの鍵を握る」なんて雑誌には書いてあったりするけどどこがやねん。。。

 


なぜ、DIの変化を感じられないのか?
 
 
 

 

DIとは音を変化させるものでは
ありませんでした

 

まず、基本的にDIとは、ミキサーまでのノイズ対策やインピーダンス変換がメインの役割であり、音を変化させるものではないのです。

 

もちろん、シールドを変えれば音の変化があるのと一緒で、メーカーによって音の方向性はわずかながら違いはあります。ただし、わずかながらです、、、

 

そして、他社との違いを出す為に歪み感を追加したり、EQを追加しています。これは結局のところ、DIの前段階に歪みエフェクターや、プリアンプをかましている感覚と同じなのです。

 

あれあれ、、、、
でも、エフェクターや、プリアンプが違うと音質的に大きく違うんじゃないの??

 

そう思った人はいるとお思いますが、ちょっと待ってください!!

 

私たちはアンプの重要性をよく知っていますよね。
先ほどの、「DIの前段階に歪みエフェクターや、プリアンプをかましている感覚と同じ」と書きました。
そう、DIも私たちが普段使っているベースアンプと考え方はほとんど一緒なんです。

 

ニュアンスを出したいのにしっかりと出てくれないアンプ。手前のエフェクターで音を変えても、そもそものアンプの不満は解消されないまま。音は変わっても不満はそのままだったということに、私たちはたくさん悩まされましたよね。

 

もう、シンプルにしっかりと音が出て欲しいんだよ、いい加減にしてくれ。。。。そんな気持ちでVintage Faceを知った方、手にした方も多いと思います。

 


その感覚を覚えているなら、全く同じようにDIにも同じ苛立ちを抱えるのは当たり前だということは言うまでもありません。
 
 
 
 

プロ現場で使用されているDIと
同じものを使ったらどうか?
 

「プロ現場で使用されているスタンダードなものを使えば同じ音になるはず。」
だれもがそう思って目標のミュージシャンと同じものを手にしたと思いますが、結果は惨敗だったか、少し近づいたけど理想とはほど遠い、という状況。
この残念な結果は、音が出るまでの経路に隠されていました。
 
 

ベース

DI
↓ 
ミキサー(マイクプリアンプ部分)

L Rのパワーアンプ 

L Rのスピーカー
 
 


上記の流れでベースアンプ(特にVintage FaceのMONOSASHIの役割の部分)と同じ役割をするのはどこかというと、「ミキサーのマイクプリアンプ」部分にあたります。
 
DIから届いた音を、マイクプリアンプで何百倍、場合によっては1000倍近い増幅をし、パワーアンプへと送ります。ここの増幅のされ方がDIの場合、特に結果を分ける重要な部分なのです。
 
でもDIの先にあるマイクプリアンプって、そもそもPAさん側の機材ですよね。だから、あなたがマイクプリアンプの手前にあるDIを仮に「プロと同じDI」にしたとしても、PAさんが使用している機器の種類が違えば、スピーカーから出る音は変わってしまうのです。
 
ここで例を出しますね。
16chの大型ミキサーに内蔵しているマイクプリアンプ。仮に各チャンネルあたり3万円くらいのコストをかけているとして、16ch分で48万円になるわけですが、結局ベースで使われる1chに注目すれば3万円ということになります。それが悪いというわけではないんですが、私たちがスタジオなんかで何も気にせずにDIを接続するシーンを思い受かべると、こういったミキサー内部のマイクプリアンプを使用するという使い方になっていますよね。
 
でもプロ現場ではどうなっているかというと、マイクプリアンプというのは何もミキサー内部に入ったものを使う必要はないのです。ラックで2-30万くらいのマイクプリアンプを積み上げている例だって珍しくありません。つまりDIの後も、結構な機材を利用してサウンドが出来上がっていたりするわけです。
 
 
 
かといって、
PAさんが扱うマイクプリアンプなどの機材まで、ただでさえ多い機材に加えて、こちらで持ち込めば良いのか?
 
それはちょっと現実的ではないですよね。。汗
でもがっかりしないでください。
 
PAさんに迷惑をかけず、
あなたの持ち込む機材の量も増やさずに、
これらの問題を一気に解決させる方法があるとしたら??
 
実はあるんです。
その秘密をこれからご紹介しましょう。
 
 
 
 

 発見!?マイクプリアンプ自体が不要になる方法

 
 
それはマイクプリアンプを使用せずに、DIの方で+αその役割までしてくれる機種=「ラインレベル」のDIを選ぶ事だったのです。

ラインレベルのDIは、現場ごとの異なるマイクプリアンプの影響を受けずにすむので、期待しているいつものサウンドを再現しやすいと言えますよね。
すでに、7万ほどのDIでも、ラインレベル出力のDIは存在します。
 
ただし!
それを使用すればいい、と言いたいところですが。
その方法自体が私たちが期待していた、プロと同じような音を再現できる、ということではないんです。
 
というのも、
プロ現場ではミュージシャンのために
DI以降に接続するマイクプリアンプなどについて、高品質な機材を惜しみなく組み合わせ、それを土台にテックさんやエンジニアさんの腕がさらに加わって出来上がる最高な音、であるからです。
 
それがただ「ラインレベルのDI」であるだけで求めている結果を生み出せるか?ということはまた別の話になります。
 

そこで、私たちは考えました。
要となるマイクプリアンプ的な増幅部分までもを、Vintage FaceのMONOSASHIのようにすることができたら。。
 
テックさんが機材を駆使してサウンドメイキングしなくとも、元の音そのものをこれまでより立体的に、レスポンスよく、届けることができるならば?
 
ラインレベルのDIという仕組みを活用し、MONOSASHIのように、自然で豊かに、立体的に出力できるDIを開発することにしたのです。
 
 
それが
 
 
 
 
 

 
 

いままでのDIは、こだわってみて「まあ、許容範囲レベル」、借り物でいいかぁと妥協してみると「あ〜、やっぱり失敗した〜レベル」でしたよね。

 

ライブで、せっかく自分がわざわざ持っていっても、ライブハウスの用意されたものでも、期待しているほどどれも大きな違いがなく、アンプのように心地良い響きは得られず、、

 


そこでDIにアンプのような歪み感を追加するのには⚪︎⚪︎を使って、空間を感じさせる為には⚪︎⚪︎を使って、、と音をいじってからでないとペタッと張り付いたような不自然な音で、使い物にならない。

 

結果。流石に口に出しては言わないけれど、内心、DIなんてどうでもよくなってきてしまいます。でも、せっかく買ったのだからと使ってはいるものの、本当に最高と思えるものには出会えていない。

 

「DIはベースサウンドの鍵を握る」なんて雑誌には書いてあったりするけどどこがやねん。。。

 


なぜ、DIの変化を感じられないのか?
 
 
 

 

DIとは音を変化させるものではありませんでした

 

まず、基本的にDIとは、ミキサーまでのノイズ対策やインピーダンス変換がメインの役割であり、音を変化させるものではないのです。

 

もちろん、シールドを変えれば音の変化があるのと一緒で、メーカーによって音の方向性はわずかながら違いはあります。ただし、わずかながらです、、、

 

そして、他社との違いを出す為に歪み感を追加したり、EQを追加しています。これは結局のところ、DIの前段階に歪みエフェクターや、プリアンプをかましている感覚と同じなのです。

 

あれあれ、、、、
でも、エフェクターや、プリアンプが違うと音質的に大きく違うんじゃないの??

 

そう思った人はいるとお思いますが、ちょっと待ってください!!

 

私たちはアンプの重要性をよく知っていますよね。
先ほどの、「DIの前段階に歪みエフェクターや、プリアンプをかましている感覚と同じ」と書きました。
そう、DIも私たちが普段使っているベースアンプと考え方はほとんど一緒なんです。

 

ニュアンスを出したいのにしっかりと出てくれないアンプ。手前のエフェクターで音を変えても、そもそものアンプの不満は解消されないまま。音は変わっても不満はそのままだったということに、私たちはたくさん悩まされましたよね。

 

もう、シンプルにしっかりと音が出て欲しいんだよ、いい加減にしてくれ。。。。そんな気持ちでVintage Faceを知った方、手にした方も多いと思います。

 


その感覚を覚えているなら、全く同じようにDIにも同じ苛立ちを抱えるのは当たり前だということは言うまでもありません。
 
 
 
 

プロ現場で使用されているDIと同じものを使ったらどうか?
 

「プロ現場で使用されているスタンダードなものを使えば同じ音になるはず。」
だれもがそう思って目標のミュージシャンと同じものを手にしたと思いますが、結果は惨敗だったか、少し近づいたけど理想とはほど遠い、という状況。
この残念な結果は、音が出るまでの経路に隠されていました。
 
 

ベース

DI
↓ 
ミキサー(マイクプリアンプ部分)

L Rのパワーアンプ 

L Rのスピーカー
 
 


上記の流れでベースアンプ(特にVintage FaceのMONOSASHIの役割の部分)と同じ役割をするのはどこかというと、「ミキサーのマイクプリアンプ」部分にあたります。
 
DIから届いた音を、マイクプリアンプで何百倍、場合によっては1000倍近い増幅をし、パワーアンプへと送ります。ここの増幅のされ方がDIの場合、特に結果を分ける重要な部分なのです。
 
でもDIの先にあるマイクプリアンプって、そもそもPAさん側の機材ですよね。だから、あなたがマイクプリアンプの手前にあるDIを仮に「プロと同じDI」にしたとしても、PAさんが使用している機器の種類が違えば、スピーカーから出る音は変わってしまうのです。
 
ここで例を出しますね。
16chの大型ミキサーに内蔵しているマイクプリアンプ。仮に各チャンネルあたり3万円くらいのコストをかけているとして、16ch分で48万円になるわけですが、結局ベースで使われる1chに注目すれば3万円ということになります。それが悪いというわけではないんですが、私たちがスタジオなんかで何も気にせずにDIを接続するシーンを思い受かべると、こういったミキサー内部のマイクプリアンプを使用するという使い方になっていますよね。
 
でもプロ現場ではどうなっているかというと、マイクプリアンプというのは何もミキサー内部に入ったものを使う必要はないのです。ラックで2-30万くらいのマイクプリアンプを積み上げている例だって珍しくありません。つまりDIの後も、結構な機材を利用してサウンドが出来上がっていたりするわけです。
 
 
 
かといって、
PAさんが扱うマイクプリアンプなどの機材まで、ただでさえ多い機材に加えて、こちらで持ち込めば良いのか?
 
それはちょっと現実的ではないですよね。。汗
でもがっかりしないでください。
 
PAさんに迷惑をかけず、
あなたの持ち込む機材の量も増やさずに、
これらの問題を一気に解決させる方法があるとしたら??
 
実はあるんです。
その秘密をこれからご紹介しましょう。
 
 
 
 

 発見!?マイクプリアンプ自体が不要になる方法

 
 
それはマイクプリアンプを使用せずに、DIの方で+αその役割までしてくれる機種=「ラインレベル」のDIを選ぶ事だったのです。

ラインレベルのDIは、現場ごとの異なるマイクプリアンプの影響を受けずにすむので、期待しているいつものサウンドを再現しやすいと言えますよね。
すでに、7万ほどのDIでも、ラインレベル出力のDIは存在します。
 
ただし!
それを使用すればいい、と言いたいところですが。
その方法自体が私たちが期待していた、プロと同じような音を再現できる、ということではないんです。
 
というのも、
プロ現場ではミュージシャンのために
DI以降に接続するマイクプリアンプなどについて、高品質な機材を惜しみなく組み合わせ、それを土台にテックさんやエンジニアさんの腕がさらに加わって出来上がる最高な音、であるからです。
 
それがただ「ラインレベルのDI」であるだけで求めている結果を生み出せるか?ということはまた別の話になります。
 

そこで、私たちは考えました。
要となるマイクプリアンプ的な増幅部分までもを、Vintage FaceのMONOSASHIのようにすることができたら。。
 
テックさんが機材を駆使してサウンドメイキングしなくとも、元の音そのものをこれまでより立体的に、レスポンスよく、届けることができるならば?
 
ラインレベルのDIという仕組みを活用し、MONOSASHIのように、自然で豊かに、立体的に出力できるDIを開発することにしたのです。
 
 
それが
 
 
 
 
 

 
 

MONOSASHI higher とは

 □エレクトリック楽器の世界に
アコースティック楽器のような感覚・楽しみを

 
従来のDIやベースアンプ、プリアンプの
「独特な サウンドの個性や音色の好き嫌い」
といった世界観からあなたを解放し、
エレクトリック楽器の世界に
まるでアコースティック楽器を扱っているような感覚・音色を
体でコントロールできる楽しみ・きっかけを提供するもの。
それがMONOSASHI higherです!
 
 
 
 

□世界中のベーシストによる
フィードバックやニーズを反映

 
MONOSASHI higherは
その前身となるM-DI mk2やM-DI、変化形であるBASHOを使用している
世界中のプロミュージシャンのフィードバックやニーズを反映。
基本的なサウンドの良さはもちろんのこと、
ありそうでなかった機能面での使い勝手の良さを反映させました。
 
 
複数のベースを使い分けする場合、
その意味のある
サウンドの ディティールまで ライン音に反映させること。
 
 
ツアーに出ている際に
音質劣化の少ない楽器の持ち替えA/B切り替えを
ラインセレクターを使わずに本体でできること。
 
二本の異なるボリュームを持った楽器を
一種類のアンプ・DI、
ひとつのPA回線で使用するために
音量合わせを機材を追加せずに可能にすること。
使わないミックス機能のためにミキサー回路を追加しないこと。
 
大きい切り替えノイズの出ないミュート機能
など。
 
望まれていたけれどもこれまで存在しなかった、
超高音質と実用的な機能をぴったり共存させました。
 
 
 

”アナログ機材の影響率を極力大きくできる仕組み”
戦略的に形にしました。

 
デジタルミキサー・DSPエフェクト。
会場ごとでどうしても大きく変わってしまう音響システム。
そしてその空間の特性。
 
レコーディング環境のように一定のクオリティを確保することは難しく、
サウンド面ではどうしても犠牲になるものがあります。
 
そんななかでも、
機材の作リ手としてどこの会場にいっても
一定以上の”サウンドの良さ”に貢献できるようにできないものか?
と試し続けてきました。
 
 
 
ミキサー卓までは 必ずVintage Faceによる良質なアナログ部で
ラインレベルまで増幅した信号を届けられるようにすることで
サウンドが曇ってしまう要因を軽減できるようにしました。
 
 
そして同時に
よりベーシストが音楽的な表現に集中することで
機材の持ち味よりももっと大切なものを発信していく力が
良い影響をもたらすのではないでしょうか。
 
 
 
 
 

□難しい操作はなく、誰でも簡単に使えます!

MONOSASHI higherには
ボリュームつまみとローカット機能以外は、
ミュートスイッチくらいしかありません。
 
すぐに宅録やレコーディング現場に、
ライブ現場に持ち込んで使用することができるでしょう。
 
 
 

□音が本当にまっすぐに前に出てくる
(明瞭な発音)

イコライザーでは変えることができなかった「発音」の部分。
人によってはそれを「勢い」だとか「元気の良さ」ととらえている部分です。
 
言語・英語でも「発音」という分野がありますよね。楽器演奏にも発音というものがあります。
 
その発音の違いが
明瞭にわかるように開発されています。
 
だからこそこれまで以上に弾いたまま忠実に、
クイックなレスポンスで音を感じることになるのです。
 
 
 
 
 

 □流行り廃りのないサウンド

 流行り廃りのないサウンド・デザインなので
一時の流行で使用し、
またすぐ違うトレンドがきてしまうような、
飽きてしまうタイプの機材ではありません。
 
長年使用する楽器と同じように、
長期的なメイン機材になるでしょう。
 
 
 

 □エレクトリック楽器の世界に
アコースティック楽器のような感覚・楽しみを

 
従来のDIやベースアンプ、プリアンプの
「独特なサウンドの個性や音色の好き嫌い」
といった世界観からあなたを解放し、
エレクトリック楽器の世界に
まるでアコースティック楽器を扱っているような感覚や
音色を体でコントロールできる楽しみ・きっかけを提供するもの。
それがMONOSASHI higherです!
 
 
 
 

□世界中のベーシストによる
フィードバックやニーズを反映

 
MONOSASHI higherは
その前身となるM-DI mk2やM-DI、変化形であるBASHOを使用している 世界のプロミュージシャンのフィードバックやニーズを反映。 基本的なサウンドの良さはもちろんのこと、 ありそうでなかった機能面での使い勝手の良さを反映させました。
 
 
複数のベースを使い分けする場合、その意味のあるサウンドのディティールまでライン音に反映させること。
 
 
ツアーに出ている際に
音質劣化の少ない楽器の持ち替えA/B切り替えをラインセレクターを使わずに本体でできること。
 
二本の異なるボリュームを持った楽器を
一種類のアンプ・DI、ひとつのPA回線で使用するために
音量合わせを機材を追加せずに可能にすること。
使わないミックス機能のためにミキサー回路を追加しないこと。
 
大きい切り替えノイズの出ないミュート機能など。
 
望まれていたけれどもこれまで存在しなかった、超高音質と無駄のない実用的な機能をぴったり共存させました。
 
 
 

”アナログ機材の影響率を極力大きくできる仕組み”戦略的に形にしました。

 
デジタルミキサー・DSPエフェクト。
会場ごとでどうしても大きく変わってしまう音響システム。そしてその空間の特性。
 
レコーディング環境のように一定のクオリティを確保することは難しく、サウンド面ではどうしても犠牲になるものがあります。
 
そんななかでも、
機材の作リ手としてどこの会場にいっても 一定以上の”サウンドの良さ”に貢献できるようにできないものか?と試行錯誤を続けてきました。
 
 
 
 
そこで、ミキサー卓までは必ずVintage Faceによる良質なアナログ部でラインレベルまで増幅した信号を届けられるようにすることでサウンドが曇ってしまう要因を軽減できるようにしました。
 
 
そして同時に
よりベーシストが音楽的な表現に集中することで機材の持ち味よりももっと大切なものを発信していく力が良い影響をもたらすのではないでしょうか。
 
 
 
 

□PA用パワーアンプに接続するための
ベース用HAとしても

MONOSASHI higherはXLRアウトをDIとして使用しない場合、パワーアンプレスのベースアンプヘッドとして活躍します。 つまり、XLRインを備えたPA用パワーアンプに接続することで、昔ながらのアンプヘッドではありえなかった、演奏にどこまでも追随するような新しいベースアンプヘッドを構築することができるんです。
 
 
 

□難しい操作はなく、誰でも簡単に使えます!

MONOSASHI higherには
ボリュームつまみとローカット機能以外は、
ミュートスイッチくらいしかありません。
 
すぐに宅録やレコーディング現場に、
ライブ現場に持ち込んで使用することができるでしょう。
 
 
 

□音が本当にまっすぐに前に出てくる
(明瞭な発音)

イコライザーでは変えることができなかった「発音」の部分。人によってはそれを「勢い」だとか「元気の良さ」ととらえている部分です。
 
言語・英語でも「発音」という分野がありますよね。楽器演奏にも発音というものがあります。その発音の違いが明瞭にわかるように開発されています。
 
だからこそこれまで以上に弾いたまま忠実に、
クイックなレスポンスで音を感じることになるのです。
 
 
 
 
 

 □流行り廃りのないサウンド

 流行り廃りのないサウンド・デザインなので
一時の流行で使用し、またすぐ違うトレンドがきてしまうような、飽きてしまうタイプの機材ではありません。
 
長年使用する楽器と同じように、
長期的なメイン機材になるでしょう。
 
 
 

MONOSASHI higherで実現すること

MONOSASHI higherで
実現すること

 

 
□他にはないリアルな演奏感

・エレクトリック楽器でありながら、
まるでアコースティック楽器を扱っているような演奏感覚を得ることができるでしょう。
(音を自分が操っている・創り出しているという感覚)
 
 
 
 

□オーディエンスやバンドメンバーに
より自分の演奏の意図を伝えやすいサウンドに

 
・備え付けのDIに比べ、
DI〜マイクプリアンプ間を置き換えるような役割をするため
DIとしての個性の違い以上に
一音一音がより自然に立体的に伝わるような効果を体感できるでしょう。
 
 
 
 
 

□最小限の機材でも豊かなトーン

・ケーブルなど 必要最低限のこだわり以外では、
他に何の機材を使っているわけでもないのに
空気感のある太さや立体的なサウンドを出せるようになる
きっかけをきっと手にしています。
 
(きっかけというのは、当然演奏者の腕がそのまま音になるからです)
 

 
 

□雨の日でも運搬に困らない

MONOSASHI higherは
良質なリニア電源をもつオールディスクリート回路なのに対し、
コンパクトサイズで軽量です。
持ち運びには大きな苦痛が生じません。
 
ドラム用のバッグを利用したり、
専用のハードケースに入れる。
あるいはリュックの中に入れて持ち運びも。
 
 
 

□本当に必要なペダル以外は全て外すことができる

MONOSASHI higher自体に録音する上での必須な機能を備えているため、
多くの場合で便利機能のためのペダルは不要になってしまうでしょう。
 
持ち歩くとしても厳選した数個のペダルだけで十分になり、荷物はより軽く、より音質は前よりも向上。
いいことだらけの連鎖が始まります!
 
 
 

□成長が音に反映される楽しみ

・毎日の練習や録音に使用することになるでしょう。
腕を磨けば磨いたぶんが綺麗に音が出る機材を持てることで、
一音一音の発音の大切さも感じられ、
長い目でみればそういったことの積み重ねでグルーブの捉え方に変化が出てくることも期待できるかもしれません。
 
サウンド作りも根本的な部分から変わりだすことが期待できるでしょう。
 
 
 

□音楽に集中できる

・本当にいい楽器を手にいれた時の充実感と同じものを手にすることで、
これまでより多くのものに気をとられなくなり、
より音楽自体に接する機会が増えることも期待できるでしょう。

 
 
 

 

 
□他にはないリアルな演奏感

・エレクトリック楽器でありながら、
まるでアコースティック楽器を扱っているような演奏感覚を得ることができるでしょう。
(音を自分が操っている・創り出しているという感覚)
 
 
 
 

□オーディエンスやバンドメンバーに
より自分の演奏の意図を伝えやすいサウンドに

 
備え付けのDIに比べ、 DI〜マイクプリアンプ間を置き換えるような役割をするためDIとしての個性の違い以上に一音一音がより自然に立体的に伝わるような効果を体感できるでしょう。
 
 
 
 
 

□最小限の機材でも豊かなトーン

ケーブルなど必要最低限のこだわり以外では、他に何の機材を使っているわけでもないのに空気感のある太さや立体的なサウンドを出せるようになる きっかけをきっと手にしています。
 
 

 
 

□雨の日でも運搬に困らない

MONOSASHI higherは 良質なリニア電源をもつオールディスクリート回路なのに対し、
コンパクトサイズで軽量です。 持ち運びには大きな苦痛が生じません。
 
ドラム用のバッグを利用したり、 専用のハードケースに入れる。
あるいはリュックの中に入れて持ち運びも。
 
 
 

□本当に必要なペダル以外は
全て外すことができる

MONOSASHI higher自体に録音する上での必須な機能を備えているため、多くの場合で便利機能のためのペダルは不要になってしまうでしょう。
 
持ち歩くとしても厳選した数個のペダルだけで十分になり、荷物はより軽く、より音質は前よりも向上。
いいことだらけの連鎖が始まります!
 
 
 

□音楽に集中できる

本当にいい楽器を手にいれた時の充実感と同じものを手にすることで、これまでより多くのものに気をとられなくなり、より音楽自体に接する機会が増えることも期待できるでしょう。

 
 
 

機能・ルックス

 
MONOSASHI higherのフロントには二本の楽器を入力するジャックが備わり 
A/Bスイッチ・音量差を調整するボリュームが備わり実用性もグレードアップ。
  
各チャンネルにインピーダンス切り替えスイッチが搭載され、 
パッシブ・アクティブ・エフェクター通過後など信号のマッチングも 
よりやり易く、わかりやすくなりました。 
 
 お馴染みのワンポイントの赤つまみがマスターボリュームです。 
その隣にはミュートスイッチと、 
以前までのWABI-SABIでお馴染みのローカット機能 
(以前の名称 ローエンドコントロール)が 
標準搭載されました。 
 
これは主にDIとしてではなく
PA用パワーアンプに接続させる時に役立てる機能ですね。
  
ベースの音作りのためではなく、 
演奏環境でローが回ってしまう場合にとても 有効な機能です。 
 EQでローカットするのとは違い、 
楽器の充実した低音感になるべく影響を与えないよう 
配慮がされています。 
  
サイドからの見た図。 
以前のMONOSASHIとサイズ感はほとんど変わりません。 
また、アンバランスアウト仕様の新しいMONOSASHIと
同じサイズのケースです。
 
リアパネル側。 
WABI-SABI同様、EX インプットが備わりました。 
このEXインプットは別売のループシステムを接続することに対応しており、 
ペダルボードとの親和性が増し、また足元でミュートをしたいなどの 
現場のニーズにも応えることができます。 
  
その上のスイッチは 
インプットAの信号をEXインプットからの信号にするか、 
フロントパネルからのフォン入力にするかを選択します。 
  
 
 
手前には電源スイッチと専用ACアダプターのインプット。 
その奥に見えるXLR端子からバランスアウトします。
その上にはフェイズスイッチ・グランドリフトが備わります。
 
 
続いてフォンジャックが2種類。 
  
・アンバランスアウト
(ミュート機能が反映) ボリューム操作可能なスルーアウト

・スルーアウト
ミュート機能は反映せずオンオフに関わらず信号が流れる仕様) 
 
となっています。
 
アンバランスアウトはオプションで
アンバランス型のMONOSASHIプリアンプを追加搭載することもできます。
そうすれば一台二役のDI+アンバランスMONOSASHIという形にも!
 
 
MONOSASHI higherのフロントには二本の楽器を入力するジャックが備わり A/Bスイッチ・音量差を調整するボリュームと、実用性もグレードアップ。
  
各チャンネルにインピーダンス切り替えスイッチが搭載され、 パッシブ・アクティブ・エフェクター通過後など信号のマッチングも よりやり易く、わかりやすくなりました。 
 
 お馴染みのワンポイントの赤つまみがマスターボリュームです。  その隣にはミュートスイッチと、 以前までのWABI-SABIでお馴染みのローカット機能 (以前の名称 ローエンドコントロール)が 標準搭載されました。 
 これは主にDIとしてではなくPA用パワーアンプに接続させる時に役立てる機能ですね。 ベースの音作りのためではなく、 演奏環境でローが回ってしまう場合にとても 有効な機能です。  EQでローカットするのとは違い、 楽器の充実した低音感になるべく影響を与えないよう 配慮がされています。 
  
サイドからの見た図。
  以前のMONOSASHIとサイズ感はほとんど変わりません。 
また、アンバランスアウト仕様の新しいMONOSASHIと 同じサイズのケースです。
 
リアパネル側。 
WABI-SABI同様、EX インプットが備わりました。 
このEXインプットは別売のループシステムを接続することに対応しており、 ペダルボードとの親和性が増し、また足元でミュートをしたいなどの 現場のニーズにも応えることができます。 
  
その上のスイッチは インプットAの信号をEXインプットからの信号にするか、 フロントパネルからのフォン入力にするかを選択します。 
  
 
 
手前には電源スイッチと専用ACアダプターのインプット。
  その奥に見えるXLR端子からバランスアウトします。
その上にはフェイズスイッチ・グランドリフトが備わります。
 
 
続いてフォンジャックが2種類。 
  
アンバランスアウト
(ミュート機能が反映) ボリューム操作可能なスルーアウト

スルーアウト
ミュート機能は反映せずオンオフに関わらず信号が流れる仕様) 
 
となっています。
 
アンバランスアウトはオプションで アンバランス型のMONOSASHIプリアンプを追加搭載することもできます。 そうすれば一台二役のDI+アンバランスMONOSASHIという形にも!
 

MONOSASHI higherの使い方

 
 
 

では、
MONOSASHI higherの全体像が見えたところで、
今度は使い方を見てみましょう。
 

 
 


ベース

MONOSASHI higher(DI)
 
↓ 
ミキサー(マイクプリアンプ部分を通さないでライン入力)

L Rのパワーアンプ 

L Rのスピーカー
 
 

 

今までのDIをMONOSASHI higherに変えるだけ。
 
実際、様々なプロ現場でご使用頂いておりますが、プロのエンジニアさんから非常に評判が良く。エンジニアさんの方でほとんど音をいじらずに出していることも多いようなんです。
 

エンジニアさんの方でほとんど音をいじらずに出しているということは、私たちが期待していた、プロと同じような音を出せる、そんな土台ができている、ということですよね!



 
 

サウンドサンプル

これまでのM-DIを知り尽くした名手!
川崎哲平さんによるサウンドサンプル
三種類を収録しました!

これまでのVintage Face/M-DIを知り尽くした名手

川崎哲平さんによる
サウンドサンプル!!

 
 

Profile

川崎哲平

Electric & Uplight Bassist フェイスミュージック所属
1980年福岡生まれ。中学3年からギターを始めるが高校3年の時にベースに転向。その後音楽専門学校に入学し在学中より福岡でプロ活動開始。2005年からは活動拠点を関東に移し、フリーのベーシストとしてレコーディング、ツアー、ライブサポート、セッション、TV収録、CM録音などで活動。
ポップスからインストゥルメンタルまで幅広くプレイ出来るスタイル。エレキベースとコントラバスの両刀使いでもある
 

<主なレコーディング参加アーティスト(50音順)>
嵐、杏里、いきものがかり、KUT-TUN、倖田來未、島谷ひとみ、SMAP、田村ゆかり、タッキー&翼、テゴマス、トータス松本、一青窈、槇原敬之、松田聖子、渡辺美里、
など多数
 
<ツアー・ライブサポート(50音順)>
中孝介、阿部真央、伊東たけし(T-SQUARE)、上戸彩、池田聡、華原朋美、CHEMISTRY、
DIMENSION、DEEN、トータス松本、中西保志、元ちとせ、ピンクレディー、槇原敬之、
薬師丸ひろ子、など多数
 
<TV>
FNS歌謡祭2012,2013、僕らの音楽、MUSIC FAIR、NHK SONGS、プレミア音楽祭2012,2013
など
 
 
 
<Ofiicial Web Site>
Ofiicial Web Site

<川崎哲平さんのシグネーチャーベース
Sadowsky TYO Teppei Model
ベース詳細をチェック

<教則本>
グルーブを生むスラップベース
Amazonからチェック
 
 

 
 

Profile

川崎哲平

Electric & Uplight Bassist フェイスミュージック所属
1980年福岡生まれ。中学3年からギターを始めるが高校3年の時にベースに転向。その後音楽専門学校に入学し在学中より福岡でプロ活動開始。2005年からは活動拠点を関東に移し、フリーのベーシストとしてレコーディング、ツアー、ライブサポート、セッション、TV収録、CM録音などで活動。
ポップスからインストゥルメンタルまで幅広くプレイ出来るスタイル。エレキベースとコントラバスの両刀使いでもある
 

<主なレコーディング参加アーティスト(50音順)>
嵐、杏里、いきものがかり、KUT-TUN、倖田來未、島谷ひとみ、SMAP、田村ゆかり、タッキー&翼、テゴマス、トータス松本、一青窈、槇原敬之、松田聖子、渡辺美里、
など多数
 
<ツアー・ライブサポート(50音順)>
中孝介、阿部真央、伊東たけし(T-SQUARE)、上戸彩、池田聡、華原朋美、CHEMISTRY、
DIMENSION、DEEN、トータス松本、中西保志、元ちとせ、ピンクレディー、槇原敬之、
薬師丸ひろ子、など多数
 
<TV>
FNS歌謡祭2012,2013、僕らの音楽、MUSIC FAIR、NHK SONGS、プレミア音楽祭2012,2013
など
 
 
 
<Ofiicial Web Site>
Ofiicial Web Site

<録音でも使われている川崎哲平さんのシグネーチャーベース>Sadowsky TYO Teppei Model


ベース詳細をチェック

<教則本>
グルーブを生むスラップベース
Amazonからチェック
 
 

 
 

 1、Sadowsky TYO Teppei Model フィンガーフレーズ


 
 

 
 

 2、Sadowsky PJ 5st (PBにモディファイ済み)


 
 

 
 

3、Sadowsky TYO Teppei Model スラップフレーズ

 

 

 
 
 

<録音方法>

 

 

ベースからMONOSASHI higherへ直結。
バランスアウトをApogee Symphony i/oの+4dbモードでそのまま受け、
Logic pro Xへダイレクトにライン録音。
また、Logic pro Xではベースに対してプロセッシングは行わず、
トラック全体に対してノーマライズなどマスタリングを行なっていません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 1、Sadowsky TYO Teppei Model フィンガーフレーズ


 
 

 
 

 2、Sadowsky PJ 5st (PBにモディファイ済み)


 
 

 
 

3、Sadowsky TYO Teppei Model スラップフレーズ

 

 

 
 
 

<録音方法>

 

 

ベースからMONOSASHI higherへ直結。
バランスアウトをApogee Symphony i/oの+4dbモードでそのまま受け、
Logic pro Xへダイレクトにライン録音。
また、Logic pro Xではベースに対してプロセッシングは行わず、
トラック全体に対してノーマライズなどマスタリングを行なっていません。
 
 
 
 

 
 
 

他社製品や他のVintage Face製品との違い

□オールディスクリート製法

まずベース用の製品と比較するのであれば、
それらではまず採用されない”オールディスクリート製法”により
作られていることが挙げられます。
 
イギリスのニーブなどに代表するマイクプリアンプやコンソールで有名で、
オールディスクリート製法というのは、
パーツひとつひとつを組み合わせて回路を組んでいく
昔ながら手間暇のかかる製法のことです。
 
 
量産品・ハンドメイドエフェクター問わず、
多くの機材は特徴としてIC・オペアンプといった「集積回路」という、
指の爪程度の面積くらいの小さな部品が
アンプの主要な動作をするコアな部分・
回路として使われているタイプのものが一般的です。
 
 
一方でオールディスクリート製法というのは
その集積回路の部分までも、
人の手である程度 面積を使って製作するタイプの製法になり
 その分製品としては内部に面積も必要で、
製作には余分に手間もかかります。
 
 
※サイズが大きいから必ずしも良いというものではありませんが、
爪の面積程度のICをディスクリートで組み直すと、
元々の小さなエフェクターの筐体を埋めるくらいの
基盤サイズになることも珍しくありません。
 
 
 
だからこそ低コストには向かず、
機材の大きさとしてもあまり小型化には向いていません。
 
 
その代わり、
集積回路にちょっと加工したりだとか、集積回路自体はそのままにその他のアナログパーツをこだわって変えるとは違い、
 
 
コアな部分から設計できる
 
=集積回路部分の動き方までを細かくコントロールすることができる
 
ということですので
 
職人の腕次第ですが
集積回路では実現が難しい細かな部分の配慮や狙いの積み重ね、
それが最終的なサウンドや反応に大きな影響を与え、
目的にぴったりな仕様を実現することができる。
それが一番の魅力です。
 
 
ただ、もちろん
どんな場合でもディスクリートが優れているわけではありません。
料理と一緒です。
下手な設計のディスクリート回路、、、
そういう場合がありますよね。
それだと余計に音や品質が悪く、動作も安定しません。。
 
 
Vintage Faceでは卓越した技術のエンジニアが
オリジナルで製品コンセプトにあった設計のディスクリート回路を設計し、
製作しています。
 
 
 
 
 

 □ 他社製ディスクリート機材との違い

ディスクリート製法といっても様々ですが、MONOSASHI higherは量産可能なプリント基板というものを使用せず、全てバラバラになっているディスクリートパーツを使用し、職人が一台一台丁寧に、ポイントトゥポイントの手配線で回路を制作、実装していくという非常に手間暇のかかる方法を採用しています。さきほど簡単にご紹介したオペアンプにもディスクリート版というものがあり、ほとんどの工場出荷製品としての”ディスクリート機材”はそういったものを採用する方法が普通です。ですが、MONOSASHI higherはそういったディスクリートオペアンプすら使用していませんので、まさに毎回一から作られる、ディスクリートの中でも最も手間暇のかかる製法で作られていると言えるでしょう。
 
これらの実に非効率な工程は現状の小規模生産体制ならではですが、これらもまた、サウンドの新鮮さに一役買っているのは間違いありません。

また制作する回路も他社製のディスクリートDI回路図を元にちょっといじったようなレベルのものとは全く異なり、ベーシストがどのようなピッキングの使い分けをしているのか、そういったリアルな視点を取り入れた回路を制作しています。
 
 
 
 
 

 □”持ち込む意味のあるもの”を
設計段階から戦略的に考え実現したデザイン

 
 「マイクレベルかラインレベルか」というような機材としての仕様・条件から先に決まってトップダウンで降りてきた、
企画に対しての答えとして作られたDIなのではなく
 
活躍しているベーシストが現場で抱えているリアルな悩みと
その解決策をベースに一歩引いた全体像から
全ての工程をフル活用してその答えを作り出されています。
 
仮に他社製DIで同じことを行おうとしても
丸々同じ結果を出すことはできないでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

□MONOSASHIとの違い

Vintage Faceの新しくなったMONOSASHIとの関係性。
これについては3つの見方・捉え方があります。
混乱しないように、ゆっくり読んでください。
 
 
<1つ目の見方>
MONOSASHI higherは
MONOSASHIのDI版。
 
これはシンプルですね。
MONOSASHIというのはアンプヘッドとしてのHAからスタート、
これがその後DIにも同様のコンセプトが使われたものがM-DI、
そしてMONOSASHI higherはM-DIの正統進化版であるということです。
 
 
<2つ目の見方>
MONOSASHI higherは
"PA用パワーアンプに接続するためのHAとして
MONOSASHIの上位機種”
というもの。
 
 
XLR入力できるPA用パワーアンプに対して
MONOSASHIをHAとして使用する場合と
MONOSASHI higherをHAとして使用した場合とを比較すると
MONOSASHI higherがより立体的で自然なサウンドを出せるという
「まだ上があるのか…!?」という信じられない結果を出すでしょう。
 
これはVintage Faceの最高峰のHAである証拠です。
 
 
 
<3つ目の見方>
MONOSASHI higherにオプションを付ければ、
「違いの出せるピュアなDI+MONOSASHI(パワーアンプレスベースアンプ)」
という、1台2役の役割の高性能HAとして。
 
従来機種でいうところのMONOSASHI Doppioがこれです。
 
 
※MONOSASHI higherの有料オプションで
あまり増幅されないバッファーアンプ出力のアンバランスアウトを
パワーアンプに接続するためのプリアンプアウトに変更する
ことが可能です。
このプリアンプアウト用回路こそが、
MONOSASHIの主要回路をそのまま採用しています。
 
 
 
 
 
 

□WABI-SABIとの違い

MONOSASHI higherはWABI-SABIから
オールディスクリートEQセクションを除き、
基本的なDI/HAとしての機能に絞ることで
シンプルさ・コンパクトさを追求したもの、
と言えるでしょう。
 
 
バランス回路などは同様の回路設計をベースに、
MONOSASHI higherとWABI-SABIで異なる個々の特性に合わせて
微調整されながら設計されています。
 
一台でキメ細かな音作りまでをもトータル的に行うことができる
上質かつフレキシブルなHAを求めている場合は
WABI-SABIがオススメです。

□オールディスクリート製法

オールディスクリート製法というのは、
パーツひとつひとつを組み合わせて回路を組んでいく
昔ながら手間暇のかかる製法のことです。
 
だからこそ低コストには向かず、
機材の大きさとしてもあまり小型化には向いていません。
 
 
その代わり、
集積回路にちょっと加工したりだとか、集積回路自体はそのままにその他のアナログパーツをこだわって変えるとは違い、
 
 
コアな部分から設計できる
 
=集積回路部分の動き方までを細かくコントロールすることができる
 
ということですので
 
職人の腕次第ですが
集積回路では実現が難しい細かな部分の配慮や狙いの積み重ね、
それが最終的なサウンドや反応に大きな影響を与え、
目的にぴったりな仕様を実現することができる。
それが一番の魅力です。
 
 
 

□ 他社製ディスクリート機材との違い


ディスクリート製法といっても様々ですが、MONOSASHI higherは量産可能なプリント基板というものを使用せず、全てバラバラになっているディスクリートパーツを使用し、職人が一台一台丁寧に、ポイントトゥポイントの手配線で回路を制作、実装していくという非常に手間暇のかかる方法を採用しています。さきほど簡単にご紹介したオペアンプにもディスクリート版というものがあり、ほとんどの工場出荷製品としての”ディスクリート機材”はそういったものを採用する方法が普通です。ですが、MONOSASHI higherはそういったディスクリートオペアンプすら使用していませんので、まさに毎回一から作られる、ディスクリートの中でも最も手間暇のかかる製法で作られていると言えるでしょう。

 

これらの実に非効率な工程は現状の小規模生産体制ならではですが、これらもまた、サウンドの新鮮さに一役買っているのは間違いありません。

 

また制作する回路も他社製のディスクリートDI回路図を元にちょっといじったようなレベルのものとは全く異なり、ベーシストがどのようなピッキングの使い分けをしているのか、そういったリアルな視点を取り入れた回路を制作しています。
 
 
 
 

 □”持ち込む意味のあるもの”を
設計段階から戦略的に考え実現したデザイン

 
 「マイクレベルかラインレベルか」というような機材としての仕様・条件から先に決まってトップダウンで降りてきた、企画に対しての答えとして作られたDIなのではなく
 
活躍しているベーシストが現場で抱えているリアルな悩みと
その解決策をベースに一歩引いた全体像から全ての工程をフル活用してその答えを作り出されています。
 
仮に他社製DIで同じ結果を狙おうとしても
丸々同じ結果を出すことはできないでしょう。
 
 
 
 
 

□MONOSASHIとの違い

Vintage Faceの新しくなったMONOSASHIとの関係性。
これについては3つの見方・捉え方があります。
混乱しないように、ゆっくり読んでください。
 
 
<1つ目の見方>
MONOSASHI higherはMONOSASHIのDI版。
 
これはシンプルですね。
MONOSASHIというのはアンプヘッドとしてのHAからスタート、これがその後DIにも同様のコンセプトが使われたものがM-DI、そしてMONOSASHI higherはM-DIの正統進化版であるということです。
 
 
<2つ目の見方>
MONOSASHI higherは"PA用パワーアンプに接続するためのHAとしてMONOSASHIの上位機種”というもの。
 
 
XLR入力できるPA用パワーアンプに対してMONOSASHIをHAとして使用する場合と
MONOSASHI higherをHAとして使用した場合とを比較すると、
MONOSASHI higherがより立体的で自然なサウンドを出せる
という「まだ上があるのか…!?」という信じられない結果を出すでしょう。
 
これはVintage Faceの最高峰のHAである証拠です。
 
 
 
<3つ目の見方>
MONOSASHI higherにオプションを付ければ、
「違いの出せるピュアなDI+MONOSASHI(パワーアンプレスベースアンプ)」という、1台2役の役割の高性能HAとして。従来機種でいうところのMONOSASHI Doppioがこれです。
 
 
※MONOSASHI higherの有料オプションで
あまり増幅されないバッファーアンプ出力のアンバランスアウトをパワーアンプに接続するためのプリアンプアウトに変更することが可能です。このプリアンプアウト用回路こそが、
MONOSASHIの主要回路をそのまま採用しています。
 
 
 
 

□WABI-SABIとの違い

MONOSASHI higherはWABI-SABIからオールディスクリートEQセクションを除き、
基本的なDI/HAとしての機能に絞ることでシンプルさ・コンパクトさを追求したもの、
と言えるでしょう。
 
 
バランス回路などは同様の回路設計をベースに、MONOSASHI higherとWABI-SABIで異なる個々の特性に合わせて微調整されながら設計されています。
 

 

 

気になる導入コストについて
 

もし、MONOSASHI higherを持たずに同じような結果を出すためには
ベース、DI、ここに高品質なマイクプリアンプ。
(さらに音作りするエンジニアさんの腕はプライスレスですが、、)
全て持っていくにはシンドイですよね。
しかもライブの度に持って行くのです。
 
ちなみに現場でよく見かけるような高品質なマイクプリアンプ
の相場は 1 chだけで販売されていないことも多いため、2ch モデル で¥200,000-くらいからでしょう。

 
さらに、「プロ御用達の上質なDI」を持つ場合
¥70,000-〜¥250,000-が主流です。
 
総額で安くとも¥270,000-はしますよね。。。。
 
 
でも、MONOSASHI higherであれば、、、
 
ベーシックモデルは通常価格で税別 ¥147,000-
プロ御用達な上質DI+高品質定番マイクプリアンプ総額の
おおよそ半額程度の投資で、
エンジニアさんも納得の最高の音の土台を手に入れることができるんです!
 
これなら現実的ですよね!




今年の締めのライブイベントを
最高のサウンドで挑みたい方は他にいませんか?

 

12月中旬出荷ロットのお知らせ

ご覧頂きありがとうございます。今回の募集は締め切り致しました。
また次回ロットを楽しみにお待ちくださいませ。

今年の締めのライブイベントを最高のサウンドで挑みたい方は他にいませんか?

 

12月中旬出荷ロットのお知らせ

 

ご覧頂きありがとうございます。今回の募集は締め切り致しました。

 

また次回ロットを楽しみにお待ちくださいませ。

選べる3種類のオーダープラン

選べる3種の
オーダープラン

 
 
 
MONOSASHI higherのベーシックなモデルをオーダー。
主にDIとして、あるいはPAパワーアンプに接続する用途で導入したい方へ。
 
税別価格 ¥147,000- 

 
 
 
 
 
  アンバランスアウトもパワーアンプに接続できるようにしたい。
そんな希望にお答えできる、 最新のMONOSASHI回路を追加搭載するオプション付きモデルとしてオーダー。 DI+アンバランスHAとして使いたい方のために。
 
税別価格 ¥187,000- 

 
 

 
 
 
 
 
BASIC PLUSモデルに加え、足元でミュート操作やボリューム調整、A/B切り替えを可能とする専用のLoop System VLS-01。そして万が一会場側の都合によりラインレベルのDIを扱えずマイクレベルを要求された時の特別な対策ツールとしてDI Signal Level Converter。この二種類をセットにしたパッケージがAdvanced オーダーです。
 
税別価格 ¥230,000-
 
 

 

あなたにぴったりなプランの選び方

あなたにぴったりなプランの選び方

 
3種類のもう少し詳しい解説しましょう。
 
 
1、BASIC
 


 
BASICではシンプルに素晴らしいDIを手にいれる、DIとしての基本的な使い方を想定しています。音質以外の独自の特徴として、 二本のベースを接続し切り替えながら使用できることや、それらをひとつのチャンネルで扱う上で、楽器ごとに異なるボリュームを持ち替えても同じレベルで出せるようにボリューム合わせをしたりすることが、本体だけで全て出来てしまいます。余分にラインセレクターやプリアンプを挟んで音質や音像を変化させてしまう心配もありません。
 
バランスアウトがメインの出力です。
背面のスルーアウトやアンバランスアウトからは他のDIと同じように、
ベースアンプのインプットに送り出す・あるいはチューナーに送り出すなどの使い方ができます。
 
またBASICを選択したとしても、 後からBASIC PLUSモデルにアップグレードすることも可能です。BASIC PLUSではBASICの段階でスルーアウトと同等の出力になっているアンバランスアウトを変更し、MONOSASHIプリアンプを追加搭載することでパワーアンプレスベースアンプ機能を備えることができます。
 
 
 
2、BASIC PLUS
 

最も人気のモデルがこちらです。
 
Vintage Faceが世に出た一番のきっかけ製品がMONOSASHIです。
MONOSASHIはかつては一種類しかなく、それはパワーアンプに接続することを前提に増幅したプリアンプをアウトをもつ、アンバランス型のHA(パワーアンプレスのアンプヘッド)です。
 
パワーアンプに接続可能なHAというのは、単体売りされているパワーアンプのみを持ち歩き好みのベースアンプシステムを作り出すような用途や、
HAだけを持ち運び、そのライブハウスやスタジオに常設しているベースアンプの「パワーアンプ部分だけ」を活用する画期的な方法を生み出しました。
 
MONOSASHI(パワーアンプレスのHA)+パワーアンプという全く別のサウンドや演奏性を持つベースアンプとして「再構築」することが可能で、これがとても魅力的なんです。
 
この機能の最新バージョンを
DIに追加で内臓することができるオプションがこちら。
 
 
通常、優れたDIに対する自分のモニターは転がしスピーカーになりますが、
常に転がしモニターがベースに対して有利な大口径スピーカーであってくれるとは限らず、場所によっては10インチや12インチと小型になってしまいます。
 
でもオプションでMONOSASHIを追加していれば、
背面にあるベースアンプからのモニターサウンドも、その場で「再構築」することで、元に比べて発音がはっきりし、タッチニュアンスに対しても忠実度が増します。キャビネットのクセまでは変えることができませんが、それでもコロガシよりも音圧・余裕があり、楽しみがいの感じられるモニターを実現するでしょう。
 
 
 
3、Advanced
 
実践的なアイテムをあらかじめセットにしたものがこちらです。
若干、セットプライスとして後から導入するよりお得になっています。
ライブ活動でさっそくフル活用されたい方や、
大型のスイッチャーシステムは組まないけれども、
必ず1、2個のエフェクトペダルは持っていくかもなぁという方にオススメです。
 
 
 
セット内容の一つ目がループシステムVLS-01です。
 
これは新しいMONOSASH、MONOSASHI higher、
そして新しいWABI-SABIのみで 使用可能な専用アイテムです。

 
なんとこのボックス、
マイクケーブルを使用してMONOSASHI higheと結線するだけで、
本体に電源が供給されて動く仕様なんです。
電池もアダプターも追加はしなくて平気です。
 
 
楽器の持ち替えやミュートをアンプの操作ではなく
フットペダルタイプとして扱えるようにすることで、よりスマートに。
そしてバッファーアンプ内臓のループ機能を持ちます。
 
エフェクターを使いたい場合
多くは直列のオンオフでMONOSASHIに接続することになりますが、
特にパッシブベース使用時に
楽器の直後に何の機材で信号を受け止めるかは重要です。
 
そこでVLS-01では楽器からの信号を一番に良質なバッファーアンプで受け止めたのち、
オンオフ可能なループ経路をひとつ持つため、
そこに並列でエフェクトループを組むことが可能です。
こうしておくことで 常に純粋な経路は保ったまま、
エフェクトもネガティブにならずに積極的に使用していくことができるでしょう。
 
 
 
 
セットアイテムの二つ目が
DI SIGNAL LEVEL COVERTERです。

これもまた、MONOSASHI higher、そして新しいWABI-SABIのみで
使用可能な特別なアイテムとして開発されました。
 
 
バランスアウトの信号は通常+4dBラインレベルで送り出しすることになるのですが、
どうしても会場の都合で+4dBラインレベルではなく マイクレベルや一般的なDIの出力レベルを要望された場合、
会場のマイクプリアンプに接続可能な出力レベルまでにダウンコンバートすることが可能な専用ボックスです。
 
バランスアウトを一旦このボックスのインに接続し、
アウトからPAへ送り出せば一発で問題が解決します。
 
 
またこのボックスはDI破損の一番の原因となる
「誤って送られてしまったファンタム電源」を回避するための 特別な設計が追加されているため、
PA側で誤ってファンタムを流してしまった場合でもこのボックスから先にはファンタムが送り出される心配がありません。
 
マイクプリアンプに接続される
=ファンタム誤作動の危険  から
大切なDIを守るための防衛策としても役にたつでしょう。
 
 
 

 
 
迷っている方のために、
3種類のもう少し詳しい解説です。
 
 
1、BASIC
 


 
BASICではシンプルに素晴らしいDIを手にいれる、DIとしての基本的な使い方を想定しています。音質以外の独自の機能として、 二本のベースを接続し、それらを切り替えて使用することができることや、それら二本の異なるボリュームをひとつのチャンネルで持ちかえた時に使いやすいよう、ボリューム合わせも可能になっています。こういったことをするためにDI本体以外にラインセレクターやプリアンプを追加することは多かったのですが、こういったこともMONOSASHI higher本体だけで出来てしまうので、余計な音質・音像変化・劣化のリスクを防ぎながら、上質なサウンドを存分に引き出すことができるでしょう。

バランスアウトがメインの出力です。 背面のスルーアウトやアンバランスアウトからは他のDIと同じように、 ベースアンプのインプットに送り出す・あるいはチューナーに送り出すなどの使い方ができます。

また、BASICを選択したとしても、後からBASIC PLUSへアップグレードさせることも可能です。BASICではアンバランスアウトがスルーアウト同等になっていますが、BASIC PLUSにすることでアンバランスアウト部分にMONOSASHIプリアンプを追加搭載し、パワーアンプレスアンプヘッド機能として使うことができるようになるのです。詳しくはBASIC PLUSの方をご覧ください。工賃がかかるので最初からBASIC PLUSの方が費用自体はお得になります。
 
 
 
2、BASIC PLUS
 

MONOSASHI higherで 最も人気のモデルがこちらです。
 
Vintage Faceが世に出た一番のきっかけ製品がMONOSASHIです。 MONOSASHIはかつては一種類しかなく、それはパワーアンプに接続することを前提に増幅したプリアンプをアウトをもつ、アンバランス型のHAでした。
 
パワーアンプに接続可能なHAというのは、単体売りされているパワーアンプのみを持ち歩き好みのベースアンプシステムを作り出すような用途や、 HAだけを持ち運び、そのライブハウスやスタジオに常設しているベースアンプの「パワーアンプ部分だけ」を活用する画期的な方法を生み出しました。
 
MONOSASHI(パワーアンプレスのHA)+パワーアンプという全く別のサウンドや演奏性を持つベースアンプとして「再構築」することが可能で、これがとても魅力的なんです。
 
この機能の最新バージョンを DIに追加で内臓することができるオプションがこちら。
 
 
通常、優れたDIに対する自分のモニターは転がしスピーカーになりますが、 常に転がしモニターがベースに対して有利な大口径スピーカーであってくれるとは限らず、場所によっては10インチや12インチと小型になってしまいます。 でもオプションでMONOSASHIを追加していれば、 背面にあるベースアンプからのモニターサウンドも、その場で「再構築」することで、元に比べて発音がはっきりし、タッチニュアンスに対しても忠実度が増します。キャビネットのクセまでは変えることができませんが、それでもコロガシよりも音圧・余裕があり、楽しみがいの感じられるモニターを実現するでしょう。
 
 
 
3、Advanced
 
実践的なアイテムをあらかじめセットにしたものがこちらです。 若干、セットプライスとして後から導入するよりお得になっています。 ライブ活動でさっそくフル活用されたい方や、
大型のスイッチャーシステムは組まないけれども、 必ず1、2個のエフェクトペダルは持っていくかもなぁという方にオススメです。
 
 
 
セット内容の一つ目が
ループシステムVLS-01です。
 
これは新しいMONOSASH、MONOSASHI higher、 そして新しいWABI-SABIのみで使用可能な専用アイテムです。

 
なんとこのボックス、 マイクケーブルを使用してMONOSASHI higheと結線するだけで、
本体に電源が供給されて動く仕様なんです。 電池もアダプターも追加はしなくて平気です。
 
 
楽器の持ち替えやミュートをアンプの操作ではなく フットペダルタイプとして扱えるようにすることで、よりスマートに。 そしてバッファーアンプ内臓のループ機能を持ちます。
 
エフェクターを使いたい場合 多くは直列のオンオフでMONOSASHIに接続することになりますが、 特にパッシブベース使用時に 楽器の直後に何の機材で信号を受け止めるかは重要です。
 
そこでVLS-01では楽器からの信号を一番に良質なバッファーアンプで受け止めたのち、
オンオフ可能なループ経路をひとつ持つため、 そこに並列でエフェクトループを組むことが可能です。 こうしておくことで常に純粋な経路は保ったまま、 エフェクトもネガティブにならずに積極的に使用していくことができるでしょう。
 
 
 
 
セットアイテムの二つ目が
DI SIGNAL LEVEL COVERTERです。

これもまた、MONOSASHI higher、そして新しいWABI-SABIのみで
使用可能な特別なアイテムとして開発されました。
 
 
バランスアウトの信号は通常+4dBラインレベルで送り出しすることになるのですが、 どうしても会場の都合で+4dBラインレベルではなく マイクレベルや一般的なDIの出力レベルを要望された場合、 会場のマイクプリアンプに接続可能な出力レベルまでにダウンコンバートすることが可能な専用ボックスです。
 
バランスアウトを一旦このボックスのインに接続し、 アウトからPAへ送り出せば一発で問題が解決します。
 
  またこのボックスはDI破損の一番の原因となる 「誤って送られてしまったファンタム電源」を回避するための特別な設計が追加されているため、 PA側で誤ってファンタムを流してしまった場合でもこのボックスから先にはファンタムが送り出される心配がありません。
 
マイクプリアンプに接続される =ファンタム誤作動の危険  から 大切なDIを守るための防衛策としても役にたつでしょう。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

オーダーに関するQ&A

オーダーに関するQ&A

 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、Paypal決済(クレジットカード可)の2種類に対応しております。
 
カートに入れて頂いたのち、
銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalは一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
MONOSASHI higher本制作ロットは12月中旬に完成予定です、少々受け取りまではお時間を要しますが、完成時にご連絡から配送となります。
 


 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、Paypal決済(クレジットカード可)の2種類に対応しております。
 
カートに入れて頂いたのち、
銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalは一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
MONOSASHI higher本制作ロットは12月中旬に完成予定です。少々受け取りまではお時間を要しますが、完成時にご連絡から配送となります。
 


ご覧いただきありがとうございます。
MONOSASHI higherの今回の 制作ロットの募集は終了致しました。
次回オーダー募集を楽しみにお待ちくださいませ!