ベースアンプの強い個性や性能が原因で
もっとプレーヤーのフィールを含む豊かに出せるはずのトーンに
ブレーキがかかっていたとしたら…

 
 

 

 ベースのサウンドを加工して作りこみたいのではなくて、
ただただシンプルに、ちゃんと弾いたままに鳴ってほしい。。
 
EQしたりコンプをかけて音像を変えたいのではなくて、
ストレートにレスポンスよく音が発音して欲しい。
 

そんな思いに答えるために開発したのが
MONOSASHIです。
 

 
 

MONOSASHIとは

 

常に変化し続ける音楽表現の性質に立ち返りました。

 

その瞬間がもしも何かダメなのであればダメなりに。
良ければ良いなりの形で。

 

 一生モノのパートナーとして使い続けるアンプであるからこそ
楽器の一部として捉えられるような存在であることを、

 

とことん演奏の変化に忠実に追随することを重視しました。

 

 

 

 

変化に忠実とは、

 

堂々と太く鳴らせば太く、繊細に細く鳴らす時は細いままの形を。

 小さい音は小さく。
  

「そのまま」鳴ってくれるということ。

 

 

 

 
それこそが、

 表現したいイメージをオーディエンスへ届けるという
 大切なプロセスに向き合うあなたを
 一番邪魔せず、立体的なサウンドとして手助けする方法です。
 

 

 

 

 
 
そんなコンセプト"MONOSASHI"は
「パワーアンプレスのベースアンプヘッド」として開発された、
ハンドメイド・オールディスクリートデザインの
ベース用HAです。
 
PA用パワーアンプへ直結すること
あるいはベースアンプヘッドのパワーアンプセクションに直結して頂くことなど、
パワーアンプに直接接続することを想定して設計されています。
 
 
演奏表現にとても忠実で、
高速レスポンスの手応えをプレーヤーに。
豊かなトーンを忠実に引き出すベースアンプを
その場に作りだすことができます。
 


 
 
2018年、新しく二種類のモデルに

 
 


 

 
 

さらなる高みへ。
バランスアウト仕様のフラグシップ

 


 

 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伝統を受け継ぐ。
アンバランスアウト仕様のMONOSASHI