ある一通のご相談。。。

 
 

調子は良いのに、何かすごく弾きずらい日があるんです。

そんな時は機材の力で音自体は変えることができるんですけれど、
求めてるのはそういう変化じゃないんだよなぁっていう状態で。

それに音が変わっても
肝心の弾きづらさ自体は大して変わらないことの方が多いかなとも。
大抵はそういう時、セッティングに時間ばかりかかって納得がいかないまま。。


でも自分の場合、別にその楽器の音を他のものにしたいわけでもないですし、
何か質感をいい感じに変えてくれるようなものを期待して探していたわけではないんですよ。

ただ、まるで自分が不調になったような、全力を出せないような違和感を抱えながらライブしないといけない日があることが本当に嫌なんです。

Vintage Faceさんなら、
それを解決するための方法を知ってそうだなって。。」

 
 
 

ある日頂いたこのようなご相談、
あなたもどこか共感されるお話ではないでしょうか。
 


これは
楽器寄りのいわゆる機材的な「音作り」を変えてみるということではなく、

もっと広く「演奏環境」全体を見渡して、
新たな視点で音作りや機材に向き合ってみる必要が出てきたサインです。
 
 

今までは何かが原因でストレスが生まれた時、
音は音、ということで全体感というよりは
とりあえず手前の信号を、「楽器の音作り」用に作られた機材のつまみを触って、
あるいは楽器本体を変えることで、
音色自体を変えることで印象を変えられるよう対処していたことが多かったのではないないかなと思います。

 

そして、その方法では不自然であったり、狙った通りの結果が得られていなかったり、音色だけ変わって一番ストレスだった部分が変わっていないなど、どうしても効果に限界がありました。


そこで、
Vintage Faceでは機材を使った部分的な「音作り」の代わりに
ベーシストが快適に表現することができるような音の全体感、つまり「環境作り」から向き合うことをオススメしています。


 
そしてそのために専用の機材を開発、ご提案しています。


ただ、音色を大きく変化させられるエフェクターのように、
環境が整えば自動的にかっこいい音が安定して出てくれるか、、
というと、そういうわけではありません

出音との一体感であったり、
ピッキングをコントロールした時に音として追随している感覚が感じられたり、意図したメッセージをより伝えやすい状態を得られる。
とお伝えすることが適切でしょう。
 

つまり、音色そのものを機械的に変えることではなくて
何か演奏や演奏感との関係性がバシッと繋がってくれるような、
そういう変化をもたらします

その上で音作りというものに向き合ってみると、新しい発見があるでしょう。

発展途上のエレクトリック楽器ならではのサウンドやシステムの考え方。
疑問点をクリアしていきながら、
より快適な表現手段や環境を手にして頂ければ幸いです。

 ある一通のご相談。。。

 
 

「調子は良いのに、何かすごく弾きずらい日があるんです。

そんな時は機材の力で音自体は変えることができるんですけれど、
求めてるのはそういう変化じゃないんだよなぁっていう状態で。

それに音が変わっても
肝心の弾きづらさ自体は大して変わらないことの方が多いかなとも。
大抵はそういう時、セッティングに時間ばかりかかって納得がいかないまま。。


でも自分の場合、別にその楽器の音を他のものにしたいわけでもないですし、
何か質感をいい感じに変えてくれるようなものを期待して探していたわけではないんですよ。

ただ、まるで自分が不調になったような、全力を出せないような違和感を抱えながらライブしないといけない日があることが本当に嫌なんです。

Vintage Faceさんなら、
それを解決するための方法を知ってそうだなって。。」

 
 
 

ある日頂いたこのようなご相談、
あなたもどこか共感されるお話ではないでしょうか。
 


これは
楽器寄りのいわゆる機材的な「音作り」を変えてみるということではなく、

もっと広く「演奏環境」全体を見渡して、
新たな視点で音作りや機材に向き合ってみる必要が出てきたサインです。
 
 

今までは何かが原因でストレスが生まれた時、
音は音、ということで全体感というよりは
とりあえず手前の信号を、「楽器の音作り」用に作られた機材のつまみを触って、
あるいは楽器本体を変えることで、
音色自体を変えることで印象を変えられるよう対処していたことが多かったのではないないかなと思います。

 

そして、その方法では不自然であったり、狙った通りの結果が得られていなかったり、音色だけ変わって一番ストレスだった部分が変わっていないなど、どうしても効果に限界がありました。


そこで、
Vintage Faceでは機材を使った部分的な「音作り」の代わりに
ベーシストが快適に表現することができるような音の全体感、つまり「環境作り」から向き合うことをオススメしています。


 
そしてそのために専用の機材を開発、ご提案しています。


ただ、音色を大きく変化させられるエフェクターのように、
環境が整えば自動的にかっこいい音が安定して出てくれるか、、
というと、そういうわけではありません

出音との一体感であったり、
ピッキングをコントロールした時に音として追随している感覚が感じられたり、意図したメッセージをより伝えやすい状態を得られる。
とお伝えすることが適切でしょう。
 

つまり、音色そのものを機械的に変えることではなくて
何か演奏や演奏感との関係性がバシッと繋がってくれるような、
そういう変化をもたらします

その上で音作りというものに向き合ってみると、新しい発見があるでしょう。

発展途上のエレクトリック楽器ならではのサウンドやシステムの考え方。
疑問点をクリアしていきながら、
より快適な表現手段や環境を手にして頂ければ幸いです。