アンプ無しで”ちょい歪み”
DI革命、再び…!!

 

WORMHOLE

 
 

タイムスリップするDI、出来ました

 
60年代、70年代のジャズ、ファンク、ソウル等のベースサウンドに注目してみると、よく聞くと機材の”どこか”の箇所で歪んでしまった音になっていたり、あるいは明らかに歪んでいるんだけれども独特で、エフェクトで似せようとしても しっくりこない、というようなことがありましたよね。
 
また、ライブでのベースサウンドもナチュラルなトーンで良いのであれば、上質なDIを利用することで中音・外音のギャップを減らすことが可能になりましたが、ドライブサウンドの場合はエアーマイクありきという点で課題が残っていました。
 
キャビから鳴らした特有のドライブサウンドをオーディエンスに届けるために、キャビをマイキングしたエアーの音を混ぜてみる、という方法だとミックス時の位相の狂いから キックとの絡みがよくないなど 様々な問題があり、これを避けるためには 最近ではDSP等シミュレーターを使ったラインサウンドに落ち着いていることも多いようです。でも可能ならやっぱり、もっと良い音をアナログに出したくはありませんか?
 
そんな昔の時代特有のドライブサウンドを可能にするDIがあれば…
 
それは思わぬ形で実現しました!!
 
最先端のDI " MIENAI DI"を応用することで、昔の特定の機材を再現する方法ではない方法により、 ワイドレンジでナチュラルなVINTAGE FACEらしいサウンドから 昔の時代背景を反映したドライブサウンドまで、一台で変化可能にする"DI" 「WORMHOLE」の誕生です!

 
 

タイムスリップするDI、出来ました!

 
60年代、70年代のジャズ、ファンク、ソウル等のベースサウンドに注目してみると、よく聞くと機材の”どこか”の箇所で歪んでしまった音になっていたり、あるいは明らかに歪んでいるんだけれども独特で、エフェクトで似せようとしても しっくりこない、というようなことがありましたよね。
 
また、ライブでのベースサウンドもナチュラルなトーンで良いのであれば、上質なDIを利用することで中音・外音のギャップを減らすことが可能になりましたが、ドライブサウンドの場合はエアーマイクありきという点で課題が残っていました。
 
キャビから鳴らした特有のドライブサウンドをオーディエンスに届けるために、キャビをマイキングしたエアーの音を混ぜてみる、という方法だとミックス時の位相の狂いから キックとの絡みがよくないなど 様々な問題があり、これを避けるためには 最近ではDSP等シミュレーターを使ったラインサウンドに落ち着いていることも多いようです。でも可能ならやっぱり、もっと良い音をアナログに出したくはありませんか?
 
そんな昔の時代特有のドライブサウンドを可能にするDIがあれば…
 
それは思わぬ形で実現しました!!
 
最先端のDI " MIENAI DI"を応用することで、昔の特定の機材を再現する方法ではない方法により、 ワイドレンジでナチュラルなVINTAGE FACEらしいサウンドから 昔の時代背景を反映したドライブサウンドまで、一台で変化可能にする"DI" 「WORMHOLE」の誕生です!

アンバランスアウトにも同じ音が流せる

そしてこのDI、DIアウトを使用せずともDIアウトと同じサウンドをアンバランスアウトから出力することができるので フラットなアンプサウンドを実現するシステムの前段にWORMHOLEを置くだけで ヴィンテージな世界観に早変わりさせることや、ヴィンテージチャンネルを追加するような使い方が可能になります。
 
また、VINTAGE FACEらしさは独特にドライブするかどうか、という点以外ではいつも通り。あくまでDIとして設計されているため 通すだけで作り込まれた古さ感が出てくるわけではないんですね。お使いの楽器や弦やセッティングなどを追い込むことで かえって自然に特有の歪みを伴った 年代感を表現しながら、あなたの楽器の音を出してくれます。

アンバランスアウトからも同じ音が出せる

そしてこのDI、DIアウトを使用せずともDIアウトと同じサウンドをアンバランスアウトから出力することができるので フラットなアンプサウンドを実現するシステムの前段にWORMHOLEを置くだけで ヴィンテージな世界観に早変わりさせることや、ヴィンテージチャンネルを追加するような使い方が可能になります。
 
また、VINTAGE FACEらしさは独特にドライブするかどうか、という点以外ではいつも通り。あくまでDIとして設計されているため 通すだけで作り込まれた古さ感が出てくるわけではないんですね。お使いの楽器や弦やセッティングなどを追い込むことで かえって自然に特有の歪みを伴った 年代感を表現しながら、あなたの楽器の音を出してくれます。

 
 
テスト録音の音源もダウンロード公開中!
 
<録音環境>
 
・Fender PB+フラットワウンド+ミュートスポンジ
・MIENAI DIを楽器直結
・WORMHOLEのDIアウトからインターフェースに録音
・LOGICのドラマーと合わせ、未処理のままミックスダウン
どちらの音源も60年台に作られた機材を70年台に使用しているイメージで、
モードスイッチは60年台モードを使用しソフトにドライブさせています。WORMHOLEのトーンも絞り方向で使用しています。
 
 
 

基本的な使い方

1、インプット

付属の「見えないDI」をマイクケーブルに接続しちょうどよい長さにしたら、WORMHOLEのインプットに接続します。

 

2、電源

背面に付属のACアダプタを刺し、電源をいれます。
 

 

3-1、アンプに接続したい時

アンバランスアウトからベースアンプのインプットに接続してください。
WORMHOLEはDIとして作られていますが、バランスアウトとアンバランスアウトで同じサウンドが出るように作られているので、バランスアウトを使わない時でも音作りのツールとして使用して頂くことが可能です!
 

 

3-2、DIとして使用する時

WORMHOLEのDIは接続する機器からファンタム電源を供給することで動作する仕組みです。DIとして使用する時はここでマイクケーブルを接続し、ファンタム電源を流してもらいます。

 

4、サウンドメイキング

 
WORMHOLEにはGAIN・MASTERの2ボリュームがあり、それ以外にはDIのモードを20XX・1960・1970の3種類から選んで時代背景を反映させ使用することができるモードスイッチ、そして1960・1970のモードの時に使用可能なトーンが備わっています。
 
豊かで自然なサウンドのDIとして使用したい時は20XXモードでGAINを下げめにMASTERを全開で。歪みエフェクターの動作では出てくれないタイプの微妙な歪みを伴うサウンドが欲しい時は1960/1970の二種類を用意しているので、好きな感じになるようにGAINとMASTERの関係性を調整するようにしてください。
 


 
 

5、活用例

 
・2ch有する ワイドレンジなアンプヘッドの片方のチャンネルの前段にWORMHOLEを挟み、ヴィンテージチャンネルとして使用する。
 
・深夜のレコーディングでも、アンプなしのレコーディングでも。イヤモニだけの現場でも。DI直なのにロック・ソウル・ファンク・HIPHOPに合うような、エフェクターとは違う激しくないタイプの立体的なドライブサウンドを得る方法。アンシュミは不要になります!
 
・PAからのラインサウンドに位相の狂いなしで良質なちょい歪みなドライブサウンドのベースをキックとの相性よく実現してしまう新しい方法として。
 

基本的な使い方

 
 

1、インプット

付属の「見えないDI」をマイクケーブルに接続しちょうどよい長さにしたら、WORMHOLEのインプットに接続します。

 

2、電源

背面に付属のACアダプタを刺し、電源をいれます。
 

 

3-1、アンプに接続したい時

アンバランスアウトからベースアンプのインプットに接続してください。
WORMHOLEはDIとして作られていますが、バランスアウトとアンバランスアウトで同じサウンドが出るように作られているので、バランスアウトを使わない時でも音作りのツールとして使用して頂くことが可能です!
 

 

3-2、DIとして使用する時

WORMHOLEのDIは接続する機器からファンタム電源を供給することで動作する仕組みです。DIとして使用する時はここでマイクケーブルを接続し、ファンタム電源を流してもらいます。

 

4、サウンドメイキング

 
WORMHOLEにはGAIN・MASTERの2ボリュームがあり、それ以外にはDIのモードを20XX・1960・1970の3種類から選んで時代背景を反映させ使用することができるモードスイッチ、そして1960・1970のモードの時に使用可能なトーンが備わっています。
 
豊かで自然なサウンドのDIとして使用したい時は20XXモードでGAINを下げめにMASTERを全開で。歪みエフェクターの動作では出てくれないタイプの微妙な歪みを伴うサウンドが欲しい時は1960/1970の二種類を用意しているので、好きな感じになるようにGAINとMASTERの関係性を調整するようにしてください。
 


 
 

5、活用例

 
・2ch有する ワイドレンジなアンプヘッドの片方のチャンネルの前段にWORMHOLEを挟み、ヴィンテージチャンネルとして使用する。
 
・深夜のレコーディングでも、アンプなしのレコーディングでも。イヤモニだけの現場でも。DI直なのにロック・ソウル・ファンク・HIPHOPに合うような、エフェクターとは違う激しくないタイプの立体的なドライブサウンドを得る方法。アンシュミは不要になります!
 
・PAからのラインサウンドに位相の狂いなしで良質なちょい歪みなドライブサウンドのベースをキックとの相性よく実現してしまう新しい方法として。
 

WORMHOLE詳細

 
<Basic Set>
 
<内容物>
・WORMHOLE本体×1
・MIENAI DI ×1
・MIENAI DI用ケース×1
・マニュアル×1
・ACアダプター×1
 
 
<入出力>
・MIENAI DIインプット
・ DIアウトプット(外部からファンタム供給して動作)
・アンバランスアウトプット
 
 
<コントロール>
・WORMHOLEモード切り替えSWITCH
60年台 or 近未来  or 70年台
・ゲイン
・マスターボリューム
・トーン(モードが60年台と70年台の時に機能します)
 
<電源関係>
電源スイッチ
ACアダプター入力端子
 
<備考>
・DIアウト以外はACアダプターで動作します。
(AC/DCアダプター 9Vセンターマイナス or他社のDC供給機能にも対応)
 
・DIアウトはファンタム電源24~48V供給することで動作します。
 
<サイズ>
W180×D180×H 高いところ70/低いところ45
 
<重さ>
約1kg
 
<価格>
Basic Set 
税別¥89,800- 
 
 
 
オプション MIENAI DIなし 
 税別¥59,800- 
 
 
サードロット受付開始!!
2月中旬お届け分の受付は1/21(火)まで
 

WORMHOLE詳細

 
<Basic Set>
 
<内容物>
・WORMHOLE本体×1
・MIENAI DI ×1
・MIENAI DI用ケース×1
・マニュアル×1
・ACアダプター×1
 
 
<入出力>
・MIENAI DIインプット
・ DIアウトプット(外部からファンタム供給して動作)
・アンバラスアウト
 
 
<コントロール>
・WORMHOLEモード切り替えSWITCH
60年台 or 近未来  or 70年台
・ゲイン
・マスターボリューム
・トーン(モードが60年台と70年台の時に機能します)
 
<電源関係>
電源スイッチ
ACアダプター入力端子
 
<備考>
・DIアウト以外はACアダプターで動作します。
(AC/DCアダプター 9Vセンターマイナス or他社のDC供給機能にも対応)
 
・DIアウトはファンタム電源24~48V供給することで動作します。
 
<サイズ>
W180×D180×H 高いところ70/低いところ45
 
<重さ>
約1kg
 
<価格>
Basic Set 
税別¥89,800-  
 
 
 
オプション MIENAI DIなし 
 税別¥59,800- 
 
 サードロット受付開始!!
2月中旬お届け分の受付は1/21(火)まで

誰のための機材??

こんな人にぴったり!
・昔のベースサウンドを意識してチューブDIを使用している方で、そのサウンド自体はそれなりに気に入っているけど、導入当初に狙っていたサウンドは得られていないなぁ、、という方。
・歪み機能ではなく音量にともなって歪んだ感じの質感をラインでも出したかった人
・60年台や70年台のブラックミュージックのベースサウンドが好きな人
・歪みとか関係なく、見えないDIをファンタム電源なしで箱のベースアンプだけで使用できたら良いなぁと思っていた人(コントラバスなど普通にクリーンな音で良い感じに使えます!)
  ・VINTAGE FACEのHAやDIを使用している方で、ヴィンテージな質感を出したい時もある方
 

誰のための機材??

こんな人にぴったり!
・昔のベースサウンドを意識してチューブDIを使用している方で、そのサウンド自体はそれなりに気に入っているけど、導入当初に狙っていたサウンドは得られていないなぁ、、という方。
・歪み機能ではなく音量にともなって歪んだ感じの質感をラインでも出したかった人
・60年台や70年台のブラックミュージックのベースサウンドが好きな人
・歪みとか関係なく、見えないDIをファンタム電源なしで箱のベースアンプだけで使用できたら良いなぁと思っていた人(コントラバスなど普通にクリーンな音で良い感じに使えます!)
・VINTAGE FACEのHAやDIを使用している方で、ヴィンテージな質感を出したい時もある方

付属のMIENAI DIのカラーをお選びください!


  シルバー
 
 

 クリアー
 
 

  コッパー
 
 

  ゴールド
 
 

サウンドメイクついて知りたい方
動画や様々なコンテンツで確認したい方向け

 

オーダーに関するQ&A

オーダーに関するQ&A

 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、Paypal決済(クレジットカード可)に対応しております。
 
まずカートに入れて頂いたのち、
カートでは銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 

 


 
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?

 
システム上ではPaypalは一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。注文時にカラーがお決まりの場合は備考欄にカラーをゴールド、コッパー、シルバー、クリアーからご指定ください。ご指定がない場合はメールにてご連絡しますのでご返信お願いいたします。
サードロットお届け時期2月中旬を予定しています!
 


 
Q、どんなお支払い方法に対応していますか?

 
銀行振込、Paypal決済(クレジットカード可)に対応しております。 まずカートに入れて頂いたのち、
銀行振込かPaypal払いかをお選び頂く形になります
 

 Q、クレジットカード決済について分割払いはできますか?
 
システム上ではPaypalも一括払いのみ選択可能のサービスで、分割払いには対応しておりません。
しかし、お客様のクレジットカードが決済完了後に「後から」分割払いに変更可能なサービスを受け付けている場合、そのようなサービスをお客様がご活用頂くことで任意のお支払い方法に変更頂くことも可能になってきますので、あらかじめご確認の上ご利用ください。
 

Q、お支払いから受け取りまでの流れ・納期など

 
まずモデルを選び、カートに入れて決済をして頂きます。ご注文時にご希望のカラーがお決まりの場合は備考欄に ゴールド、コッパー、シルバー、クリアーから ひとつ指定してください。もし記名がない場合はメールにてご指定をお願い致します。ご返信がない場合製作に遅れがありますのでご注意ください。
サードロットお届け時期は2月中旬を予定しています!
 


WORMHOLE(Basic Set)
オーダーはこちらから!

WORMHOLE(MIENAI DIなし)
オーダーはこちらから!