さらなる高みへ。
バランスアウト仕様のフラグシップ

 

 
 
 
 
 

  
 
 
 

 


 
 
 

・PA用パワーアンプに接続させる専用HAとして(バランス出力仕様)

 

既存のベースアンプでは物足りなかった、
演奏表現に追随するアンプシステムを形にするために。
 
 
より理想的なサウンドを探し始めると、
既存のベースアンプヘッドのパワーアンプセクションでは限界が出てきます。
 
そこで
PA用のパワーアンプを組み合わせて
[ひとつのベースアンプヘッド]の 代わりにするための最適な形
 
それを追求したのが MONOSASHI higher です。
 
 
 
 
 

・最高峰のDIとして。

 
パワーアンプへ接続する必要がない時に、
M-DIの流れを受け継ぐVi ntage Faceのフラグシップ DIとして
 
 
オーディエンスに届ける音にこそ M ONOSASHIのコンセプトを反映した、
演奏表現に忠実なサウンドを届けるために。
 
最高峰の選択肢。
そんなDIをあなたに提供します。
 
 
 
 
 
 
<通常価格>
 
¥147,000-(税別) 
プレオーダーは特別価格にて受付
 
 
 
<オプション>
 
アンバランス仕様の新しいMONOSASHI回路を追加し
従来のMONOSASHI Doppioのように
DIとアンバランスプリアンプを同時に使用する方法
+¥40,000-
 
 
 
 ※デザインは現在作成中の仮イメージです。
製品化に伴い、若干の変更の可能性はございます。
パネルの色味などは金属の質感等で変化致しますので
濃さや色味などは現在調整中です。
ご了承くださいませ。
 
 
 
 
 
 

使い方 <DI編>

 
 
 

1、ベースをインプットへ接続

 
 
ライブやレコーディングでは
二本の異なる特徴を持ったベースを使い分けすることが多いですよね。
 
新しいMONOSASHIは
常に二本の楽器を接続することができます。
 
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、PAやコンソール、インターフェースへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~TRSバランスラインケーブルや
XLR~XLRマイクケーブルを使用して 後ろの機器と接続します。
 
 
 
 

3、チューナーやアンプへ接続

 
 

 
同時にベースアンプやチューナーへ
背面のアンバランスアウトやスルーアウトから接続します。
 
 
オプションでアンバランス型のMONOSASHIを追加させる場合、
追加時はその出力ボリュームを背面のつまみで調整します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の異なる特徴を持ったベースは音質だけでなく、
音量が大きく異なることもあります。
 
インプットセレクトスイッチの横のボリュームで
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 
 

5、LOW CUTセクションをUNBAL側へセットし無効にする

 
 

 
 
DIとしてLOW CUTは一旦必要ありませんので、
使いたい時以外はトグルスイッチをUNBAL側へ切り替えておくこと。
 
LOW CUTはアンバランスアウトからの出力のみに効くようになり、
XLR出力には無効にします。
 
 
 
 
 

6、DIボリュームを調整します 

 
 

 
 
 MONOSASHI higher はこれまでのM-DIなどと同じく
「ラインレベルのDI」になりますが
環境や状況に合わせてボリュームを調整することができます。
 
隣のミュートスイッチでは
楽器の抜き差しや休憩時に出力をミュート可能です。
 
 

 
 
<アンプ編>

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
ライブやレコーディングでは
二本の異なる特徴を持ったベースを使い分けすることが多いですよね。
 
新しいMONOSASHIは常に二本の楽器を接続できます。
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、PA用パワーアンプへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~XLRマイクケーブルを使用して
PA用パワーアンプと接続します。
 
 
PA用パワーアンプは楽器用アンプと異なり、
ほとんどのものがXLRインプットです。
 
高品質なマイクケーブルで結線します。
 
 
 
 

3、チューナーやDIへ接続

 
 

 
同時にDIやチューナーへ
背面のアンバランスアウトやスルーアウトから接続します。
 
 
 
 

4、ボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の異なる特徴を持ったベースは音質だけでなく、
音量が大きく異なることもあります。
 
インプットセレクトスイッチの横のボリュームで
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、LOW CUTセクションをBAL側へセットし有効にする

 
 

 
 
どんなにアンプ側でピュアな増幅ができても、
シュミレート上の理想とは異なり 現実はスピーカーを鳴らす部屋の作りなど
理想的な鳴りになってくれないことがありますよね。
 
 
そんな時、楽器の音作りのためではなく、
部屋なりの悪影響を狙って抑えるためのLOW CUT機能が役にたちます。
 
MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、
部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に
カットしていくことができます。
 
 
 
 

6、アンプのマスターボリュームを調整します 

 
 

 
 
パワーアンプへ送り出すボリュームを調整します。
  隣のミュートスイッチでは
楽器の抜き差しや休憩時に出力をミュート可能です。
 
 
 
 

 
 
オプション追加の際の
MONOSASHI Doppio的な使い方

1、ベースをインプットへ接続

 
 

 
 
ライブやレコーディングでは
二本の異なる特徴を持ったベースを使い分けすることが多いですよね。
 
新しいMONOSASHIは常に二本の楽器を接続できます。
 
スイッチをパッシブ楽器の時はPASSIVEへ、
アクティブ楽器ならACTIVEへ切り替えます。
 
 
 
 

2、XLRアウトをPA・コンソールなどへ接続

 
 

 
リアパネルのバランス出力端子から
XLR~XLRマイクケーブルを使用して
PAへ送り出します。
 
 
 
 
 
 
 

3、パワーアンプへの接続

 
 

 
アンバランスのMONOSASHI回路で増幅した信号を
ベースアンプヘッドの
パワーアンプセクションへ接続します。
ボリュームはその上のつまみで調整します。
 
チューナーへ接続する時はスルーアウトからどうぞ。
 
 
 

4、楽器のボリュームを合わせる

 
 

 
 
二本の異なる特徴を持ったベースは音質だけでなく、
音量が大きく異なることもあります。
 
インプットセレクトスイッチの横のボリュームで
二本の楽器の音量を揃えます。
 
コツは小さい出力の楽器に合わせて、
大きい楽器のレベルを下げることです。
 
 
 
 

5、LOW CUTセクションをUNBAL側へセットし有効にする

 
 

 
 
どんなにアンプ側でピュアな増幅ができても、
シュミレート上の理想とは異なり 現実はスピーカーを鳴らす部屋の作りなど
理想的な鳴りになってくれないことがありますよね。
 
 
そんな時、楽器の音作りのためではなく、
部屋なりの悪影響を狙って抑えるためのLOW CUT機能が役にたちます。
 
今回は追加搭載するMONOSASHI回路に対して効くように、
スイッチはUNBAL側へ。
 
MINで効果なしの状態から時計回りにまわすほど、
部屋鳴りに関係するスーパーローの帯域のみを薄く自然に
カットしていくことができます。
 
 
 
 

6、DIボリュームも調整します 

 
 

 
 
PAやコンソールへ送り出すDIのボリュームを調整します。
 
  隣のミュートスイッチでは
楽器の抜き差しや休憩時に出力をミュート可能です。
 
 
 
 

Q&A

Q1、リアパネルにあるEX inputとは??
 
A、別売予定のLoop Systemに対応するための
専用インプットジャックです!

 

 Loop Systemは 足元に配置するバッファーアンプ内蔵の
エフェクトループ機能付きのA/B ボックスです。
 
MONOSASHIのアンプの性能の一部を
足元まで拡張できる魅力があります。
 
 
 

Q2、EX inputにVintage Faceの
プラグ型アンプ”SWITCH”は接続できますか??
 
A、仕様が異なるため直結はできません。
ただし別売予定のLoop Systemの方でSWITCHにも対応します。

 
 
 
 

Q3、サウンドの違い
 
新しいMONOSASHI と MONOSASHI higherで
音やポテンシャルはどれくらい違うのでしょうか?
 
 
A、基本的にバランスとアンバランスでは接続されるパワーアンプ自体も違い、
それによる総合的なポテンシャルも異なるため
完全に同じ目線で比較することは難しいものの、
 
MONOSASHI higherの方がHAとして高いポテンシャルを持ち、
より立体的で忠実なサウンドを手にすることが可能です。
 
それこそが、
今回私たちが慣れ親しんだフラグシップの仕様を
大幅に変更することを決断した本質的な理由であります。
 

ただし、
higherでない新しいMONOSASHIも 従来の使い勝手を維持した上で
従来のMONOSASHIのサウンドを上回りますので
これはより高い基準での比較でのお話です。
 
 
 
 
注:一般論としてのバランス・アンバランス回路の
どちらが音が良い悪いといった話は全く関係がありません。
 

 
Q4、大きさについて
 
MONOSASHI higherはどれくらいの大きさでしょうか?
今のMONOSASHIとどれくらい違いますか?
  
A、現行に近いサイズ感に留めいています。
 
W200 H80+足  D140+つまみ 
 
また、重さは未定ですが、
現行とさほど変わらないでしょう。 

 
 

MONOSASHI higerと新MONOSASHIのケースは
パネルや機能以外は同一のものです。
 


 

Q5、付属品など
 
MONOSASHI higherの付属品などは?
  
A、専用ACアダプター・
マニュアル・保証書が付属します。
 
 



 
Q6、PA用パワーアンプがラックタイプが多いので、
ラックタイプでは作らないのでしょうか?
 
 
  A、MONOSASHI higherは
パワーアンプに接続させるパワーアンプレスのベースアンプとしてだけでなく
M-DIの流れを受け継ぐDIとしての役割もあるため、
レギュラーラインでは従来通りのアンプ形状に留めておくことで
色々なシーンでの使いやすさを重視しました。
また、アンプ形状の方がラック形状よりも重量は軽くできるため
運搬的にはメリットもございます。

 

現時点ではラックタイプの製作予定は未定です。

 
 


 

Q1、リアパネルにあるEX inputとは??
 
A、別売予定のLoop Systemに
対応するための専用インプットです!

 

 Loop Systemは 足元に配置する
バッファーアンプ内蔵の
エフェクトループ機能付き
A/B ボックスです。
 
MONOSASHIのアンプの性能の一部を
足元まで拡張できる魅力があります。
 
 
 

Q2、EX inputにVintage Faceの
プラグ型アンプ”SWITCH”を
接続できますか??
 
A、仕様が異なるため
直結はできません。

 

ただし
別売予定のLoop Systemの方で
SWITCHにも対応します。

 
 
 
 

Q3、サウンドの違い
 
新しいMONOSASHI と MONOSASHI higherで
音やポテンシャルは
どれくらい違うのでしょうか?
 
 
A、基本的にバランスとアンバランスでは接続されるパワーアンプ自体も違い、それによる総合的なポテンシャルも異なるため完全に同じ目線で比較することは難しいものの、
 
MONOSASHI higherの方が
HAとして高いポテンシャルを持ち、
より立体的で忠実なサウンドを手にすることが可能です。
 
それこそが今回
慣れ親しんだフラグシップの仕様を
大幅に変更することを決断した本質的な理由であります。
 

ただし、
higherでない新しいMONOSASHIも
従来の使い勝手を維持した上で
従来のMONOSASHIのサウンドを上回りますので
これはより高い基準での比較でのお話です。
 
 
 
 
注:一般論としてのバランス・アンバランス回路の
どちらが音が良い悪いといった話は全く関係がありません
 

 
Q4、大きさについて
 
MONOSASHI higherは
どれくらいの大きさでしょうか?
今のMONOSASHIとどれくらい違いますか?
  
A、現行に近いサイズ感に
留めています。
 
W200 H80+足  D140+つまみ 
 
また、重さは未定ですが、
現行とさほど変わらないでしょう。 

 
 

MONOSASHI higerと新MONOSASHIのケースは
パネルや機能以外は同一のものです。
 


 

Q5、付属品など
 
MONOSASHI higherの
付属品などは?
  
A、専用ACアダプター・
マニュアル・保証書が付属します。
 
 



 
Q6、PA用パワーアンプは
ラックタイプが多いので、
ラックタイプで作らないの??
 
 
  A、MONOSASHI higherは
パワーアンプレスのベースアンプとしてだけでなくM-DIの流れを受け継ぐDIとしての役割もあるため、

 

レギュラーラインでは従来通りのアンプ形状に留めておくことで色々なシーンでの使いやすさを重視しました。

 

また、アンプ形状の方がラック形状よりも重量は軽くできるため運搬的にはメリットもございます。

 

現時点ではラックタイプの製作予定は未定です。

 
 


 

 これ以上ない条件で最高のアンプを手にしませんか?
今だけの特別なプレオーダーのお知らせ

 これ以上ない条件で最高のアンプを手にしませんか?
今だけの特別なプレオーダーのお知らせ

ご覧頂きありがとうございます!
来年1月中に正式発表を予定しております

MONOSASHI higher

 


 
ついに新しくなるMONOSASHIシリーズのフラグシップ機であり、
M-DIというラインナップがなくなる代わりに、
その流れを受け継ぐDIとしてのフラグシップ機でもあります。
 
 
ふたつのフラグシップを担うMONOSASHI higherは
まさに今後の中心的な一台になること間違いありません。
 
 
技術も大幅に向上し、4年間の現場のフィードバックも反映させ、
サウンド面は当たり前ながら、
より理想だけでなく現実的なニーズを踏まえた仕様を手にしました。
 
 
しかしながら開発段階の今、
あなたに試して頂くためのデモ機などはありません。
 
 
そこでこのタイミングでオーダー頂けるあなたのために、
これ以上ない条件で最新のMONOSASHI higherを提供するという
先行プレオーダーを開始致します!
 


 
 



 
 
 

 

ご覧頂きありがとうございます!
来年1-2月に正式販売の予定である

MONOSASHI higher

 


 
新しくなるMONOSASHIシリーズのフラグシップ機であり、M-DIというラインナップがなくなる代わりに、その流れを受け継ぐDIとしてのフラグシップ機でもあります。
 
 
ふたつのフラグシップを担うMONOSASHI higherは、まさに今後の中心的な一台になること間違いありません。
 
 
技術も大幅に向上し、4年間の現場のフィードバックも反映させ、
サウンド面は当たり前ながら、
より理想だけでなく現実的なニーズを踏まえた仕様を手にしました。
 
 
しかしながら開発段階の今、
あなたに試して頂くためのデモ機などはありません。
 
 
そこでこのタイミングでオーダー頂けるあなたのために、
これ以上ない条件で最新のMONOSASHI higherを提供するという
先行プレオーダーを開始致します!
 


 
 



 
 
 

 

Vintage Faceのプレオーダーとは??

正式発売前の発表段階でレビュー等のない新製品をオーダー頂けることを条件に、
通常販売価格よりもかなりお得な特別条件でオーダー頂けるというものです。
 

MONOSASHIの場合
12月オーダー/決済  → (1~2月正式発表)→お客様へ 2月中旬〜製品お届け予定

 
※納期はオーダー順の製作になりますのでオーダー数によって変動します。
あらかじめご了承ください。


選べる三種類のプラン

 
 
 
 
MONOSASHI higherのベーシックなオーダーです。
DIとして、HAとして導入したい方へ。
 
税別価格 ¥147,000- → プレオーダー  ¥120,000-

 
 
 
 
 
 
最新のアンバランス仕様のMONOSASHI回路を追加搭載するオプション付きのオーダーです。 DI+アンバランスプリアンプとして使いたい方のために。
 
税別価格 ¥187,000- → プレオーダー  ¥160,000-

 
 

 
 
 
 
 
 
アンプとしてもDIとしても、 MONOSASHI higherのバランスアウトを使用してみようという 妥協なき挑戦をサポートするMONOSASHI higher 2台セットのスペシャルオーダープランです。
税別価格¥294,000-→ セット¥264,000- → プレオーダー¥220,000- 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
今回は単なる新製品ではなく、
Vintage Faceのこれまでを支えてきた中心的製品の進化ですので、
一足早く発表したWABI-SABIのニュースに伴い、多くの方からMONOSASHIについてもどうなるのか、ご質問頂きました。
 
たくさんのご質問、ご相談をありがとうございます!
 
少人数体制ですので、
今回のシリーズ、特に最もお得な条件のプレオーダーに関しては
生産体制が追いつかなくならないように期間を短めに絞らせて頂いております。
 
 
プレオーダーの募集期間は 12/10~12/17  です!
 
 
 
全てが新しくなる最新のMONOSASHIを
これ以上ない条件でオーダー頂ける特別な機会ですので
 是非この機会を活用してくださればと思います!
 
 
 
 



 
 

 

 

 
 
 
 
今回は単なる新製品ではなく、
Vintage Faceのこれまでを支えてきた中心的製品の進化ですので、
一足早く発表したWABI-SABIのニュースに伴い、多くの方からMONOSASHIについてもどうなるのか、ご質問頂きました。
 
たくさんのご質問、ご相談をありがとうございます!
 
少人数体制ですので、
今回のシリーズ、特に最もお得な条件のプレオーダーに関しては
生産体制が追いつかなくならないように期間を短めに絞らせて頂いております。
 
 
プレオーダーの募集期間は 12/10~12/17  です!
 
 
 
全てが新しくなる最新のMONOSASHIを
これ以上ない条件でオーダー頂ける特別な機会ですので
 是非この機会を活用してくださればと思います!
 
 
 
 



 
 

オーダーに関するQ&A

オーダーに関するQ&A

 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、クレジットカード決済(Squareサービスを使用)
Paypal決済(クレジットカード可)の三種類に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
カートでは銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になりますが
クレジットカード決済をご希望の場合は一旦銀行振込をお選び頂き、記入後備考欄に「カード決済を希望」といった内容を記入しお知らせください。確認後、Squareサービスからオンライン請求書を発行し送信しますので、メールに届き次第カード決済を行っていただく流れになります。
 
 

Q、クレジットカード決済について、PaypalとSquareの違いは?

 
Vintage FaceではこれまでPaypal決済を中心に扱ってきましたが、Paypal決済はアカウント作成後、自動的に安全のために限度額設定が10万円程度に設定されており、はじめて限度額以上の製品を購入する決済に利用するためには初期限度額の設定解除のための申請が必要になります。申請自体は身分証明書などをスキャンして登録し、Payapalからハガキが届くのを待ったりするのに約2週間程度要すため、あらかじめの事前準備が必要でした。
一方一度このような手続きをしてしまえば気軽に利用でき、Vintage Faceのみならず
なんとなくカード番号を直接入力したくないような海外通販のような取引でも利用でき便利なサービスです。つまりすでにPAYPALアウカウントをお持ちの方にとってはとても便利に利用しやすいということですね。
 
一方Squareはそういった限度額設定はないため、はじめから普通にクレジットカードを使用するようにご利用頂くことが可能で、その点がとても快適です。PAYPALアカウントをお持ちでない方で10万円以上の決済をされる場合はSquareの方が余分な手間がかかりません。
 
またPAYPAL・Squareどちらともそれぞれの会社のサービスを介して決済致しますのでお客様のカード情報はVintage Faceではお預かりすることはありません。
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalもSquareも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
MONOSASHI higherのプレオーダーは二月中旬からを目処に発送予定ですので、少々受け取りまではお時間を要しますが、完成時にご連絡から配送となります。
 


 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、クレジットカード決済(Squareサービスを使用)
Paypal決済(クレジットカード可)の三種類に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
カートでは銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になりますが
クレジットカード決済をご希望の場合は一旦銀行振込をお選び頂き、記入後備考欄に「カード決済を希望」といった内容を記入しお知らせください。確認後、Squareサービスからオンライン請求書を発行し送信しますので、メールに届き次第カード決済を行っていただく流れになります。
 
 

Q、クレジットカード決済について、PaypalとSquareの違いは?

 
Vintage FaceではこれまでPaypal決済を中心に扱ってきましたが、Paypal決済はアカウント作成後、自動的に安全のために限度額設定が10万円程度に設定されており、はじめて限度額以上の製品を購入する決済に利用するためには初期限度額の設定解除のための申請が必要になります。申請自体は身分証明書などをスキャンして登録し、Payapalからハガキが届くのを待ったりするのに約2週間程度要すため、あらかじめの事前準備が必要でした。
一方一度このような手続きをしてしまえば気軽に利用でき、Vintage Faceのみならず
なんとなくカード番号を直接入力したくないような海外通販のような取引でも利用でき便利なサービスです。つまりすでにPAYPALアウカウントをお持ちの方にとってはとても便利に利用しやすいということですね。
 
一方Squareはそういった限度額設定はないため、はじめから普通にクレジットカードを使用するようにご利用頂くことが可能で、その点がとても快適です。PAYPALアカウントをお持ちでない方で10万円以上の決済をされる場合はSquareの方が余分な手間がかかりません。
 
またPAYPAL・Squareどちらともそれぞれの会社のサービスを介して決済致しますのでお客様のカード情報はVintage Faceではお預かりすることはありません。
 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalもSquareも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。
MONOSASHI higherのプレオーダーは二月中旬からを目処に発送予定ですので、少々受け取りまではお時間を要しますが、完成時にご連絡から配送となります。
 


MONOSASHI higherのプレオーダー受付開始は
12/10~12/17の期間限定受付です。
 
この機会をお見逃しなく!!

MONOSASHI higherのBASICオーダーはこちらから。

MONOSASHI higherにアンバランスプリアンプ追加搭載の
Basic Plusオーダーはこちらから。

MONOSASHI higherの2台セット
Adavancedオーダーはこちらから。