使い方 <DI編>

 
 
 

1、ベースをインプットへ接続

 
 
ライブやレコーディングでは
二本の異なる特徴を持ったベースを使い分けすることが多いですよね。
 
WABI-SABIは
常に二本の楽器を接続することができます。
 
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、PAやコンソール、インターフェースへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~TRSバランスラインケーブルや
XLR~XLRマイクケーブルを使用して 後ろの機器と接続します。
 
 
 
 

3、チューナーやアンプへ接続

 
 

 
同時にベースアンプやチューナーへ
背面のアンバランスアウトやスルーアウトから接続します。
 
 
オプションでアンバランス型のMONOSASHIを追加させる場合、
追加時はその出力ボリュームを背面のつまみで調整します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の異なる特徴を持ったベースは音質だけでなく、
音量が大きく異なることもあります。
 
ボリュームで
二本の楽器の音量を戦略的に揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 
 

5、EQを必要に応じて使用する

 
 

 
 
WABI-SABIには楽器のタッチコントロールと連動させやすい、
オリジナル回路のオールディスクリート・3バンド
パラメトリックEQが備わっています。
 
上段がセンター基準からのブースト・カットのコントロール。
下段がフリーケンシーのコントロールになります。
 
EQの勘所が多くと違うため、
経験者の方でも先入観なく適切に調整頂けるよう、
周波数ポイントなどはあえての非公開です。
触って頂くことでその緻密で的確なEQに驚かれる方がほとんどでしょう。
 
 
開発段階から
復刻もののフェンダーのようにレンジの狭い楽器や、
国産ハンドメイドで異彩を放つJiraud ベースのように
一般的なアクティブ楽器より遥かに広いレンジの楽器など、
幅広い特性の楽器の入力を想定しています。
 
 
EQのオンオフスイッチの下にあるトグルは
バランス出力にEQを効かせるかどうかを選択できます。
もしアンバランスアウトにのみEQを効かせたい場合は
EQをオンの状態でPRE EQ方向にトグルをセットしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 

6、LOW CUTセクションをUNBAL側へセットし無効にする

 
 

 
 
DIとしてLOW CUTは一旦必要ありませんので、
使いたい時以外はトグルスイッチをUNBAL側へ切り替えておくこと。
 
LOW CUTはアンバランスアウトからの出力のみに効くようになり、
XLR出力には無効にします。
 
 
 
 

7、DIボリュームを微調整します 

 
 

 
 
 WABI-SABI はこれまでのM-DIなどと同じく
マイクレベルではなく「ラインレベルのDI」です。
これまで以上に+4dB機材として使いやすい作りになっています。
 
 
 
別売でラインレベルの出力を一般的な据え置きDIの出力まで
なるべく音質劣化なくダウンさせることができる専用PAD ボックス
「DIレベルコンバーター」を制作可能です。
 
特定のライブハウスなどにおいてラインレベル出力のDIが扱いずらい場合など
このボックスを介してDI出力することで必要以上の音質劣化を避けつつ、
ノイズレスに出力レベルを据え置きDIレベルまで下げることができます。
 
ボリュームつまみで無理やり出力レベルを下げすぎた使用方法では
S/N比の悪化等がありますので、そのようなボリュームの使い方を期待している方は
是非 DIレベルコンバーターを合わせて快適にご利用ください。
 
 
 
 
 

1、ベースをインプットへ接続

 
 
ライブやレコーディングでは
二本の異なる特徴を持ったベースを使い分けすることが多いですよね。
 
WABI-SABIは
常に二本の楽器を接続することができます。
 
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、PAやコンソール、インターフェースへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~TRSバランスラインケーブルや
XLR~XLRマイクケーブルを使用して 後ろの機器と接続します。
 
 
 
 

3、チューナーやアンプへ接続

 
 

 
同時にベースアンプやチューナーへ
背面のアンバランスアウトやスルーアウトから接続します。
 
 
オプションでアンバランス型のMONOSASHIを追加させる場合、
追加時はその出力ボリュームを背面のつまみで調整します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の異なる特徴を持ったベースは
音質だけでなく、 音量が大きく異なることもあります。
 
そんな時、まずは手前のボリュームで
二本の楽器の音量を戦略的に揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 
 

5、EQを必要に応じて使用する

 
 

 
 
WABI-SABIには楽器のタッチコントロールと連動させやすい、 オリジナル回路のオールディスクリート・3バンド パラメトリックEQが備わっています。
 
上段がセンター基準からのブースト・カットのコントロール。
下段がフリーケンシーのコントロールになります。
 
EQの勘所が多くと違うため、
経験者の方でも先入観なく適切に調整頂けるよう、 周波数ポイントなどはあえての非公開です。 触って頂くことでその緻密で的確なEQに驚かれる方がほとんどでしょう。
 
 
開発段階から 復刻もののフェンダーのようにレンジが狭目に集約された楽器や、
国産ハンドメイドで異彩を放つJiraud ベースのように 一般的なアクティブ楽器より遥かに広いレンジの楽器など、 幅広い特性の楽器の入力を想定しています。
 
 
EQのオンオフスイッチの下にあるトグルは バランス出力にEQを効かせるかどうかを選択できます。 もしアンバランスアウトにのみEQを効かせたい場合は
EQをオンの状態でPRE EQ方向にトグルをセットしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 

6、LOW CUTセクションをUNBAL側へセットし無効にする

 
 

 
 
DIとしてLOW CUTは一旦必要ありませんので、 使いたい時以外はトグルスイッチをUNBAL側へ切り替えておくこと。
 
LOW CUTはアンバランスアウトからの出力のみに効くようになり、 XLR出力には無効にします。
 
 
 
 

7、DIボリュームを微調整します 

 
 

 
 
 WABI-SABI はこれまでのM-DIなどと同じく マイクレベルではなく「ラインレベルのDI」です。 これまで以上に+4dB機材として使いやすい作りになっています。
 
 
 
別売でラインレベルの出力を一般的な据え置きDIの出力までなるべく音質劣化なくダウンさせることができる専用PAD ボックス「DIレベルコンバーター」を制作可能です。
 
特定のライブハウスなどにおいてラインレベル出力のDIが扱いずらい場合など、このボックスを介してDI出力することで必要以上の音質劣化を避けつつ、ノイズレスに出力レベルを据え置きDIレベルまで下げることができます。
 
ボリュームつまみで無理やり出力レベルを下げすぎた使用方法ではS/N比の悪化等がありますので、そのようなボリュームの使い方を期待している方は是非 DIレベルコンバーターを合わせて快適にご利用ください。
 
 
 
 
 

 
 
<アンプ編>

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
 
新しいWABI-SABIは常に二本の楽器を接続できます。
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、PA用パワーアンプへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~XLRマイクケーブルを使用して
PA用パワーアンプと接続します。
 
 
PA用パワーアンプは楽器用アンプと異なり、
ほとんどのものがXLRインプットです。
 
高品質なマイクケーブルで結線します。
 
 
 
 

3、チューナーやDIへ接続

 
 

 
同時にDIやチューナーへ
背面のアンバランスアウトやスルーアウトから接続します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、必要に応じてEQを使用する

 
 

 
 
 
 
 
 

6、LOW CUTセクションをBAL側へセットし有効にする

 
 

 
 
どんなにアンプ側でピュアな増幅ができても、
シュミレート上の理想とは異なり現実はスピーカーを鳴らす部屋の作りなど
理想的な鳴りになってくれないことがありますよね。
 
 
そんな時、楽器の音作りのためではなく、
部屋なりの悪影響を狙って抑えるためのLOW CUT機能が役にたちます。
 
MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、
部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に
カットしていくことができます。
 
これはEQセクションでローカットするのとは
大きく違った効果です。
 
 
 
 
 
 

7、アンプのマスターボリュームを調整します 

 
 

 
 
パワーアンプへ送り出すボリュームを調整します。
 
 
 
 

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
 
新しいWABI-SABIは
常に二本の楽器を接続できます。
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、PA用パワーアンプへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~XLRマイクケーブルを使用して
PA用パワーアンプと接続します。
 
 
PA用パワーアンプは楽器用アンプと異なり、
ほとんどのものがXLRインプットです。
 
高品質なマイクケーブルで結線します。
 
 
 
 

3、チューナーやDIへ接続

 
 

 
同時にDIやチューナーへ
背面のアンバランスアウトやスルーアウトから接続します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、必要に応じてEQを使用する

 
 

 
 
 
 
 
 

6、LOW CUTセクションをBAL側へセットし有効にする

 
 

 
 
どんなにアンプ側でピュアな増幅ができても、 シュミレート上の理想とは異なり現実はスピーカーを鳴らす部屋の作りなど 理想的な鳴りになってくれないことがありますよね。
 
 
そんな時、楽器の音作りのためではなく、 部屋なりの悪影響を狙って抑えるためのLOW CUT機能が役にたちます。
 
MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、 部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に カットしていくことができます。
 
これはEQセクションでローカットするのとは 大きく違った効果です。
 
 
 
 
 
 

7、アンプのマスターボリュームを調整します 

 
 

 
 
パワーアンプへ送り出すボリュームを調整します。
 
 
 
 

 
 
オプション追加の際の
DIとHAを同時に使用する場合

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
 
 
 
 

2、XLRアウトをPA・コンソールなどへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~XLRマイクケーブルを使用して
PAへ送り出します。
 
 
 
 
 
 
 

3、パワーアンプへの接続

 
 

 
アンバランスのMONOSASHI回路で増幅した信号を
ベースアンプヘッドの
パワーアンプセクションへ接続します。
ボリュームはその上のつまみで調整します。
 
チューナーへ接続する時はスルーアウトからどうぞ。
 
 
 

4、楽器のボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、必要に応じてEQを使用する

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

6、LOW CUTセクションをUNBAL側へセットし有効にする

 
 

 
 
楽器の音作りのためではなく、
部屋なりの悪影響を狙って抑えるためのLOW CUT機能が役にたちます。
 
今回は追加搭載するMONOSASHI回路に対して効くように、
スイッチはUNBAL側へ。
 
MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、
部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に
カットしていくことができます。
 
 
 
 
 
 

7、DIボリュームも微調整します 

 
 

 
 
PAやコンソールへ送り出すDIのボリュームを微調整します。
 
  隣のミュートスイッチでは
楽器の抜き差しや休憩時に出力をミュート可能です。
 
 
 
別売でラインレベルの出力を一般的な据え置きDIの出力まで
なるべく音質劣化なくダウンさせることができる専用PAD ボックス
「DIレベルコンバーター」を制作可能です。
 
特定のライブハウスなどにおいてラインレベル出力のDIが扱いずらい場合など
このボックスを介してDI出力することで必要以上の音質劣化を避けつつ、
ノイズレスに出力レベルを据え置きDIレベルまで下げることができます。
 
ボリュームつまみで無理やり出力レベルを下げすぎた使用方法では
S/N比の悪化等がありますので、そのようなボリュームの使い方を期待している方は
是非 DIレベルコンバーターを合わせて快適にご利用ください。
 

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
 
 
 
 

2、XLRアウトをPA・コンソールなどへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~XLRマイクケーブルを使用して
PAへ送り出します。
 
 
 
 
 
 
 

3、パワーアンプへの接続

 
 

 
アンバランスのMONOSASHI回路で増幅した信号を ベースアンプヘッドの
パワーアンプセクションへ接続します。 ボリュームはその上のつまみで調整します。 チューナーへ接続する時はスルーアウトからどうぞ。
 
 
 

4、楽器のボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、必要に応じてEQを使用する

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

6、LOW CUTセクションをUNBAL側へセットし有効にする

 
 

 
 
楽器の音作りのためではなく、 部屋なりの悪影響を狙って抑えるためのLOW CUT機能が役にたちます。
 
今回は追加搭載するMONOSASHI回路に対して効くように、 スイッチはUNBAL側へ。 MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、 部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に カットしていくことができます。
 
 
 
 
 
 

7、DIボリュームも微調整します 

 
 

 
 
PAやコンソールへ送り出すDIのボリュームを微調整します。
 
  隣のミュートスイッチでは
楽器の抜き差しや休憩時に出力をミュート可能です。
 
 
 
別売でラインレベルの出力を一般的な据え置きDIの出力までなるべく音質劣化なくダウンさせることができる専用PAD ボックス「DIレベルコンバーター」を制作可能です。
 
特定のライブハウスなどにおいてラインレベル出力のDIが扱いずらい場合など、このボックスを介してDI出力することで必要以上の音質劣化を避けつつ、ノイズレスに出力レベルを据え置きDIレベルまで下げることができます。
 
ボリュームつまみで無理やり出力レベルを下げすぎた使用方法ではS/N比の悪化等がありますので、そのようなボリュームの使い方を期待している方は是非 DIレベルコンバーターを合わせて快適にご利用ください。