さらなる高みへ。
バランスアウト仕様のフラグシップ

 

 
 
 

 
 

 
 

MONOSASHI higherとは

 □エレクトリック楽器の世界に
アコースティック楽器のような感覚・楽しみを

 
従来のDIやベースアンプ、プリアンプの
「独特な サウンドの個性や音色の好き嫌い」
といった世界観からあなたを解放し、
エレクトリック楽器の世界に
まるでアコースティック楽器を扱っているような感覚・音色を
体でコントロールできる楽しみ・きっかけを提供するもの。
それがMONOSASHI higherです!
 
 
 
 

□世界中のベーシストによる
フィードバックやニーズを反映

 
MONOSASHI higherは
その前身となるM-DI mk2やM-DI、変化形であるBASHOを使用している
世界中のプロミュージシャンのフィードバックやニーズを反映。
基本的なサウンドの良さはもちろんのこと、
ありそうでなかった機能面での使い勝手の良さを反映させました。
 
 
複数のベースを使い分けする場合、
その意味のある
サウンドのディティールまでライン音に反映 させること。
 
 
ツアーに出ている際に
音質劣化の少ない楽器の持ち替え A/B切り替えを
ラインセレクターを使わずに 本体でできること。
 
二本の異なるボリュームを持った楽器を
一種類のアンプ・DI、
ひとつのPA回線で使用するために
音量合わせを機材を追加せずに可能 にすること。
使わないミックス機能のためにミキサー回路を追加しないこと。
 
大きい切り替えノイズの出ないミュート機能
など。
 
望まれていたけれどもこれまで存在しなかった、
超高音質と実用的な機能をぴったり共存させました。
 
 
 

”アナログ機材の影響率を極力大きくできる仕組み”
戦略的に形にしました。

 
デジタルミキサー・DSPエフェクト。
会場ごとでどうしても大きく変わってしまう音響システム。
そしてその空間の特性。
 
レコーディング環境のように一定のクオリティを確保することは難しく、
サウンド面ではどうしても犠牲になるものがあります。
 
そんななかでも、
機材の作リ手としてどこの会場にいっても
一定以上の”サウンドの良さ”に貢献できるようにできないものか?
と試し続けてきました。
 
この難題に対して、
効果的なノウハウを取り入れたのが
MONOSASHI higherです。
 
 
ミキサー卓までは 必ずVintage Faceによる良質なアナログ部で
ラインレベルまで増幅した信号を届けられるようにすることで
サウンドが曇ってしまう要因を軽減できるようにしました。
 
 
 
 
 
 

□PA用パワーアンプに接続するためのベース用HAとしても

MONOSASHI higherはXLRアウトをDIとして使用しない場合、
パワーアンプレスのベースアンプヘッドとして活躍できます。
つまり、XLRインを備えたPA用パワーアンプに接続することで、
昔ながらのアンプヘッドではありえなかった、
演奏にどこまでも追随するような
新しいベースアンプヘッドを構築することができるんです。
 
 
 

□難しい操作はなく、誰でも簡単に使えます!

MONOSASHI higherには
ボリュームつまみとローカット機能以外は、
ミュートスイッチくらいしかありません。
 
すぐに宅録やレコーディング現場に、
ライブ現場に持ち込んで使用することができるでしょう。
 
 
 

□音が本当にまっすぐに前に出てくる
(明瞭な発音)

イコライザーでは変えることができなかった「発音」の部分。
人によってはそれを「勢い」だとか「元気の良さ」ととらえている部分です。
 
言語・英語でも「発音」という分野がありますよね。楽器演奏にも発音というものがあります。
 
その発音の違いが
明瞭にわかるように開発されています。
 
だからこそこれまで以上に弾いたまま忠実に、
クイックなレスポンスで音を感じることになるのです。
 
 
 
 
 

 □流行り廃りのないサウンド

 流行り廃りのないサウンド・デザインなので
一時の流行で使用し、
またすぐ違うトレンドがきてしまうような、
飽きてしまうタイプの機材ではありません。
 
長年使用する楽器と同じように、
長期的なメイン機材になるでしょう。
 
 
 

 □エレクトリック楽器の世界に
アコースティック楽器のような感覚・楽しみを

 
従来のDIやベースアンプ、プリアンプの
「独特なサウンドの個性や音色の好き嫌い」
といった世界観からあなたを解放し、
エレクトリック楽器の世界に
まるでアコースティック楽器を扱っているような感覚や
音色を体でコントロールできる楽しみ・きっかけを提供するもの。
それがMONOSASHI higherです!
 
 
 
 

□世界中のベーシストによる
フィードバックやニーズを反映

 
MONOSASHI higherは
その前身となるM-DI mk2やM-DI、変化形であるBASHOを使用している 世界のプロミュージシャンのフィードバックやニーズを反映。 基本的なサウンドの良さはもちろんのこと、 ありそうでなかった機能面での使い勝手の良さを反映させました。
 
 
複数のベースを使い分けする場合、その意味のあるサウンドのディティールまでライン音に反映させること。
 
 
ツアーに出ている際に
音質劣化の少ない楽器の持ち替えA/B切り替えをラインセレクターを使わずに本体でできること。
 
二本の異なるボリュームを持った楽器を
一種類のアンプ・DI、ひとつのPA回線で使用するために
音量合わせを機材を追加せずに可能にすること。
使わないミックス機能のためにミキサー回路を追加しないこと。
 
大きい切り替えノイズの出ないミュート機能など。
 
望まれていたけれどもこれまで存在しなかった、超高音質と無駄のない実用的な機能をぴったり共存させました。
 
 
 

”アナログ機材の影響率を極力大きくできる仕組み”戦略的に形にしました。

 
デジタルミキサー・DSPエフェクト。
会場ごとでどうしても大きく変わってしまう音響システム。そしてその空間の特性。
 
レコーディング環境のように一定のクオリティを確保することは難しく、サウンド面ではどうしても犠牲になるものがあります。
 
そんななかでも、
機材の作リ手としてどこの会場にいっても 一定以上の”サウンドの良さ”に貢献できるようにできないものか?と試行錯誤を続けてきました。
 
この難題に対して、
効果的な方法をとれ入れたものこそが
MONOSASHI higherです!
 
ミキサー卓までは必ずVintage Faceによる良質なアナログ部でラインレベルまで増幅した信号を届けられるようにすることでサウンドが曇ってしまう要因を軽減できるようにしました。
 
 
 
 
 

□PA用パワーアンプに接続するための
ベース用HAとしても

MONOSASHI higherはXLRアウトをDIとして使用しない場合、パワーアンプレスのベースアンプヘッドとして活躍します。 つまり、XLRインを備えたPA用パワーアンプに接続することで、昔ながらのアンプヘッドではありえなかった、演奏にどこまでも追随するような新しいベースアンプヘッドを構築することができるんです。
 
 
 

□難しい操作はなく、誰でも簡単に使えます!

MONOSASHI higherには
ボリュームつまみとローカット機能以外は、
ミュートスイッチくらいしかありません。
 
すぐに宅録やレコーディング現場に、
ライブ現場に持ち込んで使用することができるでしょう。
 
 
 

□音が本当にまっすぐに前に出てくる
(明瞭な発音)

イコライザーでは変えることができなかった「発音」の部分。人によってはそれを「勢い」だとか「元気の良さ」ととらえている部分です。
 
言語・英語でも「発音」という分野がありますよね。楽器演奏にも発音というものがあります。その発音の違いが明瞭にわかるように開発されています。
 
だからこそこれまで以上に弾いたまま忠実に、
クイックなレスポンスで音を感じることになるのです。
 
 
 
 
 

 □流行り廃りのないサウンド

 流行り廃りのないサウンド・デザインなので
一時の流行で使用し、またすぐ違うトレンドがきてしまうような、飽きてしまうタイプの機材ではありません。
 
長年使用する楽器と同じように、
長期的なメイン機材になるでしょう
 
 
 

サウンドサンプル

これまでのVintage Face/M-DIを知り尽くした名手

川崎哲平さんによる
サウンドサンプル!!

これまでのM-DIを知り尽くした名手!
川崎哲平さんによるサウンドサンプル
三種類を収録しました!

 
 

Profile

川崎哲平

Electric & Uplight Bassist フェイスミュージック所属
1980年福岡生まれ。中学3年からギターを始めるが高校3年の時にベースに転向。その後音楽専門学校に入学し在学中より福岡でプロ活動開始。2005年からは活動拠点を関東に移し、フリーのベーシストとしてレコーディング、ツアー、ライブサポート、セッション、TV収録、CM録音などで活動。
ポップスからインストゥルメンタルまで幅広くプレイ出来るスタイル。エレキベースとコントラバスの両刀使いでもある
 

<主なレコーディング参加アーティスト(50音順)>
嵐、杏里、いきものがかり、KUT-TUN、倖田來未、島谷ひとみ、SMAP、田村ゆかり、タッキー&翼、テゴマス、トータス松本、一青窈、槇原敬之、松田聖子、渡辺美里、
など多数
 
<ツアー・ライブサポート(50音順)>
中孝介、阿部真央、伊東たけし(T-SQUARE)、上戸彩、池田聡、華原朋美、CHEMISTRY、
DIMENSION、DEEN、トータス松本、中西保志、元ちとせ、ピンクレディー、槇原敬之、
薬師丸ひろ子、など多数
 
<TV>
FNS歌謡祭2012,2013、僕らの音楽、MUSIC FAIR、NHK SONGS、プレミア音楽祭2012,2013
など
 
 
 
<Ofiicial Web Site>
Ofiicial Web Site

<川崎哲平さんのシグネーチャーベース
Sadowsky TYO Teppei Model
ベース詳細をチェック

<教則本>
グルーブを生むスラップベース
Amazonからチェック
 
 

 
 

Profile

川崎哲平

Electric & Uplight Bassist フェイスミュージック所属
1980年福岡生まれ。中学3年からギターを始めるが高校3年の時にベースに転向。その後音楽専門学校に入学し在学中より福岡でプロ活動開始。2005年からは活動拠点を関東に移し、フリーのベーシストとしてレコーディング、ツアー、ライブサポート、セッション、TV収録、CM録音などで活動。
ポップスからインストゥルメンタルまで幅広くプレイ出来るスタイル。エレキベースとコントラバスの両刀使いでもある
 

<主なレコーディング参加アーティスト(50音順)>
嵐、杏里、いきものがかり、KUT-TUN、倖田來未、島谷ひとみ、SMAP、田村ゆかり、タッキー&翼、テゴマス、トータス松本、一青窈、槇原敬之、松田聖子、渡辺美里、
など多数
 
<ツアー・ライブサポート(50音順)>
中孝介、阿部真央、伊東たけし(T-SQUARE)、上戸彩、池田聡、華原朋美、CHEMISTRY、
DIMENSION、DEEN、トータス松本、中西保志、元ちとせ、ピンクレディー、槇原敬之、
薬師丸ひろ子、など多数
 
<TV>
FNS歌謡祭2012,2013、僕らの音楽、MUSIC FAIR、NHK SONGS、プレミア音楽祭2012,2013
など
 
 
 
<Ofiicial Web Site>
Ofiicial Web Site

<録音でも使われている川崎哲平さんのシグネーチャーベース>Sadowsky TYO Teppei Model


ベース詳細をチェック

<教則本>
グルーブを生むスラップベース
Amazonからチェック
 
 

 
 

 1、Sadowsky TYO Teppei Model フィンガーフレーズ


 
 

 
 

 2、Sadowsky PJ 5st (PBにモディファイ済み)


 
 

 
 

3、Sadowsky TYO Teppei Model スラップフレーズ

 

 

 
 
 

<録音方法>

 

 

ベースからMONOSASHI higherへ直結。
バランスアウトをApogee Symphony i/oの+4dbモードでそのまま受け、
Logic pro Xへダイレクトにライン録音。
また、Logic pro Xではベースに対してプロセッシングは行わず、
トラック全体に対してノーマライズなどマスタリングを行なっていません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 1、Sadowsky TYO Teppei Model フィンガーフレーズ


 
 

 
 

 2、Sadowsky PJ 5st (PBにモディファイ済み)


 
 

 
 

3、Sadowsky TYO Teppei Model スラップフレーズ

 

 

 
 
 

<録音方法>

 

 

ベースからMONOSASHI higherへ直結。
バランスアウトをApogee Symphony i/oの+4dbモードでそのまま受け、
Logic pro Xへダイレクトにライン録音。
また、Logic pro Xではベースに対してプロセッシングは行わず、
トラック全体に対してノーマライズなどマスタリングを行なっていません。
 
 
 
 

インプレッション


 
「新しいMONOSASHI・WABI-SABIは
今までの物より更に1段階上の次元へレベルアップされたものだと
弾いて直ぐに分かりました。
 
出音の太さ、レスポンスの速さ、
普段EQをほぼ使わない僕が
WABI-SABIのEQなら使っても良いと思える実用的な物でした。
 
かなり心強い機材になってくれそうです。」
 
 

 

 
 
 
 
 
 
「新しいMONOSASHI・WABI-SABIは
今までの物より更に1段階上の次元へレベルアップされたものだと
弾いて直ぐに分かりました。
 
出音の太さ、レスポンスの速さ、
普段EQをほぼ使わない僕が
WABI-SABIのEQなら使っても良いと思える実用的な物でした。
 
かなり心強い機材になってくれそうです。」
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

レビューのご紹介


森さん

"疑うわけではありませんが、これ以上が正直あまり想像できなかったんです・・"

 

私はM-DI、M-DI mk2とVintage Face歴代のDIをライブや録音に愛用してきました。他社製DIも複数所持してますが、その中でもVintage FaceのDIは
 
『余分な味付けすることなく、ストレートに演奏する楽しさを感じられるところ』 に魅力があり、信頼できるもの。
 
そんな愛用するメーカーのDIに最新作が登場!となると試さないわけにはいきません。M-DI mk2がお気に入りだったので、
 
「これ以上良い弾き心地はあるの?そんなに差を感じるものかな?」
 
と疑うわけではありませんが、これ以上が正直あまり想像できなかったんです。
 
開発の都合もあり、Monosashiより先にWabi-Sabi(EQオフでほぼMonosashi状態)に初めて触れました・・・
 
「んん・・・!?この滑らかさはなんだろう!?すごくしっくりくる!」
 
今までDIは繰り返し使ってジワジワと良さを感じることが多かったんです・・・しかし!新しいDIは違いました!パッと弦を弾いた瞬間、今までにない弾き心地にうっとりしてしまいました。
 
ワイドレンジ、立ち上がりが・・・ということなんでしょうが、もっとダイレクトにグッと来たんです!
 
「指が弦とフィットするようになった!」
「音が付いてくるというより一体になっている!」
 
という不思議で新しい感覚。
 
『エレクトリック楽器の世界にアコースティック楽器のような感覚・楽しみを』
このメッセージに何度も頷いてしまいました。
 
 
 
 このようなファーストインプレッションがあり、その後自分の機材としてMonosashi Higher Basic Plusをオーダーしました。 Wabi-Sabiとどちらにしようか迷いましたが、Monosashi Higherの上品でキリッとしたフロントパネルが決め手です(笑)  
コントロールはシンプルなのでどう弾くかが音に直結し、クリエイター精神のようなものが刺激されます。「いい音作り出してやる!」という気持ちにさせられますね。
 
 私はかなりの面倒くさがりなんですが、
 
「足元でABスイッチ用意してー、ケーブルがー、電源がー、音質がー、荷物がー」
 
など今までは面倒の一言で済ませてきました(笑)
でも、Monosashi Higher(必要あれば+R-810X)さえあれば、
 
「徒歩移動でもベース2本でライブするのもありだな。フレットレスとフレッテッドとか、ファンク用とスラップ用でも面白いかも!シンセべース導入できちゃう・・・!?」
 
と心境にちょっとした変化が。
独立したVol.のABチャンネルいいですよ!
 
Monosashi Higher Basic Plusを実際に所有してみると充実感と安心感があります。それはこの先環境が変わって機材の使い方が変わったとしても、違和感なく使い続けるだろうとイメージできるからです。
 
弾き心地と使い心地、ともに満足できるものなので、音質にこだわる方、1つのものを長く愛用していきたい方に強くオススメします!
 

 
 


森さん

"疑うわけではありませんが、これ以上が正直あまり想像できなかったんです"

私はM-DI、M-DI mk2とVintage Face歴代のDIをライブや録音に愛用してきました。他社製DIも複数所持してますが、その中でもVintage FaceのDIは
 
『余分な味付けすることなく、ストレートに演奏する楽しさを感じられるところ』
 
に魅力があり、信頼できるもの。
 
そんな愛用するメーカーのDIに最新作が登場!となると試さないわけにはいきません。 M-DI mk2がお気に入りだったので、
 
「これ以上良い弾き心地はあるの?そんなに差を感じるものかな?」
 
と疑うわけではありませんが、これ以上が正直あまり想像できなかったんです。
 
開発の都合もあり、Monosashiより先にWabi-Sabi(EQオフでほぼMonosashi状態)に初めて触れました・・・
 
「んん・・・!?この滑らかさはなんだろう!?すごくしっくりくる!」
 
今までDIは繰り返し使ってジワジワと良さを感じることが多かったんです・・・しかし!新しいDIは違いました!パッと弦を弾いた瞬間、今までにない弾き心地にうっとりしてしまいました。
 
ワイドレンジ、立ち上がりが・・・ということなんでしょうが、もっとダイレクトにグッと来たんです!
 
「指が弦とフィットするようになった!」
「音が付いてくるというより一体になっている!」
 
という不思議で新しい感覚。
 
『エレクトリック楽器の世界にアコースティック楽器のような感覚・楽しみを』
このメッセージに何度も頷いてしまいました。
 
このようなファーストインプレッションがあり、その後自分の機材としてMonosashi Higher Basic Plusをオーダーしました。   Wabi-Sabiとどちらにしようか迷いましたが、Monosashi Higherの上品でキリッとしたフロントパネルが決め手です(笑)   コントロールはシンプルなのでどう弾くかが音に直結し、クリエイター精神のようなものが刺激されます。「いい音作り出してやる!」という気持ちにさせられますね。
 
 
 
 
私はかなりの面倒くさがりなんですが、
 
「足元でABスイッチ用意してー、ケーブルがー、電源がー、音質がー、荷物がー」
 
など今までは 面倒の一言で済ませてきました(笑)でも、Monosashi Higher(必要あれば+R-810X)さえあれば、
 
「徒歩移動でもベース2本でライブするのもありだな。フレットレスとフレッテッドとか、ファンク用とスラップ用でも面白いかも!シンセべース導入できちゃう・・・!?」
 
と心境にちょっとした変化が。 独立したVol.のABチャンネルいいですよ!
 
Monosashi Higher Basic Plusを実際に所有してみると充実感と安心感があります。それはこの先環境が変わって機材の使い方が変わったとしても、違和感なく使い続けるだろうとイメージできるからです。
 
弾き心地と使い心地、ともに満足できるものなので、音質にこだわる方、1つのものを長く愛用していきたい方に強くオススメします!

 
 
 


機能・ルックス

 
MONOSASHI higherのフロントには二本の楽器を入力するジャックが備わり 
A/Bスイッチ・音量差を調整するボリュームが備わり実用性もグレードアップ。
  
各チャンネルにインピーダンス切り替えスイッチが搭載され、 
パッシブ・アクティブ・エフェクター通過後など信号のマッチングも 
よりやり易く、わかりやすくなりました。 
 
 お馴染みのワンポイントの赤つまみがマスターボリュームです。 
その隣にはミュートスイッチと、 
以前までのWABI-SABIでお馴染みのローカット機能 
(以前の名称 ローエンドコントロール)が 
標準搭載されました。 
 
これは主にDIとしてではなく
PA用パワーアンプに接続させる時に役立てる機能ですね。
  
ベースの音作りのためではなく、 
演奏環境でローが回ってしまう場合にとても 有効な機能です。 
 EQでローカットするのとは違い、 
楽器の充実した低音感になるべく影響を与えないよう 
配慮がされています。 
  
サイドからの見た図。 
以前のMONOSASHIとサイズ感はほとんど変わりません。 
また、アンバランスアウト仕様の新しいMONOSASHIと
同じサイズのケースです。
 
リアパネル側。 
WABI-SABI同様、EX インプットが備わりました。 
このEXインプットは別売のループシステムを接続することに対応しており、 
ペダルボードとの親和性が増し、また足元でミュートをしたいなどの 
現場のニーズにも応えることができます。 
  
その上のスイッチは 
インプットAの信号をEXインプットからの信号にするか、 
フロントパネルからのフォン入力にするかを選択します。 
  
 
 
手前には電源スイッチと専用ACアダプターのインプット。 
その奥に見えるXLR端子からバランスアウトします。
その上にはフェイズスイッチ・グランドリフトが備わります。
 
 
続いてフォンジャックが2種類。 
  
・アンバランスアウト
(ミュート機能が反映) ボリューム操作可能なスルーアウト

・スルーアウト
ミュート機能は反映せずオンオフに関わらず信号が流れる仕様) 
 
となっています。
 
アンバランスアウトはオプションで
アンバランス型のMONOSASHIプリアンプを追加搭載することもできます。
そうすれば一台二役のDI+アンバランスMONOSASHIという形にも!
 
 
MONOSASHI higherのフロントには二本の楽器を入力するジャックが備わり A/Bスイッチ・音量差を調整するボリュームと、実用性もグレードアップ。
  
各チャンネルにインピーダンス切り替えスイッチが搭載され、 パッシブ・アクティブ・エフェクター通過後など信号のマッチングも よりやり易く、わかりやすくなりました。 
 
 お馴染みのワンポイントの赤つまみがマスターボリュームです。  その隣にはミュートスイッチと、 以前までのWABI-SABIでお馴染みのローカット機能 (以前の名称 ローエンドコントロール)が 標準搭載されました。 
 これは主にDIとしてではなくPA用パワーアンプに接続させる時に役立てる機能ですね。 ベースの音作りのためではなく、 演奏環境でローが回ってしまう場合にとても 有効な機能です。  EQでローカットするのとは違い、 楽器の充実した低音感になるべく影響を与えないよう 配慮がされています。 
  
サイドからの見た図。
  以前のMONOSASHIとサイズ感はほとんど変わりません。 
また、アンバランスアウト仕様の新しいMONOSASHIと 同じサイズのケースです。
 
リアパネル側。 
WABI-SABI同様、EX インプットが備わりました。 
このEXインプットは別売のループシステムを接続することに対応しており、 ペダルボードとの親和性が増し、また足元でミュートをしたいなどの 現場のニーズにも応えることができます。 
  
その上のスイッチは インプットAの信号をEXインプットからの信号にするか、 フロントパネルからのフォン入力にするかを選択します。 
  
 
 
手前には電源スイッチと専用ACアダプターのインプット。
 
  その奥に見えるXLR端子からバランスアウトします。
その上にはフェイズスイッチ・グランドリフトが備わります。
 
 
続いてフォンジャックが2種類。 
  
アンバランスアウト
(ミュート機能が反映) ボリューム操作可能なスルーアウト

スルーアウト
ミュート機能は反映せずオンオフに関わらず信号が流れる仕様) 
 
となっています。
 
アンバランスアウトはオプションでアンバランス型のMONOSASHIプリアンプを追加搭載することもできます。そうすれば一台二役のDI+アンバランスMONOSASHIという形にも!
 

でもMONOSASHI higherに向いていない人もいます。。。

 

 
「DIに通すだけで音が太くなる」
 「使うだけで音が変わる!」
 
 
というような、
リアンプ視点で往年のアナログ機材を例にみるような機材の捉え方ってありますよね。
 
そういった機材の”マジック”を
MONOSASHI higherに強く期待している人には向いていません。
 
 
 


通しただけで「強くなる」?
 
 
 
当然ハンドメイドのこだわって作り出される機材ですから、
音が良いのは当然といいますか、
通しただけでその空気感など量産品などと比べれば
うっとりされるような何かが確実にあります。
 
しかし
私たちVintage Faceで提供しているものは
そういった価値観とは正反対な考え方による部分に
一番の魅力が詰まっています。
 
 
「受け身でいても機材でいい感じに変化する」
タイプのものではなく、
 
「奏者が自身の表現によって旋律を音楽的に響かせている」
というシンプルな演奏表現の可能性、
エレキではない楽器ではごくごく当たり前で自然な目線に向き合って、
その実現をエレキ楽器でも実現すること。
これをサポートすることにあると考えているのからです。
 
 
そういったことを信念に持っていますから、
 
もし
 
自分でつけた表情・選んだタッチ以上に
音が太く聞こえる効果を期待したり、
何か押し出し感・プッシュして聞こえるようになる効果を期待して
MONOSASHI higherを触るのであれば、
 
ちょっと期待はずれなものとなるでしょう。
 
 
 

こんな人に向いています。

 

 
 
 

一方で、
 
 
 
「同じ楽器なのに違う人が弾くと全く違う音色や音量で聞こえてくる」
 
このように、
エレキ楽器奏者にもまるでアコースティック楽器を扱っているかのような、
「演奏者と楽器」という二つの密接な関係性や距離感で音が決まってくる体験
 
これを提供することをコンセプトに持っているので
 
 
・このコンセプトにシンプルに共感頂ける方
 
 
そして、
 
・弾いたままストレスなく音になる機材を求めていた!
 
・腕を磨いた分、しっかり音に反映できる機材を!
 
・逆にいえば汚い音を出したら汚く、細い音は細いまま、
そのまま出せること
 


 
 
・自分の尊敬しているミュージシャンはどんな時でも自分らしさを持っていて、
どんなベースに持ち替えてもその人らしさをを出しているよなぁ
そんな風に楽器を楽しめるようになりたい。
 
 
このように考えている方。
思っている・願っている方。
 
 
そんな方には、
これ以上ぴったりなDI/HAは他にないでしょう。
 
 

 

 
「DIに通すだけで音が太くなる」
 「使うだけで音が変わる!」
 
 
というような、
リアンプ視点で往年のアナログ機材を例にみるような機材の捉え方ってありますよね。
 
そういった機材の”マジック”を
MONOSASHI higherに強く期待している人には向いていません
 
 
 


通しただけで「強くなる」?
 
 
 
当然ハンドメイドのこだわって作り出される機材ですから、
音が良いのは当然といいますか、
通しただけでその空気感など量産品などと比べれば
うっとりされるような何かが確実にあります。
 
しかし
私たちVintage Faceで提供しているものは
そういった価値観とは正反対な考え方による部分に
一番の魅力が詰まっています。
 
 
「受け身でいても機材でいい感じに変化する」
タイプのものではなく、
 
「奏者が自身の表現によって旋律を音楽的に響かせている」
というシンプルな演奏表現の可能性、
エレキではない楽器ではごくごく当たり前で自然な目線に向き合って、
その実現をエレキ楽器でも実現すること。
これをサポートすることにあると考えているからです。
 
 
そういったことを信念に持っていますから、
 
もし
 
自分でつけた表情・選んだタッチ以上に
音が太く聞こえる効果を期待したり、
何か押し出し感・プッシュして聞こえるようになる効果を期待して
MONOSASHI higherを触るのであれば、
 
ちょっと期待はずれなものとなるでしょう。
 
 
 

こんな人に向いています。

 

 
 
 

一方で、
 
 
 
「同じ楽器なのに違う人が弾くと全く違う音色や音量で聞こえてくる」
 
このように、エレキ楽器奏者にもまるでアコースティック楽器を扱っているかのような、
「演奏者と楽器」という二つの密接な関係性や距離感で音が決まってくる体験
 
これを提供することをコンセプトに持っているので
 
 
 ・このコンセプトにシンプルに共感頂ける方
 ・弾いたままストレスなく音になる機材を求めていた
 ・腕を磨いた分、しっかり音に反映できる機材を!
 ・逆にいえば汚い音を出したら汚く、細い音は細いまま、そのまま出せること
 


 
 
自分の尊敬しているミュージシャンはどんな時でも自分らしさを持っていて、 どんなベースに持ち替えてもその人らしさをを出しているよなぁ、そんな風に楽器を楽しめるようになりたい。
 
 
このように考えている方。
思っている・願っている方。
 
 
そんな方には、
これ以上ぴったりなDI/HAは他にないでしょう。
 
 

 
 
 
<通常価格>
 
¥147,000-(税別) 
 
 
 
 
<オプション>
 
アンバランス仕様の新しいMONOSASHI回路を追加し
従来のMONOSASHI Doppioのように
DIとアンバランスプリアンプを同時に使用する方法
+¥40,000-
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今年の締めのライブに過去最高のDIサウンドで
挑みたい方は他にいませんか?

MONOSASHI higher 
12月上旬お届けロット受付のお知らせ!
 

今年の締めのライブに過去最高のDIサウンドで
挑みたい方は他にいませんか?

 

MONOSASHI higher 
12月上旬お届けロット受付のお知らせ!
 
 

 


選べる三種類のプラン

 
 
 
MONOSASHI higherのベーシックなモデルをオーダー。
主にDIとして、あるいはPAパワーアンプに接続する用途で導入したい方へ。
 
税別価格 ¥147,000- 

 
 
 
 
 
  アンバランスアウトもパワーアンプに接続できるようにしたい。
そんな希望にお答えできる、 最新のMONOSASHI回路を追加搭載するオプション付きモデルとしてオーダー。 DI+アンバランスHAとして使いたい方のために。
 
税別価格 ¥187,000- 

 
 

 
 
 
 
 
BASIC PLUSモデルに加え、足元でミュート操作やボリューム調整、A/B切り替えを可能とする専用のLoop System VLS-01。そして万が一会場側の都合によりラインレベルのDIを扱えずマイクレベルを要求された時の特別な対策ツールとしてDI Signal Level Converter。この二種類をセットにしたパッケージがAdvanced オーダーです。
 
税別価格 ¥230,000-
 
 

 

あなたにぴったりなプランの選び方

 
 
3種類のもう少し詳しい解説です。
 
 
1、BASIC
 


 
BASICではシンプルに素晴らしいDIを手にいれる、ような使い方になります。
二本のベースを接続し、ボリューム合わせをし、切り替えて使用できます。
バランスアウトがメインの出力です。
背面のスルーアウトやアンバランスアウトからは他のDIと同じように、
ベースアンプのインプットに送り出す・あるいはチューナーに送り出すなどの使い方ができます。
 
またBASICを選択したとしても、後からBASIC PLUSへのアップグレードが可能です。(工賃込み税別¥50,000-)
 
 
 
2、BASIC PLUS
 

最も人気のモデルがこちらです。
 
Vintage Faceが世に出た一番のきっかけ製品がMONOSASHIです。
MONOSASHIはかつては一種類しかなく、それはパワーアンプに接続することを前提に増幅したプリアンプをアウトをもつ、アンバランス型のHAでした。
 
パワーアンプに接続可能なHAというのは、単体売りされているパワーアンプのみを持ち歩き好みのベースアンプシステムを作り出すような用途や、
HAだけを持ち運び、そのライブハウスやスタジオに常設しているベースアンプの「パワーアンプ部分だけ」を活用する画期的な方法を生み出しました。
 
MONOSASHI(パワーアンプレスのHA)+パワーアンプという全く別のサウンドや演奏性を持つベースアンプとして「再構築」することが可能で、これがとても魅力的なんです。
 
この機能の最新バージョンを
DIに追加で内臓することができるオプションがこちら。
 
 
通常、優れたDIに対する自分のモニターは転がしスピーカーになりますが、
常に転がしモニターがベースに対して有利な大口径スピーカーであってくれるとは限らず、場所によっては10インチや12インチと小型になってしまいます。
 
でもオプションでMONOSASHIを追加していれば、
背面にあるベースアンプからのモニターサウンドも、その場で「再構築」することで、元に比べて発音がはっきりし、タッチニュアンスに対しても忠実度が増します。キャビネットのクセまでは変えることができませんが、それでもコロガシよりも音圧・余裕があり、楽しみがいの感じられるモニターを実現するでしょう。
 
 
 
3、Advanced
 
実践的なアイテムをあらかじめセットにしたものがこちらです。
若干、セットプライスとして後から導入するよりお得になっています。
ライブ活動でさっそくフル活用されたい方や、
大型のスイッチャーシステムは組まないけれども、
必ず1、2個のエフェクトペダルは持っていくかもなぁという方にオススメです。
 
 
 
セット内容の一つ目がループシステムVLS-01です。
 
これは新しいMONOSASH、MONOSASHI higher、
そして新しいWABI-SABIのみで 使用可能な専用アイテムです。

 
なんとこのボックス、
マイクケーブルを使用してMONOSASHI higheと結線するだけで、
本体に電源が供給されて動く仕様なんです。
電池もアダプターも追加はしなくて平気です。
 
 
楽器の持ち替えやミュートをアンプの操作ではなく
フットペダルタイプとして扱えるようにすることで、よりスマートに。
そしてバッファーアンプ内臓のループ機能を持ちます。
 
エフェクターを使いたい場合
多くは直列のオンオフでMONOSASHIに接続することになりますが、
特にパッシブベース使用時に
楽器の直後に何の機材で信号を受け止めるかは重要です。
 
そこでVLS-01では楽器からの信号を一番に良質なバッファーアンプで受け止めたのち、
オンオフ可能なループ経路をひとつ持つため、
そこに並列でエフェクトループを組むことが可能です。
こうしておくことで 常に純粋な経路は保ったまま、
エフェクトもネガティブにならずに積極的に使用していくことができるでしょう。
 
 
 
 
セットアイテムの二つ目が
DI SIGNAL LEVEL COVERTERです。

これもまた、MONOSASHI higher、そして新しいWABI-SABIのみで
使用可能な特別なアイテムとして開発されました。
 
 
バランスアウトの信号は通常+4dBラインレベルで送り出しすることになるのですが、
どうしても会場の都合で+4dBラインレベルではなく マイクレベルや一般的なDIの出力レベルを要望された場合、
会場のマイクプリアンプに接続可能な出力レベルまでにダウンコンバートすることが可能な専用ボックスです。
 
バランスアウトを一旦このボックスのインに接続し、
アウトからPAへ送り出せば一発で問題が解決します。
 
 
またこのボックスはDI破損の一番の原因となる
「誤って送られてしまったファンタム電源」を回避するための 特別な設計が追加されているため、
PA側で誤ってファンタムを流してしまった場合でもこのボックスから先にはファンタムが送り出される心配がありません。
 
マイクプリアンプに接続される
=ファンタム誤作動の危険  から
大切なDIを守るための防衛策としても役にたつでしょう。
 
 
 

 
 
3種類のもう少し詳しい解説です。
 
 
1、BASIC
 


 
BASICではシンプルに素晴らしいDIを手にいれるような使い方になります。
二本のベースを接続し、ボリューム合わせをし、切り替えて使用できます。 バランスアウトがメインの出力です。 背面のスルーアウトやアンバランスアウトからは他のDIと同じように、 ベースアンプのインプットに送り出す・あるいはチューナーに送り出すなどの使い方ができます。 BASICを選択したとしても、アンバランスのプリアンプは必要になれば後から有償で追加搭載することも可能です。(工賃込み 税別¥50,000-)
 
 
 
2、BASIC PLUS
 

すでに企画段階の先行プレオーダーで入手されている方の中でも、 最も人気のモデルがBASIC PLUSです。
 
Vintage Faceが世に出た一番のきっかけ製品がMONOSASHIです。 MONOSASHIはかつては一種類しかなく、それはパワーアンプに接続することを前提に増幅したプリアンプをアウトをもつ、アンバランス型のHAでした。
 
パワーアンプに接続可能なHAというのは、単体売りされているパワーアンプのみを持ち歩き好みのベースアンプシステムを作り出すような用途や、 HAだけを持ち運び、そのライブハウスやスタジオに常設しているベースアンプの「パワーアンプ部分だけ」を活用する画期的な方法を生み出しました。
 
MONOSASHI(パワーアンプレスのHA)+パワーアンプという全く別のサウンドや演奏性を持つベースアンプとして「再構築」することが可能で、これがとても魅力的なんです。
 
このプリアンプ機能の最新バージョンを DIに追加で内臓することができるオプションがこちら。
 
 
通常、優れたDIに対する自分のモニターは転がしスピーカーになりますが、 常に転がしモニターがベースに対して有利な大口径スピーカーであってくれるとは限らず、場所によっては10インチや12インチと小型になってしまいます。 でもオプションでMONOSASHIを追加していれば、 背面にあるベースアンプからのモニターサウンドも、その場で「再構築」することで、元に比べて発音がはっきりし、タッチニュアンスに対しても忠実度が増します。キャビネットのクセまでは変えることができませんが、それでもコロガシよりも音圧・余裕があり、楽しみがいの感じられるモニターを実現するでしょう。
 
 
 
3、Advanced
 
実践的なオプションアイテムをあらかじめセットにしたものがAdvancedです。 若干、セットプライスとして後から導入するよりお得になっています。 ライブ活動でさっそくフル活用されたい方や、
大型のスイッチャーシステムは組まないけれども、 必ず1、2個のエフェクトペダルは持っていくかもなぁという方にオススメです。
 
 
 
セット内容の一つ目が
ループシステムVLS-01です。
 
これは新しいMONOSASH、MONOSASHI higher、 そして新しいWABI-SABIのみで使用可能な専用アイテムです。

 
なんとこのボックス、 マイクケーブルを使用してMONOSASHI higheと結線するだけで、
本体に電源が供給されて動く仕様なんです。 電池もアダプターも追加はしなくて平気です。
 
 
楽器の持ち替えやミュートをアンプの操作ではなく フットペダルタイプとして扱えるようにすることで、よりスマートに。 そしてバッファーアンプ内臓のループ機能を持ちます
 
エフェクターを使いたい場合 多くは直列のオンオフでMONOSASHIに接続することになりますが、 特にパッシブベース使用時に 楽器の直後に何の機材で信号を受け止めるかは重要です。
 
そこでVLS-01では楽器からの信号を一番に良質なバッファーアンプで受け止めたのち、
オンオフ可能なループ経路をひとつ持つため、 そこに並列でエフェクトループを組むことが可能です。 こうしておくことで常に純粋な経路は保ったまま、 エフェクトもネガティブにならずに積極的に使用していくことができるでしょう。
 
 
 
 
セットアイテムの二つ目が
DI SIGNAL LEVEL COVERTERです。

これもまた、MONOSASHI higher、そして新しいWABI-SABIのみで
使用可能な特別なアイテムとして開発されました。
 
 
バランスアウトの信号は通常+4dBラインレベルで送り出しすることになるのですが、 どうしても会場の都合で+4dBラインレベルではなく マイクレベルや一般的なDIの出力レベルを要望された場合、ラインレベル出力であるバランスアウトの信号を 会場のマイクプリアンプに接続可能な出力レベルまでにダウンコンバートすることが可能な専用ボックスです。
 
バランスアウトを一旦このボックスのインに接続し、 アウトからPAへ送り出せば一発で問題が解決します。
 
  またこのボックスはDI破損の一番の原因となる 「誤って送られてしまったファンタム電源」を回避するための特別な設計が追加されているため、 PA側で誤ってファンタムを流してしまった場合でもこのボックスから先にはファンタムが送り出される心配がありません。
 
マイクプリアンプに接続される =ファンタム誤作動の危険  から 大切なDIを守るための防衛策としても役にたつでしょう。
 
 
 

オンライン限定・本ロット特典!!

 

特典 二種類から選べる 運搬ケース  (8,000円相当)

 
MONOSASHI higherと専用ACアダプターをセットで持ち運ぶための
ケースをご用意しました。
以下のハードかソフトをお選びください。
 
 

パターンA、
安全に持ち運ぶことができる防滴・防塵ハードケース

 

 
  

MONOSASHI higherとACアダプターが入るよう
内部加工済みで配送します!
 
 
 

パターンB、
普段お使いのトートバッグやリュックなどに
安心していれることができるインナーバック型のソフトケース
 

 

 
カメラ用に作られたクッションケースは
レンズとボディを内部で仕切ることができる構造のため、
本体とアダプタを仕切り納められる!
 

 

特典 二種類から選べる 
運搬ケース  (8,000円相当)

 
MONOSASHI higherと専用ACアダプターをセットで持ち運ぶためのケースをご用意しました。以下のハードかソフトをお選びください。
 
 

パターンA、
安全に持ち運ぶことができる
防滴・防塵ハードケース

 

 
  

MONOSASHI higherとACアダプターが入るよう内部加工済みで配送します!
 
 
 

パターンB、
普段お使いのトートバッグやリュックなどに
安心していれることができるインナーバック型のソフトケース
 

 

 
カメラ用に作られたクッションケースは
レンズとボディを内部で仕切ることができる構造のため、本体とアダプタを仕切り納められる!
 

一度知ったらずっと使い続けることができるノウハウ

一度知ったら、
ずっと使い続けることができます。
 
これまではベース用の機材やアンプに「その機材やアンプの音色」を求めて
新しい機種を導入したり、買い替えたりをしてきたことがあるかと思います。
 
でもあなたが買うものが
そのまま「新しい機材」なのであれば、
その機材が無くなった時には
活かせるものは多くはありません。
 
 
でも
「MONOSASHI」の場合はどうでしょうか。
 
ここまでお読み頂いたあなたなら、
きっと「MONOSASHI自体の音色を求めて」導入されることはしないはずです。
 
その代わりに
MONOSASHIを含めた演奏環境を構築してみることで、エレキ楽器の中に、アコースティック楽器のような感覚を、音を出す喜びや楽しみを感じることができるでしょう。
 
 
その楽しみというのは、
フレーズを流暢に弾くずっと以前の段階に、
その一音一音にじっくり浸る経験をもたらすものです。
 
 
「この楽器をどう弾いたら、どんな音が出てくれているのか」
「では、こういう音にするにはどう弾いたら良いのか」
 
 
これまでよりも
もっとミクロな部分に向き合うことになるでしょう。
 
 
そういった経験はMONOSASHI以外の
色々な環境でも
今後ずっと、あなたの演奏の基礎となり
生かし続けることができますよね。
 
「機材の購入」がゴールではなく、
「演奏の新しい楽しみ」を得るためのMONOSASHIです。
 
 
あなたならMONOSASHIをどう活用しますか?
 
 

MONOSASHI12月上旬出荷ロット受付は
9/5(水)が締め切りです。
 

一度知ったら、ずっと使い続けることができます。
 
これまではベース用の機材やアンプに「その機材やアンプの音色」を求めて
新しい機種を導入したり、買い替えたりをしてきたことがあるかと思います。
 
でもあなたが買うものが
そのまま「新しい機材」なのであれば、
その機材が無くなった時には
活かせるものは多くはありません。
 
 
でも「MONOSASHI」の場合はどうでしょうか。
ここまでお読み頂いたあなたなら、
きっと「MONOSASHI自体の音色を求めて」導入されることはしないはずです。
 
その代わりに
MONOSASHIを含めた演奏環境を構築してみることで、
エレキ楽器の中に、アコースティック楽器のような感覚を、
音を出す喜びや楽しみを感じることができるでしょう。
 
 
その楽しみというのは、
フレーズを流暢に弾くずっと以前の段階に、
その一音一音にじっくり浸る経験をもたらすものです。
 
 
「この楽器をどう弾いたら、どんな音が出てくれているのか」
「では、こういう音にするにはどう弾いたら良いのか」
 
 
これまでよりも
もっとミクロな部分に向き合うことになるでしょう。
 
 
そういった経験はMONOSASHI以外の
色々な環境でも
今後ずっと、あなたの演奏の基礎となり
生かし続けることができますよね。
 
「機材の購入」がゴールではなく、
「演奏の新しい楽しみ」を得るためのMONOSASHIです。
 
 
あなたならMONOSASHIをどう活用しますか?
 
 

MONOSASHI12月上旬出荷ロットの追加受付は
9/5(水)が締め切りです。
 

 

オーダーに関するQ&A

オーダーに関するQ&A

 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、
Paypal決済(クレジットカード可)の2種類に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
カートでは銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
今回のMONOSASHI higher制作ロットは12月上旬を目処に発送予定ですので、受け取りまではお時間を要しますが、完成時にご連絡から配送となります。
 


 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、
Paypal決済(クレジットカード可)の2種類に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
今回のMONOSASHI higher制作ロットは12月上旬を目処に発送予定ですので、受け取りまではお時間を要しますが、完成時にご連絡から配送となります。
 


MONOSASHI higherのBASICオーダーはこちらから。

MONOSASHI higherにアンバランスプリアンプ追加搭載の
Basic Plusオーダーはこちらから。

MONOSASHI higher にアンバランスプリアンプを追加搭載し、実践的なオプションアイテムをセットにしたAdavancedオーダーはこちらから。