松下 一弘氏との対談・レビュー of VINTAGE FACE

カスタムモデルを制作されましたプロベーシスト 
松下一弘 様との対談が実現しました!



2014-06-12 09.12.41.jpg

サウンドへのこだわりは「音楽のために」

━━━VintageFace(以下VF):今回は福岡を中心に活動されていらっしゃいますスタジオ・セッションミュージシャン 松下一弘さんへのインタビューをしてみたいと思います。それではよろしくお願い致します!

  • 松下(以下 松):よろしくお願いします!

━━━VF: さて、今回は我々音響機器ブランドからのインタビュー兼レビューということで、松下さんの音楽感や演奏形態がご使用の楽器や機材にどのように影響してきた のか、どんなところに重きを置いているのか、今後は? そんなテーマで話を進めていきながら、カスタムオーダーの魅力とそのアンプに迫って行きたいと思います。

  • 松:濃い内容になりそうですね(笑)

━━━VF:そうですね(笑) 読んでる皆さんも松下さんと同じくベーシストさんが多いかと思いますので、さっそくで恐縮ですが、主に使用されている楽器のご紹介からお願いします

  • 松: 自分のメインベースはXOTiCのXJ-1T。僕自身のカスタムモデルであり、LindyFralinのピックアップにTriLogic初期型プリアンプ の載った、パッシブ・アクティブ切り替え可能な5弦ジャズベースです。
  • この楽器に行き着いたのは、僕自身が多くのジャンル・音楽スタイルの演奏をする機会が多いことにありますね。個性的でとがったサウンドは得意ではありませんが、守備範囲が広く、ビンテージ系からモダン系まで多くのセッションやギグに対応・適応できる点がとても気に入っています。
  • 他にMoonフレットレスベースや、ポップスやジャズでコントラバス(ウッドベース)も演奏します。
  • matsu-bass.jpg
  • メインベースであるホワイトのXOTiC

━━━VF:ありがとうございます。続きまして主な機材まわりもご紹介頂けますか。

  • 松: エフェクトボードは、コンパクトペダルが中心で、その演奏現場に合わせて変わっていきます。バッファで信号強化、チューナーアウトはメイン回線に入れず、セパレート(分岐)を基本に。トラブル対策とジャックの抜き差しのため、どこかのポイントでMuteできる部分を作っています。空間系やオクターバーなどはブレンダーを併用するなどして、出来る限り元の信号を損なわずにエフェクトさせる作り方を心がけています。
  • ウッドベースに関してはピエゾピックアップを2種類取り付けてブレンドさせるなどして、音程感や音の芯と空気感を表現できるようなサウンド作りをしていま す。 こんな感じでしょうか。

matsu-pedal.jpg
とあるギグのペダルボード。その日によって組み合わせは変わる。

━━━VF:すでに現場でのクオリティに結びつくヒントやこだわりを感じますね!ありがとうございます。
上記楽器機材がやはりスタジオベーシストならではの「対応力」を重視した要素を感じるのですが、少しここで時間をさかのぼって頂きまして、お仕事として演奏されるようになってからと、それ以前とは何か楽器選び・機材選びには変化はありましたか?

  • 松:そうですね。昔は機材に興味がなく、ただ上手くなりたい一心でした。それまでアクティブベースをメインにしていましたが、楽器から良い音やグルーブを作り出すのは自身の指だと思い、ある時期から意識的にパッシブベースに転向しましたね。反応が素直なのでピッキングタッチの研究、音色(ねいろ)の取り出し、表現を追及していました。
  • 仕事として演奏をするようになってから変わったことは特にありませんが、いろんな音楽・バンド・現場に対応できるための機材選びというのをしてきましたね。

━━━VF:一方ご自身のユニットを組まれるなど精力的に活動されていらっしゃいますね。スタジオワークとご自身のユニットでの活動ではやはり楽器選び・機材選びにも気持ち的にも違いはでてくるものでしょうか?

  • 松:僕のサウンドへのこだわりは「音楽のために」であり、音楽が良くなる、輝く、見せたい形を作ることを考えています。そうすれば結果的に自然とバンドメンバーや、作曲者、聴いてくれる方のためにもなるものだと信じています。
  • 自分のユニットもやり始めましたが、楽器選び・機材選びの気持ちは変わりませんね。今回のユニットはギター・ドラムとのトリオ編成であり、ベースもメロディやソロなど前面に出ます。エフェクトも多用する傾向にあったので、音楽が良くなるなら楽器も変えますし、ついつい機材も増えてしまったりします(笑)

━━━VF:ついついのめり込むと楽器単体での理想を追いかけてしまうのもありがちな話ですが、常に音楽のために、というスタンスを失わないのがさすがで、素晴らしいですね。 ところで松下さんのホームページ、見る度に「綺麗に記録が残っているなぁ」と感心してしまうんですよ。機材ページもたくさんの写真がコメント付きで紹介されておりますね。ひとつひとつに愛着を感じます。

  • 松:ありがとうございます。それらのおかげでTwitterやFacebookなどでベース仲間やお友達も増え、日々楽しい交流をさせてもらっていますよ。

━━━VF:それは楽しそうですね。










エンジニアへ送る信号というものに力を注ぎたかった

━━━VF:確か松下さんはVintage Face製品を体験したのはデモ機のWabi-Sabi、M-DIからでしたよね。 最近は素直な出音を得意とする製品や昔ながらのアンプサウンドを重視する製品、など多くの選択肢がありますね。当然松下さんもたくさん試されてきたかと思います。

  • 松:それまでアンプはAguilarDB-751という真空管アンプ(プリチューブ)という気に入ったものがあったので、正直アンプシステムの変更までは考えていなかったんですよ。VintageFace製品の中だとMONOSASHIよりはM-DIに興味がありましたね。大きな会場またはレコーディングスタジオではベースはライン楽器として扱われるため、エンジニアへ送る信号というものに力を注ぎたかったもので。 音楽を受け取ってくれる人への大事なポイントですからね。合わせてMONOSASHIも気になっていたので、MONOSASHIにEQが付いたWabi-Sabiをお借りしました。
  • matsu-demotest.jpg
  • デモ機のM-DIとWabi-Sabi。このタイミングは既に導入を決められた後でQSCのパワーアンプとEVのSRスピーカーをさっそく導入されたライブでの一枚。新しい事を率先して挑戦されていて、その吸収速度には毎回驚かされました。この決断力とスピードは結果を出す秘密なのかもしれません。

━━━VF:なるほど。どちらかといえばアンプサウンドに関してはこだわりやすいと思いますが、一方DIはアンプに比べればまだまだミュージシャンが個人で所有する機材として頑固で、使用する環境の影響も出てくるので効果も不明瞭、良いような、もっと良いものがあるような…そう思っている方は多いようですよ。実際にそういった相談からM-DIを導入される方も多いですね。

デモ機を導入するのとしないのでは、どのような違いを感じて頂けたのでしょうか?

  • 松:やはり機材は試奏して決めたいし、願わくば自分の演奏環境で試したいものです。デモ機の体験がVintageFaceさんの機材を導入する決定打になったのは間違いありません。そうそう、デモ機のM-DIの質の良さには震え上がりましたよ。

━━━VF:そう言って頂けると有り難いです。ちなみに松下さんの感じた「質の良さ」ですが、どんな部分でそう感じたのでしょうか?他社製品との印象の違いでしょうか?

  • 松:まずM-DIの「音のリアルさ」が違いました。真の「生」というか「素材」に近いかもしれません。奏者の思いがすんなり乗っている感じです。音像というか身がしっかりあります。他のDIと比べるとしても、どんな製品も必ず狙いやコンセプトを持っていますから、当然他社製品との違いはあるかもしれませんね。MONOSASHIのコンセプトをもったDI。素晴らしかったです。
  • それともうひとつお借りしたWabi-Sabiを使ってみて、プリアンプMONOSASHIの威力を体感できました。それに一般的なEQとは狙いも違うなとも感じました。

━━━VF:ありがとうございます。それに関しては、機材の性能を「静」で見るか「動」で見るかの違いが松下さんの感じて頂いた結果の要因として大きいんですよ。

  • 松:そういえば、VintageFaceの公式ページでも「静と動」のキーワードが登場していましたね!少し詳しくお話ししてくださいよ!

━━━VF:はい、そうですね。例えばDAWの導入が手軽になり広がることで機材にも色々なニーズが出てきましたよね。「楽器の鳴らし方」そのもののコントロールやマイキングの工夫という職人技がキモであることは変わらないはずですが、機材に通すだけでもっと質感が変わってくれたら…。そういう通して得られる「変化」を求める考え方でしょうか。

  • 松:たしかに機材には「変化」や何かしら良い効果や予想以上の期待をしますね。

━━━VF:一方で逆に、通しても通す前と印象があまり変わらない「原音忠実」の概念も合わせて際立って広がったことで二極化した印象がありました。DIなんかで考えると身近ではないでしょうか。こういった「音の動き」を無視した、機材へ通した時の音のおおまかな「印象」を私達は「静の特性」と表現します。

「静の特性」はスペックでも表しやすいですし、音色でいえば「太くなった」とか「歪んでいる」とか「レンジが広い感じがする」とかキャッチーでわかりやすいものです。しかし音楽ですから、音は一定で留まることはなく変化し動きますよね。特に我々ミュージシャンはオーディエンスの想像を超えた繊細なレベルでビブラートをかけたり、一瞬で弦の振動方向をコントロールする職人技を駆使します。これら瞬間の変化への耐性に必要なものを私達は「動の特性」と表現してまして。

例えばその機材を通したことで線が太くなる感じはするけれど、プレイヤーの一瞬の「職人技」表情が出音に表しずらい状況だったり。ぱっと聞きは原音忠実・クリアで感じが良い…でも同様にピッキングコントロールなどの「変化に弱い」機材は見かけますね。

「静の特性」についてですがもっとわかりやすい話があります。もしベースアンプに固有のキャラクターがあることが「問題」なだけであればベースアンプを使わずPAミキサーやマイクプリアンプで増幅した音をパワーアンプにいれればベースアンプほどキャラクターは持たずフラット風にはなりますよね。しかし多くは「動の特性」が解決しないままなので、それほど心地良い音の出方をしないため、期待はずれの結果になるでしょう。つまりベースアンプが苦手な皆さんの求める答えは「癖が少なく歪みのない音色のアンプ」ではなかったのです。

鍛錬したプレイヤーが選んだ機材で知らず知らずに引き出せるものを引き出せない、そういう話になってくるとあまりにももったいないし、職人技に磨きがかかればかかるほどストレスの原因ですよね。だからこそ私達は「動の特性」をとことん研究し重視したのです。
それがMONOSASHIシリーズの秘密です。

monosashi.jpg


  • 松:「静と動」わかりやすいですね。 経験が浅いうちは、楽器も機材も「そういうもんだ」と思って使い続けるはずです。しかし、ある程度経験や実力がついてくると「どうして一生懸命弾いているのに前に出てこないんだろう」「もっと楽に弾きたいのに」「弦も交換したばかりなのに篭って聴こえる」「反応がもさっとしている」など、自身のプレイとサウンドが結びついていないことに不満を抱えるようになるかもしれませんしね。これらの印象はプレイヤーが「こう弾きたい!」と思う瞬間がとても重要です。「動の特性」にこだわったというのはまさにプレイヤー目線ですね。
  • 僕はモノ作りができるわけではないので、完全にユーザーの立場です。どんな機材もその製品を使った印象でしか選べないんです。今までも「こういうものがあったらなぁ」と想像はしてきましたが、大抵の製品には目的の効果に加えてマイナス面の副作用も同時にあるもので。

━━━VF:ついつい語ってしまいましたね(笑)

  • 松:良い話でした!










    (複数の機能を)ひとつの箱に入れただけというものではなく
    全機能回路が調和をとっていける

    ━━━VF:さてそんな中、今回松下さんからカスタムオーダーを頂きました。見事に松下さん仕様のスペシャルな1組が出来上がりましたね。

    • 松:はい、本当に感謝しています!

    ━━━VF:レギュラー品ではなくカスタムした理由やどんなところを重視・期待されていたか教えてください。

    • 松:VintageFace の特徴であるレスポンス(反応)の速さのおかげで力まず楽に演奏できるところ、ワイドレンジでどの帯域も損なわずに再生されるところ。ダイナミックレンジ・ヘッドルームが広く、思いがそのまま音量や音に表れること、質の良いDIでエンジニアを通してお客さんに届けるサウンドも妥協しないところ。これぞ自分が求めていた音場(サウンド環境)だったと思いました。
    • VintageFaceさんと相談する中で、自分が普段演奏する環境(ライブハウスに限らず、様々なシチュエーション)に対応できる機能が実現できそうだと期待しました。ちょうど現製品のSwitchやM-EQといった新製品アイデアがあったので、それらも導入しました。
    • レギュラー品を複数連結させるだけでは完璧に対応できなくとも、カスタム品だと配線面、機能面でも融通が利く1台が仕上がるのは良いですね。ディスクリート回路なので、個々それぞれの機能が高品質な単体であることは間違いありません。ただそれらをひとつの箱に入れただけというものではなく、全機能回路が調和をとっていけるよう調整していただきました。これはカスタム機に命名していただいた「Conductor」の名前の由来にもなっています。カスタムでなければ実現しなかったサウンドだと思いますね!

    matsu-con1.jpg

    ━━━VF:そうですね、もうオーダー内容からアンプ作りというよりは、全体を俯瞰してからのシステム作りの感覚が本当に強く、新機能を含めてクリエイティブな時間を多く過ごしました。特に今回は新製品が形になるきっかけもたくさんありました。だからこそ完成した時の嬉しさは私達も大きかったです。

    • 松:VintageFaceのチームのみなさんは向上心に溢れ、優秀な方々ばかりです!本当に感謝しています。

    ━━━VF:ありがとうございます、光栄です!
    それでは出来上がったアンプを見ていきたいと思います。

    matsu-con2.jpg

    基本機能としては今で言うところのM-EQ(そのタイミングではまだM-EQは存在しなかった)に、M-DIが2ch、MONOSASHIが1ch入る形で成り立っていますね。ここを見ている方はきっと使い方が気になっていると思いますが。実際の現場ではどのようなセッティングを想定されていらっしゃったのか、代表例を教えてください。

    • 松:はい。2chインプットでエレキベースとウッドベースの持ち替えが可能です。新製品のSwitchにも対応したキャノンインプットもあります。インピーダンス切り替えで、ウッドベースに取り付けたピエゾピックアップや、アクティブエレキベース、パッシブエレキベースなどにマッチングさせることができます。
    • matsu-con3.jpg
    • 2ch×2のインプットセクション

    • 切り替えて入力された信号はM-EQ回路を通ります。PAエンジニアがいる現場ではここまでの信号を2基のM-DIを使い個別に送ることができます。特別仕様のDirectInputのおかげで、エレキベースの信号とウッドベースの信号を1基のM-DIにまとめて出力することも可能です。小さな 会場などでチャンネル数が限られている小型ミキサーで受ける場合に有効ですね。
    • matsu-con5.jpg
    • ひとつのDIにまとめるための結線をしている様子

    • パワーアンプとスピーカーを併用してステージ上で音を鳴らす場合にMONOSASHIセクションとLOW END CONTROLが有効になります。LOW END CONTROLは通常ならDI信号にも有効になるものでしたが、個人的にこの機能をステージ上で低音がまわって各楽器のアンサンブルがぼやけてしまう場合に利用したいと考えました。結果、ステージ上では低音を適度に制御できつつ、PAエンジニアに送られる信号には低音がカットされていないものになります。
    • matsu-con6.jpg
    • LOW END CONTROL

    • また、Switchに対応したウッドベース向けのパッシブブレンダーも製作してもらいました。2つのピエゾピックアップからそれぞれ Switchを使用。ブレンダーに入力させ、外部プリアンプブレンダーも使用できるようSend&Returnも付いています。良質な電源を2Uの本体から送るので、サウンドはとても素晴らしいです。 2U本体だけでなく、ブレンダーやSwitchも使って全体のサウンドシステムが出来上がっています。
    • matsu-Switch1.jpg
    • Switchと専用のループボックス。右側の1ch用は市販化デザインと同様のもの。






    正直、これほどピュアなサウンド作りを体感したのは初めて

    ━━━VF:やはり松下さんの楽器の使い分けや信号の送り方等を前提に配線や機能をまとめただけあって、見た目よりも実際はシンプルな操作で狙い通りに使えそうですね。カスタムの醍醐味。DIのチャンネルを分けるというのもウッドとエレキの両刀使いならではですし、ある意味エレキベースよりも扱いが難しいウッドまわりは今回かなりメスをいれましたから、そこの満足感も高いようで私達も嬉しいです。

    • 松:ウッドベースのようなアコースティック楽器のスピーカー出力は問題・課題も多くサウンドと環境のバランスがとても難しいんですよ(汗)
    • matsu-Switch2.jpg
    • 2系統のピエゾピックアップの最短距離でSwitchに入力する様子。Switch導入に合わせてメスプラグの固定にも一工夫されているようだ。

    ━━━VF:そうそう、アンプの低音周りのLOW END CONTROLの仕様に関しての工夫は素晴らしく、松下さんのカスタムを知った方からは同じようにできないかという相談が殺到していますよ(笑)

    • 松:本当ですか?!きっと皆さん同じことを感じていたんですよ、きっと(笑)

    ━━━VF:M-EQの公式モディファイもあり得る勢いですね(笑)さて、現在のところレビューにも上がっていないということもあり、皆さんが気になる新機能M-EQのセクションについて、実際の使用感はいかがでしょうか?

    • 松:Wabi-Sabiに搭載されているベース・トレブルのEQは優れもので、レスポンス感を損なうことなく自然に気持ちの良いサウンドへと補正できました。PALETTEはパラメトリックイコライザーの部類で、任意の周波数帯をブーストカットできるものですよね。しかし、ここはVintageFaceの一味違ったパライコであり、「雰囲気」をコントロールできる部分なんですね。それらがDI信号にも生かされるのも良いですね。使っている楽器や機材のサウンドをさらに追い込むことができそうです。

    matsu-con4.jpg

    M-EQセクション

    ━━━VF:ありがとうございます。PALETTEは既存のパライコだと思って周波数帯域などをよく質問されるのですが、実際はパライコのようにあるポイントを直接増やしたりして音を作るものではなく、「きっかけ」となる帯域を選んで、そこを動かしたことが引き金となり「全体的なカーブ」が自然に動くEQなんですよ。音全体の印象が変わるので、M-EQセクションとしては一番最初に触ると良いですね。

    • 松:自分も触ってみた印象でも、フルブースト・フルカットしても激変したようには感じませんでした。しかしたしかに雰囲気が変わっているのは感じられます。

    ━━━VF:そうですね、どのポイントでもナチュラルで使いやすい塩梅になっていると思います。続きまして、完成した新しいシステムを導入してみて気づいたことはありましたか?

    • 松:正直、これほどピュアなサウンド作りを体感したのは初めてで、弾けば弾くほど多くの発見がありました。自分の楽器って、本当はこんな音がしてたんだなぁって。特にパッシブベースではMONOSASHIとの相性も抜群に感じます。音の解像度とでもいいますか。身がしっかりしています。
    • 完成品に「Conductor」という名前まで付けてもらい、愛着はハンパではありませんね(笑) 完成したものはこれまでに体感したことのないサウンドであり、間違いはありませんでした。
    • それに、自分の演奏環境に完全にマッチしているので、使い難いはずがありません。エレキ、ウッド、その両方でも1台のベースアンプで対応できますし、そのサウンドはピュアそのもの。ピエゾピックアップの選択などでウッドベースのアコースティック感も上手く表現できるようになってきました。個人的にピエゾピックアップとSwitchの組み合わせは、High落ち・音痩せが気になる方にオススメです。ピッキングタッチもしっかり表現してくれます。

    ━━━VF:ありがとうございます、松下さん仕様ですからね!ピュアなサウンドが演奏活動に与えた影響というのもあるのでしょうか?

    • 松: やはりサウンドがクリアな事で他のメンバーへのモニタリングも向上し、良い意味で澄み渡った音場が作れます。その影響は自分自身の弾きやすい環境だけでなく、ステージ上の演奏しやすい環境、バンドサウンド、作られる音楽、パフォーマンスの向上にまで渡ります。これだけの結果がみえたことで今回のカスタムオーダーは大成功だったと思えます!

    ━━━VF:ありがとうございます!

    matsu-stage1.jpgmatsu-stage2.jpgmatsu-stage3.jpg


    皆さん、なかなか濃いインタビューになったかと思いますが楽しめましたでしょうか。載せきれなかった機材や写真もたくさんありましたが是非松下さんのホームページでご覧になってくださいね。
    最後にカスタムオーダーやVF製品の導入をお考えの方にメッセージを頂きましたので、ご覧ください。

    メッセージ…

     VintageFace さんを目の前にこんなことを言っていいのかわかりませんが、VintageFaceさんの製品は、使えば誰でも良いサウンドが得られる…とは思いません。 なんというか、理屈抜きに感性に語りかけてくるというか。ある程度の経験や試行錯誤を続けてこられたプレイヤーの方に感じられる部分が多いかもしれませんね。 特にMONOSASHIというプリアンプは、VintageFaceさんが推奨するPA用パワーアンプとSRスピーカー(PA向け)と組み合わせることで、これまでDIでPAエンジニアに送っていたサウンドと、ステージ上のベースアンプからのサウンドの統一(と言えずしても近いものにする)が図ることができます。中音と外音の音色の違いに悩み、ある意味あきらめていた方たちへの助けになるかしれません。何より、自分の思いがダイレクトに音に表れます。ストレスを抱えることはなくなってきましたね。
    僕のカスタムは機能テンコ盛りではありますが、それぞれの回路にON/OFFが付いています。作ろうとする音楽や現場において必要のない機能は使いませんし、レギュラーのMONOSASHI状態で使っている場合も多いんですよ。 VintageFaceさんの公式ページをチェックして、コンセプトを確認してみて共感できる部分があれば、きっと期待以上に応えてくれると思います。

                      松下 一弘

    KazMatsushita_0327_b.jpg

    松下一弘

    1979年3月6日、福岡県生まれ。

    12歳で吹奏楽部でホルンを専門に。15歳でトランペットを。
    16歳の6月3日、友人とのロックバンド結成を機にエレキベースを手にする。
    18歳、福岡コミュニケーションアート専門学校(現:福岡スクールオブミュージック専門学校)へ入学し、本格的にBassと音楽を追求する毎日をおくる。 在学中には西本圭介、丹羽肇、間村清、井上浩二、ダン・ハート、ダグラス・ロスらに師事。
    卒業後、プロのBassistとして活動を始め、翌年には同校にて講師として教鞭をとる。
    福岡のみならず、全国や海外などで活躍するプロやアマチュアのミュージシャン達との交流を深め、共演セッションなどを経験。

    楽曲とメロディを引き立たせるプレイに定評がある。ハートフルで音楽的、美しいハーモニー、サウンド、リズムを貴重とする。少人数の編成においてもオーケストラを思わせる抑揚・緩急・表情のあるサウンドを目指している。
    その音楽性は他ジャンルにおよび、クラシック・ロック・ポップス・J-Pop・ラテン・ジャズ・ゴスペル・R&B・フュージョン・ソウル・ファンク・演歌など、様々なスタイルの音楽を演奏する。それらスタイルや楽曲に合わせ、コントラバスとエレキベースを使い分けている。

    現在、福岡を中心に音楽活動をつづけるスタジオ・セッションミュージシャンである。


    松下一弘 WEB SITE